入社式 | 横浜きぬた歯科院長ブログ

横浜きぬた歯科院長ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 

先日、当院の入社式を行いました。

 

そのときの私の挨拶をここに記憶しておきたいと思います。

 

私は毎年入社式を行う日、自分が社会人になったその日の事を昨日のように思い出します。その時の私の心情には夢や希望は一切ありませんでした。勤務した病院のみんなと仲良くできるだろうか、意地悪な人はいないだろうか、何よりまともな歯医者になれるのか、、、と言った憂鬱な気持ちで胸がいっぱいでした。それは何故か、それは勤め先を何となく決めたからです。                    )

先日、FMヨコハマからの取材で、何故、親も親戚にも歯医者がいないのに歯医者になったのか、縁もゆかりもない横浜で開業したのか?という質問を受けました。私は今年で歯医者になって節目の30年ですが、この質問を受けたのは100回や200回ではありません。1000回以上質問をされました。その時々で私はその場を取り繕う、相手が喜ぶであろう、そして自分が納得する理由というか言い訳を語ってきました。

ただ、その取材を受けている最中、私ははっきりした理由がわかったのです。その理由は「何となく」そう、何となく流されて・・・その私が今、歯医者になって本当に良かったと思っています。歯医者に導いてくれた両親にはもちろん、携わってくれたすべての人達に今、感謝しています。勤務した歯科医院もあそこでよかったと心から思っています。そして、今、一緒に働いてくれているスタッフ達に対しても当院を支持してくれる患者さんたちにも私は心から感謝と強い覚悟をもっています。そのような心構えで生きている今に私は幸せを感じています。

 

私と同年代の友達を見てそうでない人達と私と何が違うのか私は考えました。唯一違う事は、私は彼らと違って途中で投げださなかった。何か型になるものを掴むまでタイムリミットが来るまでやめなかった。それは、決して根性があるからではありません。逃げたり、投げ出すと何か、そうバチが当たるようなそういった不安感からでした。私は、今、事の始まりやきっかけは何となくでいいのだと思っています。確かに歯科医院は歯医者がいないと成り立たない仕事かもしれません。

しかし、私は当院の全てのスタッフがきぬた歯科で主役になれる。当院に在籍することで、しっかり型になるものを一人ひとりに与えることができるよう院長として全力を尽くしていきたいと思っています。

 

きぬた歯科にようこそ!きぬた歯科は皆さんを大歓迎致します。

 

きぬた歯科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス