横浜きぬた歯科院長ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

前回からの続きです

私がやらない理由より、やるための理由を探すようになったのは開業をする時のことでした。

あの当時、勤務していた病院の院長に私は開業を勧められました。私は院長を今でも尊敬しています。しかしあの当時の私は彼に疎んじられるような生意気な奴でした。だからこそ院長から私は開業を勧められたのだと今は分かります。

 

それからは話しが驚くほど早く進み、ある段階になってから私は不安になって来たのです。そこで私は開業するのを止めようと、少なくても先に延ばそうと思い出しました。

丁度、その時、大学生だった弟と電話で話す機会があったのです。

弟は私に、開業するんだって。と尋ねて来ました。

私は彼に、そういう事に話は進んでいるんだけどまだ早いと思う・・・と・・・弟は、じゃあ止めるのか?・・・私は、そう思っていると答えました。すると彼は、

何故、明日でも開業する出来るという意識を持って生きてこなかったのか?・・・と

彼は私に、開業にいくらかかるのかと尋ねました。その当時は、歯科医療の機材は今ほど進歩しておらず、しかもバブルの崩壊で現在の開業より3分の1くらいの金額で開業出来ました。それでも給料の安かった私には失敗したら一生返せないと思うほどの大金でした。

弟は、そのぐらいの金額なら全て借金になって残ったとしても親が、そして兄貴が勤務医に戻ってなんとか出来るだろう、俺も卒業したら返済に協力するから直ぐに開業すべきだ!と・・・

そういわれて私は兄貴として自分を恥じました。

まだ大学生でありながら同じ血が流れている、しかも弟に、思えば当たり前の事を言われた私に迷いは消えました。

私にとってあの出来事は開業を越えて今でも人生の判断基準になっています。

何か新しい事をリスクを持って始めようとしたり、人生の転機には誰もがそうですが迷いが生じるものです。背負うものが多ければ尚更でしょう。

だからこそ、それにチャレンジする決心が付くのは自分だけの判断だけで無く後ろを押してくれる人だったり出来事だったりするのだと思います。それ故に成功している人達は凄い努力をしているにも拘らず、私は運が良かったというのでしょう。

 

私は自分の現在を決して成功しているとは思っていません。そして私は今の年齢をまだまだ何か出来る年齢だと思っています。もし、私の前にこれだと思うものが現れたなら・・・・といつも覚悟を持って生きていたいと思っています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

きぬた歯科さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。