人は壊れる、人は死ぬ、そういうわけさママンそしてあーさジュストの可愛さよ | 片腕の夢は日常

片腕の夢は日常

ひそやかに、高らかに、ゆるゆるに、くるくるに、
fromここtoうちゅう


テーマ:

ムラのBADDYを妄想して浮かれつつ

でもまだ

 

雪組「ひかりふる路/SUPER VOYAGE!」

 

が忘れられないので

時期外れになろうとも

ちょいちょいつぶやいていきたいと思います。

 

東宝が待ちきれない想いを吐露

https://ameblo.jp/kintotoco/entry-12348409178.html

 

マイ東宝初日(遅)をむかえての吐露

https://ameblo.jp/kintotoco/entry-12350214826.html

 

なんというか、

ロペスピエールとマリー=アンヌへの熱い想いが

胸を占めていて

他のキャストのことをほとんど書いておりませんが。

もちろん

 

みんな大好きだああああああ!(←ばか)

 

もはや星逢に狂っているときの状態再びになっていて

登場人物みんなに思い入れを感じています・・・。

 

しかし、今回、

だいきほコンビにとっては本当に素晴らしいお披露目になりましたね

個人的に

ショーに関してはそれほど好みのものではなかったし

(大体やね(古)だいきほお二人の場面少ないやろっっ)

お芝居も大好きではありますが

何かと欠点もあろうかと思います。

でも、両作品とも多くの人に

(いい意味で)傷痕を残してくれた

とても印象深いものであったことは間違いないと思います。

 

何より、

人物の感情の機微の表現と放出がキモになる脚本と

それをスムーズに行わせてくれ、

さらに感情を盛り立ててくれるとにかく素晴らしい楽曲により

宝塚「歌劇」団が誇る歌うまコンビとして

お披露目できたことがよかったなぁ、としみじみ思います。

 

しかしだいもんは

単純な言い方でお恥ずかしいですけれど

とにかく鬼気迫る演技と歌でしたねぇ・・・・。

それに負けず劣らずの表現をされたまーやちゃんも

天晴れでした。

 

*****

 

人は誰でも

理想や希望や目標や信念を持ち

自分や愛する人たちの幸せを願っていて

それに向かって歩いています。

 

その路は光に向かっている、

自分の方向は正しい、

誰もがそう信じて生きているはずです。

 

でも、本当はそうとは限らないのですよね。

闇に向かっているかもしれない。

間違っているかもしれない。

そもそも

何が光で何が闇なのか、

どれが正しくてどれが間違っているのか、

誰が判断できるっていうのでしょう。

 

そうやって常に苦悩し葛藤し自問自答しながら

生きている。

この作品の登場人物たちは

「こわれゆく世界」の中でそういう生き様を

見せてくれていると思いました。

 

だいもんが千秋楽におっしゃっていた通り

ロベスピエールのやったことは決して肯定できるものではないけれど、

でも、私たちが学ぶ歴史の中で

「恐怖政治を断行した悪人」というたった一つの側面からでしか

見ていなかった事を

実はもっと違う側面があったのではないか、という目線で

見ることがきた、

そのことに私は心震わせられます。

 

全ての人は

たったひとつの顔、たったひとつの心しかない、

なんてことは、ないのだから。

 

*****

 

そんな中でもブレなかった

サン・ジュストくん(笑)

あーさ(朝美絢)が大大好演されていましたねぇ。

 

怖かったのが

「明らか狂ってる人」というのではなくて

ほぼ正気で冷静に見えるのに「瞳が狂ってる」ところ。

本当に怖いのってこういう人だよな、と。

 

恐怖政治を宣言する場面のダンスは

みんなが真剣に踊っている中、

ひとり嬉しそうに踊っているあーさジュストったら・・・・・。

 

あーさがこの役をこんなに的確、いや、それ以上に

演じられた姿を見るにつれ、

雪組へ移動になったことが本当によかったと

思わないではいられないですね。

 

あーさジュストは怖いだけじゃなくて

いちいち可愛かったのもよかったですよな(笑)

ロベのそばにいるときのわんこみたいな態度とかさ、

ガブリエル(ひらめちゃん好演!)がダントンのことを

「亭主失格だよ!」みたいなことを言ってるのを

遠くでうんうん、とうなづくところとか(爆)

マリー=アンヌがロベに恐怖政治の間違いを

訴えているときの

「なに言ってんだこの女、ばかじゃねーか」みたいな

冷めた表情とか(笑)

舌打ちとか(笑)

もう、いちいち

 

かわいいよ!あーさジュスト!!!!

 

彼もまた、自分の理想をロベスピエールの中に見て

それが破滅めの道だと気がつかず

突き進んでしまったのですな。

 

愚かなり、人間(もちろん自分含めて)。

でも、それが人間。

だから愛しくもあるのです。

 

 

 

 

きんととこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。