精子提供って? | 錦糸町はり灸院 浜口真緒のブログ

錦糸町はり灸院 浜口真緒のブログ

妊活中。ベビ待ちさんのための鍼灸院ブログ。


テーマ:

こんにちは

錦糸町はり灸院院長の浜口です

 

 

先日急に担々麺が食べたくなり、

自宅の近くにできた担々麺のお店に行ってきました

 

 

昨年の夏にできたお店なので、

店内はとても綺麗で

何より、

店員さんの対応が素晴らしかったです

 

室温や荷物の配慮、

辛さやタレの増減の声掛け、

どちらが何を頼んだのか作っている方まで把握して下さり、

 

 

味もさながら

「また行きたいなー」

と思わせてくれました

 

紅龍(ホンロン)さん

オススメです♡

---------------------------------

さて本日は

「精子提供について」

お話をしていきます

 

前回まで

3回にわたって卵子提供についてお話をしていきましたが、

 

 

実は逆の「精子提供」というものもあるのです

以前お話をしましたが、

不妊の原因は

女性側、男性側ともにほぼ同じ割合であると言われています

 

 

 

そのため、

男性側に妊娠の可能性が厳しい場合、

「精子提供」という方法でお子様を授かるという方法もあるのです

 

 

 

精子提供とは、

精子ドナーから精子の提供を受け、

奥様の卵子により体外受精を行なった後、

奥様の子宮に受精卵(胚)を移植し、

奥様がご自身で妊娠、出産の過程を経てお子さんを授かる方法です

 

 

奥様が出産されるお子さんは

ご夫妻の「実子」として戸籍登録されています

 

 

精子ドナー登録機関を通さずに、

ご家族やお知り合いの方から精子を提供していただくことも可能です

 

 

 

条件として、

・ 精子数が少ない乏精子症、運動率が低い精子無力症と診断された方
・ 無精子症の方
・ 病気や遺伝病が原因の方
・ 人工授精や体外受精、顕微授精の不妊治療を試みたが、妊娠しなかった方

 

で専門医師よりご自身の精子による妊娠が不可能、もしくは難しいと診断された方

が対象となります

 

 

 

日本では倫理的問題から日本産婦人科学会で以下のように述べられています

 

精子提供による非配偶者間人工授精は、

不妊の治療として行われる医療行為であり、

その実施に際しては、我が国における倫理的・法的・社会的基盤を

十分に配慮し、これを実施する


そして、条件も細かく記載されています

 

 

 

米国では

「精子提供プログラム」として実施されていて、

渡米し体外受精を受ける方もいらっしゃいます

 

 

 

 

しかし卵子提供の場合、

卵子自体は自身のものでなくても、

自身の身体で育てるということで

「夫婦の子」という意識が生まれていくという話がある中、

 

 

 

精子提供の場合は、

ご主人の体内で育てるわけではありませんので、

卵子提供よりもより夫婦間での話し合いをし、

 

 

 

本当にご夫婦にとって最良の選択をしてくことが大切だと思います

 

 

---------------------------------

本日も最後までお読みいただきありがとうございます

また、妊娠に関係のあるお話をしていきますね

 

錦糸町はり灸院

浜口真緒

 

 

 

 

 

延べ3万5千人を超える臨床経験の実績!
医師、中医師からも推薦される院。
墨田区の錦糸町はり灸院
ご予約のお電話はこちら
03-5669-5751
東京都墨田区江東橋1-11-7
ホテイビル6F
お気軽にお問い合わせください

---------------------------------
ペタしてね

錦糸町はり灸院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります