卵子提供について② | 錦糸町はり灸院 浜口真緒のブログ

錦糸町はり灸院 浜口真緒のブログ

妊活中。ベビ待ちさんのための鍼灸院ブログ。


テーマ:

こんにちは、

錦糸町はり灸院の院長の浜口真緒ですニコニコ

 

今日は

毎月一度全社員が集まる社員研修の日ですひらめき電球

 

今日は可愛いゲストが来てくれましたドキドキ

梓葵(あずきちゃん)ですラブ

※一緒に写っているのは住吉鍼灸院の須藤先生です^^

 

本院住吉鍼灸院の大野先生と

系列院本八幡鍼灸院の瑞生先生のお子様です♪

 

11月11日に生まれ、

今回が初対面でした爆  笑

 

 

いやー、もう可愛くて可愛くて…♡

癒されましたラブラブ

---------------------------------------------

さて、今回は前回に引き続き

卵子提供について

をお話していきます

 

 

前回の記事はこちら

↓↓

https://ameblo.jp/kinshicho-harikyu/

 

 

日本では欧米や台湾などに比べ、

まだ法整備が進んでいない部分もあり

中々希望しても受けることができない現状があります

 

 

卵子提供を受ける方法は以下の3通りあります

 

 

1.JISARTの認定施設で治療を受ける


JISART(日本生殖補助医療標準化機関)とは、

不妊治療を専門とするクリニックによって結成された団体です

 

JISARTの卵子提供ガイドラインの適応となれば、

「卵子提供実施施設」にて治療を受けることができます

 



2.OD-NETでのマッチング


OD-NET(卵子提供登録支援団体)に

レシピエント登録を行い、

ドナーとのマッチングが成立すれば

治療を受けることができます

 

※平成27年4月の段階では登録は受け付けていません




3.国外で卵子提供を受ける


「JISARTのガイドラインでは適応にならない」

などの理由があれば、

国外で治療を受けることも選択肢のひとつとして挙げられます


なお、

国の管轄下で卵子提供が

実施されているところもありますので、

「より安全に治療を受けたい」という思いがある方

にもお勧めできます


今日は、

1.JISARTの認定施設で治療を受ける

の条件についてお話をしていきます

 

JISARTでの卵子提供には条件があります

 

下に記載します

※JISARTのホームページ参照

 

 

【卵子提供を受けるための条件】

 

●被提供者の条件(A~Cいずれかに該当する場合)

 

・卵子が存在しない場合(早発性卵巣機能不全等)

・6回以上の夫婦間体外受精(採卵)によっても

妊娠または出産に至らず,

その原因が卵子にあり,

今後妊娠の可能性が極めて低いと医師が判断した場合

・重篤な遺伝性疾患の保因者または患者で,

着床・出生前検査および妊娠中絶を望まない場合

 

 

※ただし、

加齢により妊娠できない夫婦でないことが必要となります

この点の具体的な判定は医師の裁量によりますが,

妻の年齢が50歳程度であることを目安として判断します

 

 

また,

夫婦の健康状態,精神的な安定度,経済的状況など,

生まれてくる子どもを安定して養育していくことができる

と認められる夫婦であることを必要とする

 

 

【提供者の条件】

40歳未満(原則は35歳未満)で

既に1人以上の子のいる夫婦(子がいる独身者でも可能です)

 

 

【その他の条件】

生まれた子への出自を知る権利を認める

対価授受の禁止

(提供された卵子に対する報酬などを求めることは禁止されています)

 

---------------------------------------------

次回は、

3.国外で卵子提供を受ける

についてお話をしていきますね

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます

 

 

錦糸町はり灸院

浜口真緒

 

 

 

 

 

延べ3万5千人を超える臨床経験の実績!
医師、中医師からも推薦される院。
墨田区の錦糸町はり灸院
ご予約のお電話はこちら
03-5669-5751
東京都墨田区江東橋1-11-7
ホテイビル6F
お気軽にお問い合わせください

---------------------------------
ペタしてね

錦糸町はり灸院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります