古傷が痛むって本当のことなんです!! | 整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!

東京校夜間部🌙


東京医科大学名誉教授の

伊藤樹史先生による

【解剖生理学】




伊藤樹史先生は、

痛みのスペシャリストで

新デルマトームの基礎と応用

の著者であられますおねがいキラキラ


今回は

○痛みについて

○新デルマトームについて
(序章)

この2点について
たくさんのスライドを見ました

━━━☞・‥…━━━☞・‥…━━━☞

ここで講義の内容を少しご紹介。

神経障害性疼痛
怪我や手術の傷が治ったあとに起こる神経痛のこと。


怪我や手術で切れてしまった神経は元通りには再生せず、

形を変え異常な感覚を伴って作り替えられてしまうことが原因との事でしたガーン


古傷も痛みの引き金になる

と言うことを

覚えておきましょう!!


痛みの特徴は以下の通り

アロディニアとは皮膚に少し触れただけでも痛い異常な痛みの事。



―――――*☼*―――――*☼*―――――


次に新デルマトームについて


100年以上前から色々な人に研究されていたデルマトームは、全て不完全で使い物になりませんでしたショボーンタラー


そこで伊藤先生は

ご自身のペインクリニックに来られる患者さんの帯状疱疹の出方を研究。


今までのデルマトームの考え方だと途切れることなく

帯状に帯状疱疹ができるはずなのに、

実際は背中側は下方にズレて疱疹ができるズレに気がついたんですポーン


神経の後枝は横ではなく下に伸びていること発見されたんです!!


そして出来たのが

この新デルマトーム


なんと

この新デルマトームは

東洋医学のツボの位置とも

合致するんですよOK


これぞ完璧なデルマトーム

ですねキラキラ


次回はこのデルマトームについて

もう少し詳しく学びますよ上差し


文責 大川和美おとめ座

~・~・~・~・~・~・~・~
※身体均整法学園は受講生を募集中!!
 
{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}
{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}
 
手技の奥義を体系的に学べる整体学校
 
全国にあるあなたのための身体均整院
 
☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)
~・~・~・~・~・~・~・~・~