12種体型学ラスト!!相関関係の使い時って、どんな時??臨床の幅が広がります◎ | 整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!


テーマ:
12月4日(火)

12種体型/相関(14)、西脇 幸宏先生キラキラ

12種体型もいよいよラスト講義となります…ぐすん
よろしくお願い致します!!

今日はいよいよテスト本番です…おーっ!!!


練習を重ねてきたペーパーテスト、皆さん出し切ることはできたでしょうかウシシ??

お疲れ様でしたむらさき音符ピンク音符



身体が変わる」ということは、身体に動くチカラがある、ということですねOK

やはり、歳を重ねてきたときに大事になるのは可動性。。キョロキョロ

先生がお年寄りの施術をされる時には、骨格筋型と骨盤型の調整がメインだそうですよニコニコ


前回の講義の続きで、実技練習をしました音符

骨盤を調整することによって、肩の高さの左右差を整えていきますウシシ


お次はヒップアップですキラキラ

腰椎1番に押圧刺激をしながら、受者に脚をあげてもらいますおーっ!

腰椎1番は前後型の椎骨ですので、前屈・後屈の動きにも変化が出てきました!!


肋骨型の調整→肩甲骨の内転・外転が整うので、猫背の改善ヒップアップが期待できますラブ


そして、水平相関についておねがい

手首(手関節)の動きがわるい側の骨盤周りを緩めることによって、動きが滑らかになります照れ


相関関係を利用することによって、痛みのせいで直接触れない部位に対しても、安全にアプローチができますね爆笑

相関関係も沢山の種類がありますから、順番に覚えていきましょう炎


後半も、水平相関どんどん行きますよーキラキラ

肘関節は、胸椎11番・肝・脾と関連がありますOK


運動系の刺激で肘を緩めることによって、肋骨の硬さや緊張度が変わっていきます…おねがい

別法では、足からのゆさぶり刺激で肋骨の緊張を解いていきましたよ爆笑


受け感良し◎結果もシッカリ出ていたようで、皆さん盛り上がっていましたデレデレデレデレ


12種体型/相関の講義を振り返ってみると、なんと5月からスタートしていました…ガーン
途中、別のカリキュラムを挟みながらでしたが、皆さん本当に沢山のことを学んできていますね…えーん

先生、長丁場での講義ありがとうございました生ビールキラキラ



~・~・~・~・~・~・~・~
※身体均整法学園は受講生を募集中!!

{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}
{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}

手技の奥義を体系的に学べる整体学校

全国にあるあなたのための身体均整院

☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)
~・~・~・~・~・~・~・~・~

身体均整法学園さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス