顎関節に問題がある時は、どこを見る??重心と骨格の関係性◎ | 整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!


テーマ:
11月9日(金)

骨格操縦法(9)、星野 一彦先生お願い


松崎 啓子先生もよろしくお願い致しますニコニコ
8月以来のご登場ですキラキラ

舌骨のお話から始まりました爆笑

舌骨は喉の不調(イガイガする等)だけでなく、肩の痛みや首の調整にも欠かせない、重要な部分です!!

すべてに通ずることですが、あくまでも"その方の動く範囲で"調整させて頂くことが大事ですね照れ

ご自分の舌骨を触って動かしてみるだけで、調整になりますよOK



さて、ここで問題ですニコニコ

『人間が1日のなかで、最も多く使う関節はどこでしょうか!?

さあ〜、どこでしょうかニコニコ??


キョロキョロ


。。。。。キョロキョロ




そう、顎関節ですチュー
(画像がヒントでした◎そして、タイトルに答えが載っちゃってました笑い泣き)

毎日食べたり、喋ったりする時に沢山動いてくれている関節なんですね!!

口を開ける時に違和感を感じたり、顎関節がガクガクいう方は、顎関節に直接アプローチする他に、咀嚼筋も見ていかねばなりませんおーっ!


皮膚のアソビを取り、微妙な効かせ方をしていきます。。

顎関節に小指球をフィットさせて、反対側の肩の方に寄せていきます。。ガーン


実際にやってみましょうウシシ
下の手は、微妙に手前に引きながらがコツですよ〜◎

そして、顎関節の調整にはもう1箇所、見ておきたいポイントがありますおーっ!!!


顎関節に問題がある時は、股関節の動きも要チェックです!

股関節自体の動きもシッカリ整えて、重心の位置も変えることで、同じ問題が起きづらくなるように調整致しますウインク


受者の方が口の開けやすさを感じられたら、そこが終わり時ですよOK

"刺激の量度"も大切な基本でしたねウシシ


後半は、肩関節に入りました爆笑

丸レッド前方

丸ブルー後方

丸レッド外方

丸ブルー回旋

の動きをつけていきましょうニコニコ

腕の上がりやすさに変化が見られましたよキラキラ


腋窩へのアプローチも様々…お願い


1週間の終わりは、星野先生の素敵な笑顔で締めくくりたいと思います爆笑
次回は肘に入ります!!

1週間、お疲れ様でした…日本酒



~・~・~・~・~・~・~・~
※身体均整法学園は受講生を募集中!!

{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}
{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}

手技の奥義を体系的に学べる整体学校

全国にあるあなたのための身体均整院

☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)
~・~・~・~・~・~・~・~・~

身体均整法学園さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス