たとえば頭痛と胃の痛み…、2つの不調へ同時にアプローチできる方法!! | 整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!


テーマ:
8月20日(月)
{239B75DA-58DC-4F66-8598-2E5A61313238}

経絡操縦法(2)、田澤 政博先生キラキラ

先生、よろしくお願い致しますお願い

夜間クラス、あっという間の夏休みが終わりました浮き輪
後半の講義も楽しんでいきましょうおーっ!

頭を切り替えて、さっそくツボのお話にはいります浮き輪ポーン

ツボを使って、胃下垂や子宮脱・脱肛などにも繋がる、内臓下垂の調整をしていきますよウインク

消化器全般は胃経と関係が深いため、今日は胃経で内臓の状態を観察してみましょうチュー

胃経の募穴である、中脘(ちゅうかん)を指標にしますOK

{F9487684-F8A0-453F-91C2-26BB2A4FDB85}

ヘソ上4寸に位置しておりますキョロキョロ
(胸骨体とヘソの真ん中を観察してもOKです!!)

また、この近辺(中脘および、その上下)は背中側の脊柱起立筋の固さとも関連深いため、背骨周辺の緊張をとるのにも用いられますキラキラ

{0A824CD3-7166-4125-BFAC-35269A6E7E98}

そして、胃経の中脘とセットで調整するのは、心包経の膻中(だんちゅう)ですキラキラ

皮膚が動きやすい方向に軽くずらす、やさしい調整ですが、、

・膻中がゆるめば→中脘の痛みがやわらぐ

・中脘がゆるめば→膻中の痛みがやわらぐ

経絡の組み合わせって、本当に不思議です…お願い

先ほど、内臓下垂の調整に…と書きましたが、

消化器の不調から、頭痛(ストレスで身体に負担がかかっている時)にも使いたい調整法ですキラキラ

{0321B768-E20D-4647-AC51-D0EECF899468}

肋骨の11番と12番は浮肋骨ですから、気をつけながら観察しますニコニコ

身体の外側のラインを整えることで、胸郭の形や肋骨の固さにも変化が起こりますよ。。キョロキョロ

{D203A2DE-70F8-4BDE-A281-A046EAA442D7}

丸レッド11番の先端下際…章門(脾経)

丸ブルー12番の先端下際…京門(胆経)

上差し上の写真は、うつ伏せで京門を圧定しているところです。

{27E10000-6AF9-49CD-A705-5B4A543E540C}

そこから、反対の手でやさしく押しあげるようにして、刺激を加えていきます照れ

すると胸郭の形が整い、肋骨に弾力がついてきて、呼吸がしやすくなってきました照れ

{CDE5F8F2-63D3-4FF4-BCD2-702C965EE784}

腓骨頭や外踝(どちらも胆経からのアプローチ)をずらして、肋骨をゆるめる操作には、一同ビックリポーン

骨が動きやすい方向を探して、ちょっとズラすだけなんです…!!

最初の胃経&心包経から、腎臓&大腸、脾臓&生殖器をツボの組み合わせで調整する方法を学びました照れ

{B676E301-3F4C-41E5-A184-ADC56DEF0276}

先生の臨床的な経絡の解説がとめどなく流れる、贅沢空間…爆笑

{9B6A1048-95EF-431E-8619-C605845BD2B8}

前回と今回分で、経絡(ツボ同士)の組み合わせの応用をご紹介しましたOK

これらはお腹側にあるツボを使っていますから、覚えてしまえばセルフケアもできてしまうんですよびっくり

引き続き、人も自分もケアできる知識を身につけていきましょうラブ


長谷川 茉由(マツリカ身体均整院)

~・~・~・~・~・~・~・~
※身体均整法学園は受講生を募集中!!

{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}
{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}

手技の奥義を体系的に学べる整体学校

全国にあるあなたのための身体均整院

☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)
~・~・~・~・~・~・~・~・~


身体均整法学園さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス