肘、肩、膝、足首、、、関節という関節を楽しく、しかも正しく動かしてととのえます‼️ | 整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!


テーマ:
みなさ〜ん!
こんにちは😄
身体均整法学園大阪校

本日の講義は
骨格操縦法⑸
『西野正一先生』

ヨロシクお願いします🤲

はじまりはじまり👏
⭐︎⭐︎開店ガラガラ⭐︎⭐︎

肩甲関節変脱調整法
👇👇👇
先ずは西野先生のパートナーホネホネロックと、そして学生さんによるデモンストレーション。
この操縦法は受者の腕を身体から30度の角度に牽引し、牽引と同時に受者の体幹上に倒れかかるようにします。
あまり慣れた操法では無いので、受者の方に倒れ込んだりして上手に出来無かったりしますが、バランス良く何度も練習しましょう^ ^

肩の最密位
👇👇👇
先ずホネホネロックによる腕の動き方を確認します。
ご存知かと思いますが、腕をあげる時肩部は下方にスライドする様に動きます。
この時に肩部を把持して肩部の動きを意識しましょう!

肘関節が曲がり易くなる
👇👇👇
空手チョップじゃ無いですよ!
少々力強くても大丈夫ですが、ほ〜んと動き易くなるんですよ!
是非ぜひお試しアレ^ ^

因みにこんなのも有りです。
「エイ!ヤー!」とやりつつも結構皆さん遠慮がちでなさいます。少しくらい力強くても大丈夫❗️でも強すぎは…ですね。
指を挟んで押し込むように回転、逆回転し指を牽引します。
手首付近を把持してるのがポイントですよ❗️

膝関節上方変位調整方
👇👇👇
受者の下肢を腹部方に屈曲し、整者の直角に曲げた足で梶を取りながら、受者の下肢を手前へ急速に引き下へ向かって圧します。
慣れるまでになかなか感じが掴め無くって学生さんと一緒に何回も何回も練習しました。
手で引くのでは無く、整者の股関節と腹部で挟んで引くとより安定しそうです。

膝蓋もゆるゆるし足関節も締めた所で本日は終了。

豪雨の影響で地方からの学生さんは来ることが出来ませんでした。
どうぞ皆様が無事であります様にと心より願っています。


本日も最後までお付き合い頂き有難う御座いました😄

以上

“茶髪の風雲児”・さかい

でした。

⭐︎⭐︎閉店ガラガラ⭐︎⭐︎

~・~・~・~・~・~・~・~
※身体均整法学園は受講生を募集中!!

{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}
{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}

手技の奥義を体系的に学べる整体学校

全国にあるあなたのための身体均整院

☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)
~・~・~・~・~・~・~・~・~

身体均整法学園さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス