小室先生「これが生きた解剖生理学だ‼️ 」神経系、消化器編 | 整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!


テーマ:
30Aクラス 6月10日の講義は、引き続き解剖生理学④です。
昨日の講義内容はこちらから

小室先生よろしくお願いします!

今日は神経系のおさらいから。
自律神経の話は今までも何度も出てきていますが、均整法の手技は神経反射を狙ったものも多く、それらを有効に使うためにはこの辺の理解は必要となってきます。
観歪法の講義が始まるまでに、ある程度理解を深めておくと良いですねニコニコ


この図は自律神経の遠心路について書かれていますねニコニコ
以前の解剖生理学で出てきましたが、覚えていますか?中枢から末梢へ興奮が伝達されるルートですウインク
交感神経は赤、副交感神経は青で塗り分けをしました。
なんとなく、どこからどの器官へ神経が伸びているか掴めたでしょうか?
こういう図は何度も描き写して覚えてしまうのも手ですねキョロキョロ


これは交感神経の方を簡単にまとめていますねキョロキョロ
かなり端折っていますが、このくらいシンプルに捉えておくと初めのうちは臨床で使いやすいかもしれません。
図を見るとわかると思いますが、胸椎1番から腰椎2番までは交感神経が出ているため、背中の表情としては主に交感神経系の影響を見ていきます。
昨日の講義での心臓や呼吸器の疲れが背中に出てくる箇所とリンクしてくるのではないでしょうかニコニコ

各器官には交感神経と副交感神経の両方が伸びていってるのがわかると思います。その二つが拮抗して、はたらきをコントロールしているんですねニコニコ

胃の場合、交感神経がブレーキ、副交感神経がアクセルの役割を果たします。
俗に言う胃が疲れているというのは、働きが強くなりすぎて左の収縮が続いた状態を指すことが多いです。アクセルの副交感神経が優位な状態になっているため、これを中庸な状態に持っていくためには副交感神経レベルを下げるか、交感神経レベルを上げれば良いということになりますねキョロキョロ

こういったことを脊髄神経に刺激を加えてコントロールするテクニックが、この先学ぶ観歪法(脊髄神経反射法) になります。

自律神経の話はまだまだこの先も何度か出てくると思いますので、あまり焦らず着実に身につけていきましょうニコニコ

ハート消化器ラブラブ


小室先生は以前ろくに睡眠も取れず、とても胃腸の調子が悪かった時期があるそうですゲロー
睡眠の質が悪いと、消化器の不調に繋がってくるんですねポーン

消化器の粘膜は新陳代謝がとても早く、約三日で入れ替わります。
この新陳代謝は睡眠中に活発になりますので、胃腸の調子を整えるためには睡眠と、あと栄養が大切になってきます。
均整師としてはまず眠れる体に調節すること。
そしてこの先栄養学の講義もありますので、そこで知識を得てクライアントに食養のアドバイスなんかも出来ると良いですねニコニコ
口内炎ができやすい方なんかも口腔粘膜の新陳代謝が低下している場合があるので、やはり睡眠と栄養を見直してみましょうウインク


各消化器についても学びました。
施術のヒントにもなりそうな情報をピックアップしておきますねニコニコ



調整効果がおもわしくない場合、食べてすぐ寝たりしていないか確認すると良いですニコニコ
胃は粘膜で保護されていますが、食道はそうではありません。食べてすぐ横になり、胃の内容物が逆流して付着したりすると、胃酸で炎症を起こしている場合がありますキョロキョロ
あとは胃の中のピロリ菌が悪さをしている場合もありますので、医療機関の受診をすすめて、菌がいれば除去してもらうのも良いかもしれません。ヨーグルトを食べさせるのも良いみたいですよニコニコ

小腸
小腸では主に栄養の吸収が行われます。

ここに書かれているのは吸収された栄養が運ばれるルートですねニコニコ
私見ですが、門脈から肝臓へ通るルートなんかは、募穴応用の肝と小腸の組み合わせなんかを思い起こさせますね…キョロキョロ
乳糜そうから左鎖骨なんかはリンパ操法でよく使いますニコニコ


大腸
大腸では主に水分が吸収されます。
便秘と下痢のメカニズムも学びました。

この先出てくると思いますが、均整法には下痢止めの操法というものがあります。ただし中には止めてはいけないタイプの下痢があって、図で言うと細菌性のものですね。これは排出のため下痢を起こしているので、止めないで出し切るのを待ちましょう。一応、排便時にヒリヒリしたりしていないかなどで鑑別ができるみたいです。

肝臓
沈黙の臓器と言われていますね。
しかし、背中や姿勢などへの影響という観点から見ると、均整師的には結構雄弁な印象を持ちますキョロキョロ

肝臓は他の臓器や体への影響が大きく、とりあえず元気にしてあげると良いことが多いですニヤリ
乱暴な気もしますが、僕も大抵の人には肝臓賦活法はやっちゃってますねキョロキョロ

あしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあとあしあと


ここまで内臓のイメージはついたでしょうか?
小室先生曰く内臓力が上がっているはずです。


前回やったように、再度内臓を書き込んで確認してみましょう。
今度は位置やつながりを正確にイメージできたでしょうか?


30A助講師 稗島昇平

~・~・~・~・~・~・~・~
※身体均整法学園は受講生を募集中!!

{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}
{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}

手技の奥義を体系的に学べる整体学校

全国にあるあなたのための身体均整院

☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)
~・~・~・~・~・~・~・~・~

身体均整法学園さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス