やさしく触れているだけで全身ととのっちゃう“奇脈”へのアプローチについて(╹◡╹) | 整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!


テーマ:

2018年1月21日(日曜日)


「経絡操縦法②」の講義


講師は20日(土)に引き続き、田澤政博先生です。ラブ


本日は、「奇脈応用」の鎮痛法です。




【鬱血の緩和など】→「列欠-照海」


では…「列欠」と「照海」の位置を確認!プンプン


体の鬱血、歯痛や捻挫などでも、鬱血しているのを、散らす効果が期待出来ます!びっくり


見つけたら、触れているだけ…やさしくです!ラブ


 


【動脈系の乱れなどの緩和】→「後谿-申脈」



「申脈」は…血圧を下げる効果が大きい


 


【筋肉系の痛みに対応】→「外関-臨泣」



「臨泣」を強くはじいてはイケません…筋肉が硬直してしまいます…優しく、や・さ・し・く・ですよ。おねがい 


続いて…


【栄養の乱れで中枢性の痛みに対応】→「内関-公孫」


【ホルモンの乱れの為、骨盤器官に痛みが有るなど】→「通里-太衝」


【交感神経が優位なための痛みなど】→「間使-三陰交」


※自律神経のバランスが良くなり、主に五臓の痛みに効果がある!びっくり


 


【副交感神経優位なための痛みなど】→「三陽絡-縣鐘」


※自律神経のバランスが良くなり、主に六腑の痛みに効果がある!ラブ



田澤先生が位置を丁寧にご教授してくれます!ラブ


奇脈の応用を、学びました!


各々2点使うだけで、効果がでます! いっぱい確認してみましょう!


終わりに、経絡の刺激消し(手三里・足三里を抑制)を教わりました!


 


力はいりません! 経絡!いっぱい使っていきましょう!びっくり


やさしく!や・さ・し・く!ジェントルタッチ!です!照れ


ハイ! 経絡操縦法③へと続きま~す!おねがいグラサン


 


 


<ブログ担当 助講師 杉本精一 (杉本身体均整院)>


~・~・~・~・~・~・~・~


※身体均整法学園は受講生を募集中!!


{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}


 


 


{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}


 


手技の奥義を体系的に学べる整体学校


→身体均整法学園


 


全国にあるあなたのための身体均整院


→あなたの街の身体均整院


 


☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)


~・~・~・~・~・~・~・~・~

身体均整法学園さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス