整体の奥義を体系的に学べる学校ブログ!! 身体均整法学園。

世界中の手技文化が集約された奇跡のメソッド“身体均整法”を長年にわたり真摯に伝え続けてきた、おおらかな学校です。

身体均整師ではない施術家の皆さまにも参考にしていただけるような記事を更新してまいります!


テーマ:
今日は交感神経の抑制方法(腰椎2番の副突起の調整)を撤去的に解説いたしますラブ
{492E4CFF-A8FC-46B6-9BA8-18C067700931}
坂戸先生よろしくお願い致します照れ

私のブログ内容 に波がある昨今ショボーンあせる
今日は読んで良かったなぁと思えるブログに仕上げますお願い
ハードルを自分であげてます照れ


身体の使い方ひとつで人生が変わると言っても過言ではありませんイヒ
しっかり覚えて、施術に役立て下さいビックリマークビックリマーク
{42FA9AFD-BDFD-4E58-92F8-C376013BF53D}


観歪法において重要な調整点である腰椎の副突起の調整方法についてまとめます音譜音譜
{2DAF96F7-3154-4830-8429-68C3F1569763}

★相手の姿勢
できる限りリラックスしたうつ伏せです
(本来は受者は腕を下げた方が良いようですが、腕を上げた方がリラックス出来る方は)

★整者の身体の使い方
①自分の肘を膝の内側にあてる。

②膝を寄せる。
このとき、肘を中にいれないで肘を外に張りださせ、その張り出た肘を膝で寄せるような格好をとります。

③自分のお尻をちょっと後ろに引く。
お尻を後ろに引くと、自然と指が頭側に行きます。

④指が頭側にいったところで、狙いたい腰椎の副突起にあてます。
L2を狙いたい場合は、L3あたりから始めます。

⑤ここで抑制刺激をいれます。
刺激の方向は鳩尾(みぞおち)に向かうようにします。

⑥相手の呼吸が深くなったら、一回「の」の字を書き、さらに膝を寄せていく。
このとき、副突起の左右どちらかが、硬くなっているを確認する。

⑦硬くなっている側に再び抑制刺激。
右が硬くなっていれば、左手を放し右側だけを調整します。
{B74D6592-385A-4F2F-ABC1-97063EC036BC}
抑制刺激は約2分かけて行います。

以上です!
体感として腰椎2番の副突起の調整だけで、全身がホントに楽になります照れ

頑張って練習しましょうビックリマークビックリマーク


ブログ担当、
小室知貴 (身体均整師/理学療法士)
~・~・~・~・~・~・~・~
※身体均整法学園は受講生を募集中!!

{5567C28C-2B18-45E4-9A2B-A3DCE055B07F:01}
{31138DE1-A71A-4D24-8D90-2CF0857ED387:01}

手技の奥義を体系的に学べる整体学校

全国にあるあなたのための身体均整院

☎︎通話料無料0088–22–4813(平日受付)
~・~・~・~・~・~・~・~・~


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

身体均整法学園さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。