東京都指定無形民俗文化財の

佃島の盆踊は

 

東京で唯一

江戸時代から続く盆踊り

 

近年の盆踊りとは違って

単調な太鼓の音と歌で踊る

念仏踊りというのかな

 

無縁仏の供養の行事として

現在まで続けられています

 

今年3年ぶりに

7月に開催された、佃島の盆踊

 

私が行くつもりでいた日が

雨で中止となってしまいえーん


それが

今年の心残り


※お写真お借りしてます

 

 

実はお彼岸にも

開催する予定でしたが


こちらも

悪天候のため中止

 

今年2月にご逝去された

佃島の盆踊の音頭取り名手

飯田恒夫さんの追善供養

だったのですが…

 

長年音頭取りをされてきた

恒夫さんは、佃の名物男

 

一度は生唄で

踊ってみたかったです

 

改めて

ご冥福をお祈りいたします

 

 

死別 ブログランキングへ 

 

 

月明かりと

提灯の灯りが作り出す

幻想的な空間の中

 

踊る人たちの中に、ふと

あの世へ行った人たちの姿を重ねて

故人を偲ぶのかもしれませんね


 

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ

にほんブログ村

 

 

仏供養
踊れ人々  供養のためじゃ
五穀実りて  大風もなし
天のめぐみぞ  佛の音頭
恩を思えば  信心しやれ
一に一世の  災難逃れ
二には日夜に  気もやはらぎて
三に三毒  消滅するぞ
四には自然と  家富さかへ
五には後生の  うたがいはれて
六に六親  仲むつまじく
七に七福  其の身に備え
八に「八大  地獄」へ落ちず
九には九品(くぼん)の  浄土に生まれ
十で十方  成仏たすけ
忘れまいどへ  朝夕ともに
信の一家が  ただ肝要で
座臥(ざが)に唱へよ  南無阿弥陀仏

 

 

 

 来年は

参加できますように…