東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

鍼灸 雅(みやび)は大阪府の藤井寺市にある、東洋医学鍼灸専門の治療院です。
当院は特に更年期症状の治療を得意としていますが、他にも様々な症状を、東洋医学ではどのように考え、治療していくのかを中心にブログに書いています。


テーマ:

大相撲の京都巡業で挨拶中に市長さんが倒れ、救助のために土俵に上がった女性に対して「女性は土俵から降りて下さい」とのアナウンスがあったとして物議を醸していますね。

土俵が女人禁制であるとはいえ、人命が最優先されるべきでありますし、今回のケースで救助にあたった女性に批判が向けられるようなことはあってはいけないでしょう。

一方で、これだけ日本でも世界でも男女平等が叫ばれる中で、女人禁制なんて時代錯誤だと言われるのは当たり前でしょうが、これは単純に女性蔑視とか、男尊女卑とか、それで片付けてよいものでもないと私は思っています。

そこには日本の神事というのが絡んでいますからね。

私の地元にはだんじり祭りというのがあるのですが、入魂式の終わっただんじりに女性は触れることすらできません。

入魂式というのは、それまでただの木彫りの大きな車であっただんじりに神様を呼び込む儀式です。

だんじりが新調された時は行われますし、修理をする時には昇魂式と言って一度神様を抜いてから修理に出し、修理が終わればまた入魂式をします。

神社から宮司さんが来てやってくれます。

それによってだんじりはただの木彫りの大きな車から、「神」になるんですね。

五穀豊穣を神様に祈るお祭りですが、その神様というのは女性神であるとされ、故に女性がだんじりに触れたり乗ったりすると、神様が嫉妬して災いが起こるとか、触れた女性は嫁にいけなくなるぞ!と僕たちは子供の頃に教わりました。

バカげた話だと言われればそれまでですが、神仏とは目に見えず、故に心持ちの問題ですから、バカげた話だと思いながらも、「それも含めて」そういうものとして楽しむと、されてきたんだと思うんですね。

他にも、身内に不幸があった歳にはだんじり祭りに参加してはいけないとか、鳥居をくぐってはいけないとかもあります。

これは男女関係なく。

こういうことも、取り方によっては差別と言われるでしょう。

日本の相撲は神事ですから、おそらく相撲も同じようなことだと思います。

そんなバカげたストーリーも含めて楽しむか、いや、女性蔑視だから今すぐ土俵上も女性に開放すべきだとするか。

相撲をあくまで日本古来の精神性を反映した神事とするか、それともスポーツとするかということだと思うんですね。

もしスポーツとするのであれば、本場所前に行われる土俵祭も必要ないとなるし、もっと言えば神の依り代である横綱も無くした方が筋が通るでしょう。

その綱を唯一締めることを許された地位であるからこそ求められる品格や、取り組み内容に関する批判も通用しません。

そもそも「土俵」という場自体がスポーツには向いていないようにも思います。

誤解があるといけないので書かせて頂きますが、私は男女差別を奨励しているわけではありませんよ。

女性が土俵に上がって相撲を取っていた時代もあったそうですし、だんじり祭りもですね、戦時中は男が戦争に行っていなくなるから、代わりに女性がだんじりを曳いていたと言われています。

有って無いような思想とも言えます。

ただ、今土俵に女性が上がれないというところだけを切り取って女性蔑視だとする前に、その背後にある日本古来の思想や精神性に目を向けた上で、今後のことを議論すればいいと思うんですね。

その上でよりみんなが楽しいと思える方を選んだらいいじゃないですか。

今一度古事記や日本書紀に触れてみるいい機会でもあると思いますね。


(本日も当院のブログにお越し下さりありがとうございます。
人気ブログランキングへの投票にご協力下さい。
これを一つの励みにさせて頂いております。)
↓       ↓

鍼灸ランキング

藤井寺市の鍼灸治療院 鍼灸 雅(みやび)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。