頭が固まらないように | 東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

鍼灸 雅(みやび)は大阪府の藤井寺市にある、東洋医学鍼灸専門の治療院です。
当院は特に更年期症状の治療を得意としていますが、他にも様々な症状を、東洋医学ではどのように考え、治療していくのかを中心にブログに書いています。


テーマ:

頭で考えているだけでは良い治療ってできないんですね。

やっぱり実際に患者さんに触れるということが大事で。

我々は診察の過程でお腹を触ったり背中を触ったり、脈を診たり頭から手の指先、つま先までいろんな箇所を触れることで身体の状態を探っていきますが、その最中にも患者さんの身体は変わっていったりするものです。

さっき触ったツボをもう一回触ってみたら、さっきとはまるで違っているということもあります。

それ故あまり時間をかけて診察し過ぎると、次々と変化が起こってしまい、診断に繋げていけないということもありますが、変化したならそれもまた一つの情報ですから、それ自体が何かを証明する根拠になることもあります。

もちろん、鍼やお灸をした後にも変わります。

そういった実際のその場その瞬間での変化であったりというのが手がかりにと言うか、きっかけとなって、少しずつ最良に近づいていく。

治療を始める前に想定していたこととまるっきり治療が変わっていくということは実際よくあるし、またそうやって柔軟に変えていくことも大事なことです。

言葉としてストックされた知識というのは、そこからまた発想を拡げていくのに役立ちますが、知識を持ってしまったが故に持ってしまう先入観というのには気をつけなければなりませんね。

考えながら身体に触れることと、触れて得たものを言葉に変えて考えていくことの切り替えとバランスというのが、診察における非常に難しいところです。

(本日も当院のブログにお越し下さりありがとうございます。
人気ブログランキングへの投票にご協力下さい。
これを一つの励みにさせて頂いております。)
↓       ↓

鍼灸ランキング

藤井寺市の鍼灸治療院 鍼灸 雅(みやび)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス