最近のいろいろ | 東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

鍼灸 雅(みやび)は大阪府の藤井寺市にある、東洋医学鍼灸専門の治療院です。
当院は特に更年期症状の治療を得意としていますが、他にも様々な症状を、東洋医学ではどのように考え、治療していくのかを中心にブログに書いています。


テーマ:

平昌オリンピックもいよいよ終わりですか。

アイスホッケーの南北合同チームや北朝鮮の応援団、ショートトラック男子の北朝鮮選手による日本選手へのあからさまな妨害など、何かと政治色の強いオリンピックな印象もしましたが、感動もたくさん頂きました。

知らない競技もたくさんあって、冬のオリンピックってこんなに面白かったんですね。

フィギュアスケートの点数の基準がまだ今一つわからないんですけれども、羽生結弦選手には、何と言うか、胸が熱くなりました。

確か演技が終わってからのインタビューだったと思うのですが、インタビュー前に手荷物を地べたに置こうとして、しかし手に持っていた日の丸の国旗だけは置かず、「国旗だけは下には置けないので(持っていて下さい)」と近くにいた人に手渡すシーンがありました。

涙が出ました。本当に。

サッカーのキングカズ、三浦知良選手のエピソードを思い出しました。

カズ選手が日本代表として出場する時、国歌斉唱の際にはいつも胸に手を当てて、君が代を大きな声で歌っていたんですね。

試合後、とある新聞の記者に「韓国では日の丸や君が代には過去の軍国主義の象徴という意味もあるのを御存じですか?」という失礼な質問をされ、カズ選手は、

「自分の国の国旗や国歌に敬意を表さない人が他国に対して敬意を表する事ができますか?」

と返したそうです。

あのウサイン・ボルト選手も、自分のインタビュー中に他国の国歌が流れればインタビューを中止し、静かに国歌を聴き、終わればまたインタビューを再開していたそうです。

自分の国、国旗、国歌を大事にしているからこそ、他国であっても、その国の人達にとって国旗や国歌がどれほど大切なものかと想像できるから、それが政治的に自分の国とどのような関係にある国であっても、そこには敬意を払うことができるのでしょう。

この想像力が「おもいやり」に繋がるのではないでしょうか。

そんな中、オリンピックではありませんが、非常に残念な出来事がありましたね。

コロコロコミックという少年漫画雑誌の作品の中で、モンゴルの初代皇帝、チンギス・ハンを侮辱した内容があったと。

元横綱、朝青龍さんの怒りのツイッターでそのことを知ったのですが、全てを読んだわけではありませんが、絵を見ただけで、これは表現の自由を越えた内容でしょう。

もしそれを主張するなら、その自由は選択の自由ですから、描かない選択もできる中で描くことを自らの意思で選んだわけですから、そのことへの責任は自らが負わなければなりません。

出版社はすでに謝罪しているみたいですが。

日本人として恥ずかしい気持ちと、申し訳ない気持ちと。。。

折角感動してたのになぁ。


(本日も当院のブログにお越し下さりありがとうございます。
人気ブログランキングへの投票にご協力下さい。
これを一つの励みにさせて頂いております。)
↓       ↓

鍼灸ランキング

藤井寺市の鍼灸治療院 鍼灸 雅(みやび)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス