言葉の正と負 | 東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

東洋医学鍼灸専門 鍼灸 雅(みやび)

鍼灸 雅(みやび)は大阪府の藤井寺市にある、東洋医学鍼灸専門の治療院です。
当院は特に更年期症状の治療を得意としていますが、他にも様々な症状を、東洋医学ではどのように考え、治療していくのかを中心にブログに書いています。


テーマ:

おはようございます!

二年ほど前から、「言葉」というのをちょっといろんな角度から考え直してみることを心掛けているんですけれども、何度かブログでも書いていますが、東洋医学の弁証論治というのは、言葉によって支配されていると言いますか、制約を受けているんですね。

それは仕方がない。

むしろその「言葉」によって、医学として発展してこれたわけですし、それは今後にも言えることです。

だから悪いわけではありません。

しかし言葉では言い表せないこともありますし、本質から遠のいてしまうこともあるということを、施術者の意識には置いておく必要があります。

例えば「痛み」なんてのは非常にわかりやすい例です。

東洋医学(中医学)の中では、痛みの種類を細かく分類しています。

脹痛とか重痛とか刺痛、隠痛。。。などたくさんあり、それぞれ意味するところは違ってきます。

しかしその痛みそのものは術者の目に見えて確認できるわけではありませんし、どんな痛みでどんな程度で、といったことは患者さんにしかわかりません。

そしてその患者さんがその痛みについてどのように表現するかも、術者の手から離れたことです。

つまり、ここで細かく分類された痛みの概念、言葉にこちらがとらわれていては、真実も、本質も見えない。

言葉によって整理され、また発展させていけるというプラスの側面と同時に、言葉によってかえって曇ってしまうものもあることは肝に銘じておかなければなりません。

特に切診(触診)においては、言葉が先に立つと、診察そのものが歪なものになってしまいます。


(本日も当院のブログにお越し下さりありがとうございます。
人気ブログランキングへの投票にご協力下さい。
これを一つの励みにさせて頂いております。)
↓       ↓

鍼灸ランキング

藤井寺市の鍼灸治療院 鍼灸 雅(みやび)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。