kino wedding

テーマ:
kino diary blog in Aoyama-110615_tento03

こんにちは、kinoディレクターのフキノです。

私事ですが、先日結婚致しました。
結婚式は新緑の中、お天気にも恵まれて素敵な一日になりました。



kino diary blog in Aoyama-110615_trank

今までも、仕事柄ウェディングに携わらせて頂く機会があり、
装花やディスプレイ、ペーパーアイテムなどについては
常にアイディアを書き留めたり資料をまとめたりしていました。

たくさんの選択肢がある中で、自分のウェディングとなると悩んでしまい
海外ウェディングや和装など色々と考えた結果、
辿り着いたのは「自分たちらしい、kinoらしい式を挙げる」ということでした。

山梨出身のわたしと長野出身の旦那さん。
どちらも自然豊かな場所で育ったので、緑に囲まれた場所で式を挙げたいと思っていました。

ふたりの出身地のちょうど中間に位置し、
わたしが小さい頃から遊びに行っていた「リゾナーレ八ヶ岳」
その希望を叶えてくれる理想の場所でした。



kino diary blog in Aoyama-110615_bri_01

しあわせなことに、今回リゾナーレさんにご協力頂き、コラボレーションという形で
「kino」のウェディングを実現することができました。



kino diary blog in Aoyama-110615_mado01

kino diary blog in Aoyama-110615_sekifuda

招待状や式に使うペーパーアイテムはすべてオリジナルのデザインで、
それ以外にもディスプレイに必要なアイテムや
ウェルカムボード、リングピローなど多数製作しました。


準備は本当に大変でしたがkinoのスタッフや家族、リゾナーレの皆様、
まわりの方々にご協力頂き、
当日はわたしの想像を超えた素晴らしい時間を過ごすことができました。



今回、リゾナーレのアルフレスコとブリラーレという2つの会場をお借りして、
それぞれの個性を生かした装飾を行いました。
特に気に入っていたアルフレスコのテントの下には
kinoからたくさんのアイテムを搬入し、カラフルで楽しい会場を作りました。

kino diary blog in Aoyama-110615_tento04

ヴィンテージ感がありつつもカジュアルな雰囲気にしたかったので
装花は野で摘んだようなイメージで様々な種類のお花を入れて頂きました。
kinoの小瓶やベースの中に、ヴィオラやクラスペディアなど大好きなお花が
ランダムに入って、とても可愛かったです。


kino diary blog in Aoyama-110615_tento02

kino diary blog in Aoyama-110615_sweets02

色とりどりのキャンディーやお菓子をヴィンテージのカップの中に詰めて、
それぞれお気に入りのカップを手に取ってもらえるようにディスプレイしました。



$kino diary blog in Aoyama-110615_tento01

夕方にはキャンドルを灯したテントの中で、新郎の友人にライブをしてもらって
心地よい時間を過ごすことができました。



kino diary blog in Aoyama-110615_cake03

kino diary blog in Aoyama-110615_cake02

夢のように可愛いアイシングのお菓子は招待状のイラストを元にオーダーで作って頂きました。
こちらはまた改めてご紹介しますね!



kino diary blog in Aoyama-110615_ent01

大好きな人たちが集まってくれて、本当にしあわせな日でした。
遠いところお越し頂いた大切な方たち、
式のためにご協力頂いた皆様に心より感謝しております。
この日のことを忘れずに今後も頑張ってまいります。


今まで提案したいと思っていたウェディングをトータルで形にすることができたと思いますので、
少しずつブログでも紹介していきたいと思います。(フキノ)