自分磨きの鬼となれ!

生前、マッスル北村は己に対して3つの誓いを立てた

肉体の限界を極める 知識の限界を極める 精神の限界を極める

私も同じ誓いを立てた。

このブログでは自分を磨くための情報を発信していきます。
相互リンク、相互読者大歓迎!!


テーマ:
カッコイイ身体の条件

・厚い胸板
・逆三角形で、厚みのある背中
・割れた腹筋
・広い肩幅
・太い腕
・脂肪が少なくキレがある
・上半身と下半身、前面と背面のバランスが良い


スクワットは太もも周りをメインに、背中やお尻の筋肉も鍛えることが出来るトレーニングです。

スクワットは大きい筋肉を同時に鍛えることが出来る、成長ホルモンの分泌が他のトレーニングに比べて多い、滞りやすい下半身の血流を良くする、等身体にたくさんの良い効果をもたらしてくれるトレーニングです。

スクワットは消費カロリーも基礎代謝向上効果も、ホルモンの分泌もあらゆるトレーニング種目の中でもトップクラスで、身体に与える影響がとても大きい種目なので

キング・オブ・トレーニング

と呼ばれています。

なので、トレーニングを今から始める方には是非取り組んでほしい種目です。

男性

・力強い足腰が作れる
・精力が強くなる

女性

・太もも、お尻が引き締まる
・冷え性が改善される
・肌がキレイになる


やり方はこちらの動画でどうぞ




1.バーベルを肩に乗せて、肘の角度が直角になる手幅でバーを持つ。足の幅は肩幅くらいに開く。

2.胸を張って、背中が曲がらないように注意しながら、膝を曲げて、お尻を後ろに突き出すような感じで腰を落とす。

3.腰を上げる。


ポイントは、胸を張って背中が曲がらないようにすること。そして膝がつま先より前にでないように足裏全体、もしくは踵に体重をかけるようにすることです。目線は上を見るようにすると姿勢を保ちやすいです。

女性はバーベルを担がずに頭の後ろに手を組んで、行いましょう。

-足幅による効果の違い-


スクワットには足幅の違いにより、ワイドスタンス、ミディアムスタンス、ナロースタンスに分けられます。


この動画のように、足幅を大きくし、つま先を外側に向けて行うスクワットがワイドスタンススクワット、狭い足幅で行うスクワットがナロースタンススクワット、その中間で普通の足幅で行うスクワットがミディアムスタンススクワットです。

広い足幅で行うワイドスタンススクワットは普通のスクワットに比べて、太ももの前側(大腿四頭筋)への刺激は少ないですが、お尻(大臀筋)、内ももの筋肉(内転筋)へ強い刺激を与えることができます。

ナロースタンススクワットはその逆で、太ももの前側に強い負荷がかかり、お尻や内ももへの負荷は少なくなります。

基本的には、普通の足幅のミディアムスタンススクワットをするようにし、成長が止まったとき、違う刺激を筋肉に与えたいときにワイドスタンスやナロースタンスを取り入れると良いでしょう。


-脚を曲げる深さによる違い-


脚を曲げる深さでもスクワットの運動効果は違ってきます。

●クォーター(ハーフよりも膝を曲げる角度が浅い)
大殿筋やハムストリングスに負荷は殆どかからないが大腿四頭筋に非常に強い負荷がかかる
●ハーフ(膝を90度に曲げる)
大殿筋やハムストリングスの負荷がパラレルより弱くなるが大腿四頭筋に強い負荷がかかる
●パラレル(太ももが水平になるまで膝を曲げる)
大腿四頭筋や大殿筋がメインでハムストリングスにも負荷がかかるスクワットの基本型
●フル(太ももが水平より低くなるまで膝を曲げる)
大腿四頭筋・大殿筋・ハムストリングスにバランス良く負荷がかかる万能型
●フルボトム(太ももがふくらはぎに付くまで膝を曲げる)
大腿四頭筋の負荷がフルより弱くなるが大殿筋やハムストリングスに強い負荷がかかる

クォータースクワット


フルスクワット


フルやフルボトムはある程度柔軟性がないと動作が難しいので、最初はハーフスクワットから始めると良いでしょう。



-スポーツに生かす-


スクワットは最もオーソドックスな筋トレで、スポーツで重要な足腰を鍛えるトレーニングです。

スクワットで使う筋肉を使わないスポーツは無いと言ってもいいでしょう。

相撲やアメフトのような身体のぶつかり合い、ゴルフや野球のスイング、ピッチングなどでは特にスクワットは重要です。

走る、跳ぶといった動作を鍛えるのにもスクワットは有効ですが、スクワットジャンプの方が実は有効です。

速く走るために一番重要な筋トレは、スクワットジャンプ、パワークリーンスナッチであると研究で明らかになっています。

「脚力でスピードを付ける」というよりも、「パワーで押し切る」「ブレない下半身を作る」といった効果が得られるのがスクワットです。




スクワットはスポーツで重要な足腰を鍛えるだけでなく、ホルモンの分泌を促し、下半身の血流が良くなることで、冷え性、肌荒れなどにも効果があるので、スポーツマンから女性までやる価値の高いトレーニングです。

真剣にスポーツをやってる方も、運動不足解消程度に運動しようと思ってる方も優先的に取り組みましょう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

健康丸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング 自己啓発・カウンセリングジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。