【どうやら、非定形な仕事が私の弱点らしい】 | 金山 土木辞めるってよ!?

金山 土木辞めるってよ!?

もう辞めたい・・・、何度思ったかな。残業しまくった。ウツにもなった。無言で土木辞めた。おかげで本出た。土木技術者続けてる。

辞めよっかな?

でもでもでもでも・・・?7月よりCM業務に従事中(コマーシャルじゃなくてね)

実家の主(ぬし)を見ながら・・・。

◇◆◇
正月、まとまった時間ができたので、ある一つのことを考え続け、メモしています。

「自分は何ができて、何ができないのか」
を考え続けています。

今日も考え続けます。

その中で、ある一つの答えが浮かんできました。

私は今の今まで、建設コンサルタントの仕事に向いていないのではないか、というものです。
なぜかというと、具体的なイメージが湧いてないと、手が動かないからです。

というより、動けないのです。そして、悩みの渦に巻き込まれ、トンチンカンな仕事(仕事じゃねーか)をしてしまうのです。

今の仕事が、すべてではないけど該当しているように思います。定形な仕事はあまりなく、非定形な仕事かとても多いです。


◇◆◇
これまで私は、定形的な仕事を多くやってきました。図面を描いたり数量を拾い出すのは、定形的な仕事の一つです。すでに、ある形のモノをある手順で造りこむことが決まっていることに対して、図面や数量の取りまとめを行います。お客様からの要求も明らかな状態です。

しかし、今携わっている仕事は非定形な仕事が多いです。ふんわりとしたイメージから、自分で具体的な形を描き、自分で具体的な道(手順)を作り出し、自分で明確な答えや方針を導き出す必要があります。

はっきりしない姿をはっきりした姿にする仕事です。


◇◆◇
私の場合、はっきりしない姿をはっきりした姿にする仕事は、経験値が低いのです。そりゃ、いきなり結果出せるわけはありません。

昨年の後半、私が全く成果をあげられなかったのは、弱点で勝負をしていたから、ということが言えそうです。すべてではないでしょうけれども。

ただ、非定形な仕事が私の弱点ということがわかったことは、大きな収穫です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇◆◇
こちら、クリックをしてくれると
飛び上がって喜びます(*≧∀≦*)

 
 
◇◆◇

当ブログを加筆し、残業を減らしてスキルアップするためのノウハウを本にまとめました!

ぜひお読みください!

1,512円(税込)


※電子書籍版(Kindle)はこちらからお求めください!

1,089円(税込)

 

 

◇◆◇

直接のお問い合わせは、

下記アドレスへお願いします。

tadashiprosta@gmail.com

※こちらもリクエスト・フォロー大歓迎です。
Facebook:https://www.facebook.com/htadash
Twitter:https://twitter.com/togura33

金山 直志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス