【改めて、ココに集中すべきと思ったので、ココに集中していこう】 | 金山 土木辞めるってよ!?

金山 土木辞めるってよ!?

もう辞めたい・・・、何度思ったかな。残業しまくった。ウツにもなった。無言で土木辞めた。おかげで本出た。土木技術者続けてる。

辞めよっかな?

でもでもでもでも・・・?7月よりCM業務に従事中(コマーシャルじゃなくてね)


テーマ:
綺麗な色合いです。

◇◆◇
痛みを実感して、改めてわかるものです。強みに集中することの必要さを。

ただし、その前に明らかにしておかないといけないことがあります。

「自分の強みって何?」
に対する答えです。


◇◆◇
土木の分野でいろいろ手広くやってきて、ようやく自分の強みについて本気で、全力で考えるようになりました。

たぶん、ずーっと土木設計の仕事をやっていたら、強みについてなんて考えなかったでしょう。ずーっと土木施工管理ばかりやっていたとしたら、強みは何か?という疑問はうかばなかったでしょう。建設コンサルタント会社だけ、ゼネコンだけ、といった感じで同じところにとどまっていたら、強みなどというキーワードにアンテナが立つことなどなかったでしょう。

いろいろ手広くやって、できたことやできなかったこと、成果を出せたことや出せなかったことを知り、ようやく強みを考えられるようになりました。

私の場合、こうした遠回りに見える道のりを経たことで、改めて自分の強みを知り、強みに集中すべきことの大切さを理解できるようになったと思います。


◇◆◇
強みについては様々な書籍で、「強みを見つけろ!」と謳われています。ピーター・F・ドラッカーは、自身の著書「プロフェッショナルの条件」で、こう述べています。

『何ごとかを成し遂げるのは、強みによってである』

ドラッカーが言っているから、強みって大事なんだ。私は当初、こう捉えてました。その思考回路が長いこと私の心身と頭を支配していました。


◇◆◇
誰々がどう言っているか?も時として大事なのですが、もっと大事なのは自分ごととして理解して、次の行動に落とし込めるか?なのです。自分の痛みと捉えられるか?なのです。

私は自分自身が壊れそうになって、ようやく強みについて考え、自分との対話をするようになりました。

強みは大事だ!と言われても、どこかピンとこなかった。しかし、成果の出ない状況と向き合い、自分に問いかけて、改めて強みに集中すべきだと心得るようになり、少し気が楽になってます。

次にどの道を通るべきなのか?が見えてきたからです。

もっと深化させて、はっきりと道筋を示していけるようにしていきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◇◆◇
こちら、クリックをしてくれると
飛び上がって喜びます(*≧∀≦*)

 
 
◇◆◇

当ブログを加筆し、残業を減らしてスキルアップするためのノウハウを本にまとめました!

ぜひお読みください!

1,512円(税込)


※電子書籍版(Kindle)はこちらからお求めください!

1,089円(税込)

 

 

◇◆◇

直接のお問い合わせは、

下記アドレスへお願いします。

tadashiprosta@gmail.com

※こちらもリクエスト・フォロー大歓迎です。
Facebook:https://www.facebook.com/htadash
Twitter:https://twitter.com/togura33

金山 直志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス