日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむ~

日曜大工があるように日曜左官があってもいいよね!
土屋重吉ONLINESHOPがお届けする商品で楽しくDIYをしませんか。本格派の淡路土の利用方法をご紹介しております。


テーマ:

ちょこちょこご紹介していた漆喰作成キットですが、「欲しい、欲しい!」と皆さんから要望があり、限定ではありますが販売に踏み切りました。パチパチパチ・・・

 

≫子供に大人気!漆喰壁作成キットはこちら・・・
 

で?これ何?

実は、日本伝統の炊き糊漆喰を少量(500g)程度ですが作ることが出来るキットなんです。

まずは、箱の中身を確認。

 

 

道具はこちら

ボール1個、ザル1個、シャモジ1個、ネット1枚、アルミ鍋1個入っています。


 

材料はこちら

 

 

漆喰の主材とも言える消石灰、日本伝統の漆喰に欠かせない炊き糊、漆喰の作業性向上や、亀裂防止に役立つ麻すさの3種類が入っています。

 

また、ご購入のお客様ご自信では、炊き糊を使うのでカセットコンロややけど防止に軍手、手荒れ防止のビニール手袋、水量を測る軽量カップなどをご用意下さい。

 

 

それでは、作成手順です。

 

①まずは付属のアルミ鍋に軽量カップで水350ccいれます。

 

 

②海藻糊を、水の入ったアルミ鍋に入れ、カセットコンロで火に掛けます。

※この時、絶対に沸騰させないようにとろ火でコトコト煮て下さい。

 

 

だんだんと、糊が溶け鍋の色が濁ってきます。

 

 

糊は10分~15分程度でほぼバラバラになってきます。

 

 

このぐらいでOKです。

 

③次に炊いた糊の煮汁だけを取り出します。

※この煮汁が漆喰壁の糊となります。これで漆喰がなぜ炊き糊と言われるかわかります。

 

付属の道具のザルに水切りネットをセットします。

 

 

鍋から糊をザルに移し濾していきます。

 

 

注意:炊いた糊は、冷まさず熱い内に作業を行って下さい。

 

≫マニュアルなんて最後まで読んでるのだるい・・・と言う方は、ここから購入できます。

 

煮汁(炊き糊)はこんな感じです。

 

④煮汁に麻すさを入れます。(すさ合わせ)

 

 

まだまだ煮汁が熱いので注意して下さい。
シャモジを使って煮汁の中で麻すさを攪拌させます。

 

⑤主材となる消石灰を入れます。

 

 

 

⑥シャモジで漆喰を混ぜていきます。

 

少し硬い場合は、水を入れて軟らかくしてください。

 

 

完成です。

≫如何ですか?漆喰作成キットご興味が湧いた方はコチラよりお買い求め下さい。

 

「とは言っても漆喰なんてすぐに使うところが無い!」と言う方は、

 

密閉して保存しておけば、固まるまで長期間保存できますよ。

 

この商品は、漆喰の作り方は学習するキットです。

 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

土屋重吉ONLINE SHOPさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。