日曜左官 ~土屋重吉ONLINESHOPで本格左官仕事を楽しむ~
  • 11Oct
    • 中土専用の寒冷紗「麻ネット」で決まり!

      土壁ファンの皆さんに朗報!「土壁の中塗りに入れる寒冷紗ってないよねぇ~」「グラスファイバーネットって土壁に入れると肌別れするから使えないよぉ~」など文化財の補修や、土蔵土塀の補修を行うプロ左官の皆様から多くの相談が寄せられております!そこで、土屋重吉がお届けす新製品は・・・その名もズバリ「麻ネット」すぐに欲しい麻ネット!と思ったら・・・土壁専用の理由は、①網目が10㎜角と非常に大きく、材料が食い込みやすい!②ネットがハリがありよれよれしない!③麻繊維なので水を吸い、表面もザラザラしているので土壁に食い込む!こんな優れた麻ネットが今すぐ欲しい!どうしても明日欲しいというお客様は・・・土屋重吉ONLINESHOPでご購入いただけます。いやいや、買いやすいのはアマゾン!と思ったら・・・麻ネット埋め込みに最適な中塗り土は・・・≫水で練ってすぐに使える調合中塗り土はこちら・・・新製品!麻ネット【1m×30m】を使って、充実した土壁にしましょう!---------------------------------------------------------------------------------土屋重吉NEWS---------------------------------------------------------------------------------土壁・漆喰などの左官材料が色々買える店土屋重吉ONLINESHOPはこちら・・・アマゾンでも買える!土屋重吉アマゾン店はコチラ・・・

      テーマ:
  • 29Sep
    • 【新商品】黒しっくい瑞黒登場!

      土屋重吉ONLINESHOPからまたまたプロ向けの漆喰材料、左官仕事の中でも難しさはトップクラスの仕上げ「黒しっくい」が発売となりました。≫黒しっくい瑞黒(ずいぐろ)をご購入のお客様は、コチラをご覧下さい。黒しっくいは、白い漆喰に「油煙(ゆえん)墨」や「松煙(しょうえん)墨」を入れて真っ黒にする漆喰です。ペンキとは違うつやの無いしっとりとした高級感ある表情は、漆喰意外では表現できない材料です。しかし、その施工は難しく、色むらなどが発生し、なかなか真っ黒には仕上がりません。瑞黒は、専門用語で「ノロ掛け」で仕上る薄塗りの漆喰で、特殊ではありますが、色むらもほぼ無く、真っ黒に仕上がるのが特長です。≫そんな瑞黒をご購入検討のお客様は、コチラからご購入下さい。黒い部分が瑞黒(ずいぐろ)の仕上げです。施工は、通常の漆喰壁の上に塗ることが出来ます。古い漆喰や、乾いた漆喰の上に瑞黒を塗る場合は、「万能シーラー」をお使い下さい。≫様々な左官材料に利用出来るシーラー材「万能シーラー」はこちら・・・内装にも使える黒しっくい「瑞黒(ずいぐろ)」如何でしょうか?≫土屋重吉ONLINSHOPならマニアックな左官材料が簡単に購入できます。

      2
      テーマ:
  • 18Sep
    • 傷んだ漆喰壁の補修に如何でしょう!10㎜塗れる軽量漆喰が登場!

      土屋重吉にお問い合わせが多い、土蔵や土塀の補修方法!もちろん、土強や表面強化剤を利用して下地の強化は必要ですが、写真のように「ゴボット」取れた土壁の補修はなかなか厄介です。下地の土壁を固めるのは・・・土壁の表面を固めるには、表面強化剤がお勧め!≫写真をクリックすると商品ページに行きます。古い土壁がボロボロで土壁内部まで固めたい場合は・・・≫写真をクリックすると商品ページに行きます。と、下地の強化が完了すれば・・・次に「ドカッと!」の登場です。≫軽量ドカ付け漆喰ドカッとはこちら・・・ドカッとは、通常の砂漆喰ではできない厚付け厚塗りを実現し、一度に10mm塗ることの出来る中塗り漆喰です。特殊軽量骨材を配合し、軽く施工性も良く大きな凸凹面も一度に真っ直ぐ出来ることから手間がかかりません。漆喰の補修にお困りのお客様!ドカッとで、今まで出来なかった事が出来るようになります。≫ドカッとのご購入は・・・こちらをクリック!!

      テーマ:
  • 15Sep
    • これぞ塗り壁に使える究極の砂!「みじん砂」

      土壁仕上げに使える究極の骨材、「みじん砂」をご存知ですか?みじん砂は、粒度を揃えて乾燥させた砂で、土と藁すさを混ぜれば「水捏ね」や「糊土」仕上げも出来る本格的な骨材です。土壁原料みじん砂をお探しのお客様は・・・下記リンクよりご購入下さい。みじん砂は、褐色で土壁になじみのよい色で、粒度も150μ~850μの間で、主に36mesh(425μ)になります。この「みじん砂」を砂壁用のボンドパワーサンド樹脂で塗ってみました。≫内外装用砂壁ボンド「パワーサンド樹脂」はこちら・・・パワーサンド樹脂で塗ったみじん砂は、こんな感じです。砂をお探しのお客様、みじん砂をお選び下さい。みじん砂 20kgをご購入のお客様は、下記バナーよりご購入下さい。

      テーマ:
  • 07Sep
    • 売れ筋NO,1 「中土(なかつ)」

      土屋重吉ONLINESHOPでも安定した売上の中土(なかつ)、大変好評です。中土は、淡路土と藁すさと砂を混ぜるシンプルな中塗り土の配合品ですが、水で練って使えるお手軽さから、プロの職人さんの補修から、自宅を自分で補したいというDIYユーザーまで幅広くお使い頂いております。今日は、お客様に頼まれた見本作りを行いながら、「中土(なかつ)」の魅力について書きたいと思います。≫そんな中土(なかつ)を早く購入したいとお考えのお客様は、とりあえずコチラ・・・中土は、一言で言えば土中塗りの材料です。土中塗りは、昔の住宅の漆喰壁や繊維壁などの中塗り下地として使われれる材料で、竹を縄で編んで土を塗る竹小舞下地の上に塗られる材料です。特に「漆喰磨き」や、「大津磨き」などの壁の表面をツルツルに仕上る場合は、必ずこの中塗り土が下地として必要になります。しかし、近年の住宅事情も変わり、竹小舞下から石膏ボードなどになり使われることも漉くなくなってきました。土屋重吉は、この中塗り土の素朴な風合いと、一度に厚く塗れることからの重厚感、高級感を大切にすることを目指し、中塗り土仕上げが石膏ボードにも行えるよう革新を行い販売しております。※石膏ボードに土を塗る場合は・・・・「石膏ボード用下地材、土プラはこちら」練り方は簡単、中土を袋から空け、水で練るだけ、面倒な配合は必要ありません。  石膏ボードに土プラを塗り完全乾燥します。その上に中土を塗っていきます。調湿機能なども考え少し厚めの5㎜程度で塗りつけます。非常に塗りやすいと、各地のお客様から定評があり、弊社も一安心。注意)たまに、スサの節が鏝により写真のように転ぶことがあります。この場合は、塗り厚が少し薄い可能性があります。もう少し厚く塗って下さい。完成!少し波が残っている場合は、ステンレスや翻訳の0.3mmや、0.5㎜程度の先丸の鏝で波消しを行って下さい。土そのものの素朴な表情と中塗り土の重厚感の土壁をお探しのお客様、中土(なかつ)をお使い下さい。≫淡路土の中塗り仕上げ材、(中土(なかつ))をお勧めします。

      テーマ:
  • 01Sep
    • 淡路島の土壁!本物の土壁、やすらぎにしか出来ない本格仕上げ。

      土屋重吉ONLINESHOPがお勧めする究極の塗り壁「本土壁やすらぎ」は如何ですか?≫土屋重吉の本土壁やすらぎはこちら・・・やすらぎは、淡路島の「土」と「藁」と「砂」と「海藻糊」だけで作った100%自然素材、江戸時代から続く本物の土壁です。 土壁の素朴な風合いと、藁の入った表情は、樹脂やボンドを使った製品には絶対に表現できない表情を見せてくれます。≫安全で安心、本物の土壁で住宅を仕上たいお客様は・・・ 淡路土「粘土」が固まる力で硬化するやすらぎは、自然素材100%の建材です。   土壁は、塗り付けて押えるというよりも、表面の水分を「撫でる」という技法で、鏝波を消していきます。茶室などに使う高度な技術になると、ライトを点けて肌を見ながら仕上ていきます。和室だけでなく、「和モダン」住宅にも使える土壁、やすらぎは如何でしょうか?≫土屋重吉本格土壁、やすらぎはコチラ・・・ 土壁製品なら何でも揃う、DIYから本格プロの左官仕事までサポート!土屋重吉ONLINESHOPは↓重吉製品は、アマゾンでも販売中!----- NEWS -------------------------------------------------------土壁漆喰の総合メーカー、近畿壁材工業のホームページがリニューアルしました。http://www.kinkikabezai.com/

      テーマ:
  • 06Aug
    • 淡路の土壁が【本土壁やすらぎ】になりました!!

      淡路島の土を使った100%自然素材の土壁「本土壁やすらぎ」が重吉ONLINEショップに登場です。本土壁やすらぎは、淡路土と砂と藁すさと海藻糊で作った昔ながらの土壁で、海藻糊が入っていることから「糊土(のりつち)」とも呼ばれています。樹脂やボンドを使わない100%自然素材の土壁は、素朴で他には無い表情の製品です。◇この度、自社サイトとアマゾンに商品を登録しましたので、お買い求めやすくなりました。下記バナーよりご覧下さい。やすらぎに使われている厳選素材はこちら・・・色は、淡路土そのものの色を利用した5色展開です。お好みの色をお選び下さい。現物の塗り見本が必要なお客様は、下記より資料請求が可能です。≫本土壁やすらぎの資料請求はこちら・・・≫本土壁やすらぎのカタログは、こちらからご覧頂けます。   

      2
      テーマ:
  • 01Aug
    • 使えるねぇ~重吉推奨道具!100メッシュ篩新発売

      土屋重吉使えるね道具シリーズ!から新発売。100メッシュ開き目の篩が登場!直径約30cmと小ぶりで持ちやすい7cm幅、古代漆喰を通して磨き用のノロを作ることができます。もちろん、磨きノロを作る以外にも、市販の顔料を通すことで、色飛びの少ない顔料を作ることも出来ます。こんなに細かい篩いはあまり使うことがないとは思いますが、1つあると何かと便利なのではないでしょうか?土屋重吉NLINESHOPはこれからも現場で役立つマニアック商品を提供します。≫100メッシュ篩が欲しい方は・・・こちらからご購入頂けます。

      テーマ:
  • 25Jul
    • 真砂コン土間【1㎡セット】登場!!

      ついに登場!真砂コン土間仕上げが使いやすい1㎡セットになりました。真砂コン土間1㎡セットご購入はこちら・・・真砂コン土間仕上げは、淡路真砂土を主成分とする土間たたき材料で、少量のセメントで高い強度を出すことが出来る製品です。主な特徴としましては、暑い夏場での表面温度が、コンクリートやアスファルトとは違い低く、ヒートアイランドの抑制に効果的です。≫真砂コン土間仕上げの表面温度に関するブログ今までは、真砂コン液のみの販売でしたが、各地の土の粒度や成分の違いから、セメント量などの微調整が必要なこともあり、お客様よりセット販売の要望が多くなり販売致します。※1㎡セットではなく、真砂コン液のみの購入は、下記バナーよりお買い求め下さい。真砂コン土間1㎡セット内容は・・・【1㎡セットに含まれるセット内容】□ 真砂コン液1L:1本□ 真砂土20kg:4袋□ 真砂コンバインダー30g:1袋□ セメント14kg上記を1セットとしてお送りします。真砂コン土間1㎡セットご購入は・・・施工は、60㎜厚、よって歩行用につき駐車場には使うことが出来ません。------------------------------------------------------------------サンプルお問合せは・・・------------------------------------------------------------------≫「真砂コン土間1㎡セットサンプル希望」 コチラよりお問合せ下さい。

      テーマ:
  • 21Jul
    • 中土(なかつ)と真砂コンのコラボレーション!! 土壁タイルを作った!

      土屋重吉ONLINESHOP1番の売れ筋商品、中塗り土の配合品「中土(なかつ)」をご存知ですか?「え!まだ知らない?聞いたことも無い?」申し訳けありませんでした、マニアックな物ばかり売っている弊社。。。悲しい事に知名度がビックリするぐらい低いことに気付きました。すいません。というわけで、水で練ってすぐに塗れる「土」と「砂」と「藁すさ」だけで出来た100%自然素材の本物の中塗り土中土!中土(なかつ)をご購入後検討の方は・・・で、この中土を利用して土壁タイルを作るのですが、土は残念ながらそのままでは雨などに弱く、強度もありません、そこでお勧めが、土をセメントで固める薬品、「真砂コン液」。真砂コン液を使って、中土を強化してみます。本来、真砂コンは、土間たたき用の材料ですが、塗り壁にも応用で使うことが可能です。まず、中土10にセメント1~2程度入れ空合わせします。真砂コン液と水を入れ練ります。練った材料を型に入れて4~6時間程度、乾燥させます。※完全に固まらないように注意して下さい。ワイヤーブラシで表面を掻き落とします。中土の藁すさがピンピン立つのでバーナーで焼きます。焦げ目がつきますが、刷毛で払えば綺麗に取れます。完成!このように、土を固めることが出来る真砂コン液の応用で、水にも流れない強度のある土壁タイルの完成です。 土を固める真砂コン液をご購入のお客様は、下記リンクよりご購入下さい。 マニアックな、塗り壁製品をお買い物!「土屋重吉ONLINESHOP」はこちら・・・

      テーマ:
  • 18Jul
    • 夏だ!暑いぞ!糊を足せ!~メチルセルロースは夏場の強い味方

      梅雨が明け、全国各地猛暑が続く中、現場での作業お疲れ様です。こまめな水分補給で、熱中症にご注意下さい。こんな暑い日は、左官仕事も本当に過酷です。下地も暑くなり、練り水「水道水」も高温、まさに塗り付けた瞬間にドライアウトするような状です。冬場の凍ても大変ですが、夏場の急激な乾燥にも頭を悩ませているのではないでしょうか?さて、そんな急激乾燥に役立つアイテムとして、左官材料では「糊(のり)」を使います。漆喰では「海藻糊」、モルタルや珪藻土壁では「MC(メチルセルロース)」などがよく使われるのではないでしょうか。≫漆喰壁に使われる粉末海藻糊はこちら・・・ご購入は、そこで、今回お勧めの左官材料は、夏場の強い見方!海藻糊より高性能!【メチルセルロース】を2種類ご紹介致します。まずは、【汎用品】です。汎用品は、一般的に市販されているMCと同じ粘性で、使いやすいタイプの糊です。お徳用の大袋で販売しておりますので、夏場の糊足しにお役立て下さい。ご購入は、下記のバナーをクリック!次に、新製品でなかなか一般的には手に入らない【高粘品】です。高粘品は、少量の添加量で粘性を上げることが出来、あまり糊の成分に邪魔されたくないが、粘性を上げたい時に使える【糊】です。お徳大袋の販売なので便利です。夏場のドライアウト防止や砂漆喰などの粘性増強にお役立て下さい。「お!これは便利!と思ったら・・・・」メチルセルロース高粘品!を購入。重吉自社サイトでも購入可能です。マニアックな左官材料をお探しの方は・・・・クリック

      1
      テーマ:
  • 14Jul
    • 本格土壁で仕上る!淡路の土壁で和モダン空間~

      淡路の土壁は、淡路島の土と砂と藁と海藻糊だけで練り上げた100%自然素材の土壁仕上げ材です。この土壁の歴史は古く、日本建築の和風住宅に多く塗られていた「糊土(のりつち)」・「糊差し(のりさし)」などとも呼ばれている仕上げです。淡路島の素材にこだわった、100%昔ながらの素材で作った自然素材「淡路の土壁」をご購入のお客様は!土壁だからといって和風住宅だけではありません。このようなセミナールームや会議室!事務所や応接室なんかにも利用出来ます。もちろん、老人ホームやホテルなんかにもデザイン次第ではピッタリの仕上ですね!こんな本物の土壁空間をお探しのお客様は、是非!淡路の土壁をお使い下さい。色目は5色、サイズは、9kg入りと18kg入りからお選び頂けます。淡路の土壁が欲しい方は、下記よりご購入頂けます。土屋重吉ONLINESHOPもちろんアマゾンでも!

      テーマ:
  • 12Jul
    • 砂壁をオリジナルで作ると面白い!~パワーサンド樹脂の使い方!~

      砂壁(すなかべ)をご存知ですか?じゅらく壁などと同様結構歴史ある壁なんです。「砂壁」と言うぐらいなので、砂(骨材)を何らかの「糊(ボンド)」で固める結構単純な構造の塗り壁なんです。まだ、ボンドや樹脂がそんなに普及していない頃は、「海藻糊」と砂を混ぜて塗ってたので、強度もあまりなく、ポロポロ落ちる・・・よく皆さんの子供の頃のイメージで、「土壁がポロポロ落ちる!」と思っていますが、意外に砂壁やじゅらく壁かも知れませんね。そこで!「化学の力!」「塗り壁の技術革新!」「未来へ一歩」へ砂壁のボンド登場です。  この「パワーサンド樹脂」を使えばこの砂壁がボロボロせず、尚且つ外壁にも塗れます。濡れている砂(骨材)でも壁に出来る優れものです。※パワーサンド樹脂、上記サイトで購入できます。例えば、普通の砂「みじん砂」で砂壁を作ってみると・・・みじん砂2.7リットルにパワーサンド樹脂1kgを入れます。適当に水を入れながら練ります。藁すさを入れてデザインを変えます。※入れなくてもいいですが、じゅらく壁風に入れてみました。塗ります。少し軟らかく練ったほうが塗りやすいかな完成!パワーサンド樹脂を使えばいとも簡単にただの砂が塗り壁に変わります。しかも、外壁にも使える凄い材料なんです。ちなみに!こんな仕上もできますよぉ~☆ ゼオライト壁、ゼオライトをパワーサンド樹脂で塗りました。☆ 珪藻土壁、珪藻土の粒をパワーサンドで塗りました。☆サンゴ壁、サンゴをそのまま塗りました。☆ほたて壁、ホタテの殻をそのまま塗りました。☆白い壁、寒水石をそのまま塗りました。如何ですか?面白いでしょ「パワーサンド」これでオリジナルの砂壁が簡単に作れますね!ちなみに、パワーサンド1kgに砂は2.7リットルの配合でOKです。硬さは水で調整して下さい。内外装使える砂壁ボンド、「パワーサンド」買ってみてはいかがですか。

      テーマ:
  • 07Jul
    • 茶室に使える土間三和土【重吉たたきが登場!】

      昔ながらの土間三和土(たたき)「重吉たたき」の発売!最近人気の土間たたき、でもまだまだ皆さんがお使いの土間たたきは、セメントを使って固める土間たたき風材料が主流のようです。「セメント系?」って普通たたきはセメントで固めるんじゃないの?とお思いの方も多いようです。では、まずは、昔ながらの土間たたきについて少し触れておきます。興味の無い人は飛ばしてしたのリンクから購入してくださいね!昔ながらの土間たたき・・・?たたきは、土と消石灰と天然にがりを混ぜ合わせた主に「土間」に使われた土をコンクリートのようにカチカチに固める工法です。セメントの無い時代より続く工法で、住宅の基礎や井戸の枠、用水路などにも使われた工法です。版築土塀なども同じ工法で作られる土塀の一種です。≫真砂コン液を使った版築土塀など・・・いつの時代からこのたたき工法が行われていたかは知りませんが、中部地方から九州まで広い範囲で使われていたようです。漢字で書くと「三和土」・・・当て字でしょうね!「土」と「消石灰」と「天然にがり」の3つの素材を合せて、「三和土」さんわ⇒たたきとなったという説もあります。主成分となる土は、各地の特徴を生かし粘性のある【たたき土(淡路)】のような、花崗岩が風化したものが用いられ、京都では深草砂利【たたき土(深草)】や【本白川砂】などの山砂利が利用され、名前もその地方から『淡路たたき』や『深草たたき』などと言われるようになりました。≫本白川砂をお探しのお客様は・・・近畿壁材HPリンク三和土は主に土間に使われることにより、古民家の犬走や土間など多く用いられてきました。施工後は、セメントとは違う柔らかい感触と、長年使用することにより現れる苔なども実に風流で、独特の味わいを持っていることから茶室を使う茶人にも親しまれています。仕上げのバリエーションも豊富で、犬走には沓脱石や、鉄平石などを敷き、化粧用の砂利の配列や、洗い出しなど好みに応じた仕上げが出来るのも大きな特徴です。施工は表面をたたき締める為、乾燥収縮も少なくクラックなども比較的軽減させることが出来ます。内部においても、台所などの土間によく利用されていましたが、梅雨時期などの湿気を土が吸収し、逆に乾燥期には適度な湿度を放出し、透水性もあり夏涼しく、冬は温度低下を防ぐなどの作用もあります。しかし、良い部分だけではありません。コンクリートや、セメントを利用しない為に強度は低く、長年使用することにより人の良く通るところは良く減り、表面が凸凹になるという欠点があります。(人のよく歩くところは、飛び石などを伏せこみその上を歩くようにし、砂利を多く入れることで、強度を上げるなど工夫されています。※古民家の土間などでボコボコになっているのは、もちろん経年変化もありますが、当時高価であった消石灰の量が少なかったり、二和土(土とにがり)と言われる消石灰が入っていない場合もあります。)たたきの土について・・・≫たたき土(淡路)10kg ご購入はこちら・・・たたき土(淡路)は、主に淡路真砂土と呼ばれる花崗岩が風化しできる砂利混じりの土(粘土)に砂や粉土を配合し作ります。≫たたき土(深草)10kg ご購入はこちら・・・たたき土(深草)は、京都の深草地域で産出した深草砂利を利用しております。たたきの天然にがりについて・・・≫天然にがりご購入はこちら・・・硬化補助剤として利用する天然にがりは、海水から塩を取るのに、海水の水分を蒸発させ濃度を濃くしていき塩を結晶させて取り出した残りの液体のことで、豆腐の凝固剤としてもちいられております。※最近は少なくなっているようです。主成分は、塩化マグネシウムですが厳密には「塩化マグネシウム」と記されたものと「粗製海水塩化マグネシウム(塩化マグネシウム含有物)」と2種類あります。塩化マグネシウムは、塩化マグネシウム含有物を精製して塩化マグネシウムの純度を上げたもので、凍結防止剤やグランドの防塵剤などに利用されます。塩化マグネシウム含有物または粗製海水塩化マグネシウムとは、いわゆる天然にがりのことです。どちらもにがりとしての表記は認められていますが、重吉ONLINESHOPでは、本物の「天然にがり」を使用しております。これらがセットになった商品「古民家のたたき1㎡セット」を販売しております。本格的な土間たたきに挑戦してみたい方は、いかがでしょうか?少しは、昔ながらの土間たたきにご理解いただけたでしょうか?「ちょっと興味が湧いてきた!」「一度自分でやってみよう!」という方は、土間たたきをお楽しみ下さい。

      テーマ:
  • 03Jul
    • 漆喰用麻すさ「白雪すさ」が4つのサイズで登場!

      本漆喰をご自身で作られる方も・・・・既調合の漆喰の「麻すさ」の量にご不満の方も・・・・土屋重吉ではこれらお客様の声に対応し、様々なすさをご用意しております。今回、ご紹介するのは、「麻すさ(白雪すさ)」です。日本の伝統的な漆喰と言えば、「麻すさ」ですね!もちろん姫路城の漆喰にも使われております。今回、この白雪すさを4種類のサイズでご準備致しました。4種類の白雪すさをご購入は・・・サイズは、4種類通常白雪すさは、長いほうが割れ難いとも言われています。ただ混ぜにくいのが欠点で、その欠点を補うのが短いサイズになります。こだわりのお客様では、3㎜と10㎜を混ぜる方もいらっしゃいます。皆様も、白雪すさのサイズ使い分けで自分好みの漆喰壁に挑戦しては如何でしょう?==============================================================================土壁・漆喰壁の素材が揃う!≫土屋重吉ONLINESHOPはこちら・・・

      1
      テーマ:
  • 02Jul
    • 土壁を石膏ボードに塗る!「土プラ」が凄い!

      土壁の仕上げ材は、漆喰や珪藻土同様に自然素材で人気です!土屋重吉でも「淡路の土壁」という古民家に使える土壁仕上材をラインナップしております。淡路の土壁を買うなら・・・淡路の土壁は、淡路島の土、淡路島の砂、藁すさ、海藻糊だけで作った100%自然素材の、昔ながらの土壁です。海藻糊で練り上げた土壁なので、京都などでは「糊土(のりつ)」とも言われている仕上げ材です。本題に入りますが、「この本物の土壁を石膏ボードに塗ってみたい!・・・」「でも、ボンドも樹脂も入っていない土壁を石膏ボードに塗るのは難しい?」そんなお客様のニーズにお応えするのが、今回ご紹介する「土プラ」です。※土壁を石膏ボードに塗る場合の下地にお困りではありませんか?そんな要望にお応えする土壁用下地材が「土プラ」です。日本の伝統文化「土壁」と現代建築「ボード下地」の融合を実現する土壁専用の下地材です。石膏ボードに本物の土壁「淡路の土壁」を塗りたい場合は、本品をお使い下さい。●土壁用ボード用下地材土プラはこちら・・・使い方は、簡単!ボードのつなぎ目を補強して・・・・パテ代わりに土プラをしごき塗り・・・全面に土プラを塗って完成!【練り方は?】加水量は1.3リットル、水、約1リットル入れて固練りし少しづつ加水しながら混ぜます。塗り壁材料は、固練りで辛抱して混ぜればダマになりにくくなります。土壁専用下地材【土プラ】は如何ですか?便利な下地材ですよぉ~ご購入は・・・・もしくは、自社サイトをご覧下さい。

      テーマ:
  • 30Jun
    • 古い土壁の補修、内部を固める土強と表面を固める表面強化材!

      土屋重吉ONLINESHOPは、古い土壁の補修材料に力を入れております。以前紹介した【浸透性土壁強化剤:土強(どきょう)】≫浸透性土壁強化材【土強(どきょう)】はコチラ・・そして今回紹介する土壁の表面を固めるボンド!【土壁表面強化材】もちろん、上記②商品の成分も使い方も用途違います。両方使うことでより良くなります。では、上記2つの土蔵補修用材料の違いを解説します。   土強(ドキョウ) 表面強化材 用途 古い土壁内部を固める 古い土壁表面を固める 容量 1リットル 4リットル 施工面積 約1坪(3.3㎡)1回塗布 約1坪(3.3㎡)3回~4回塗布 成分 溶剤系 水性 下地 乾燥下地 濡れていてもOK 道具 ローラー、刷毛 ローラー、刷毛 もちろん、状況により使い分けるわけでどちらかでかまわないですが、まずは、土強で内部を固め、次に表面強化材で表面を固めればより完璧ですね!皆さんも、2つの商品を使って、古い土壁補修如何でしょう!土壁の強化が完了すれば、次は中土(なかつ)で表面を整えて下さいね。

      1
      テーマ:
  • 28Jun
    • 配合した中塗り土は、使いやすい!【中土】

      「重吉ファンの皆様こんにちは!」もう、最高に使いやすい「配合中塗り土【中土】」はお使いですか?そもそも、中塗り土は、土と砂とすさを入れて自分で配合する材料でしたが、最近のお客様の声で、地元に土屋さんが無い・・・配合がわからない?・・・すさが無い・・・自分で作ったら割れた・・・etc...「だから、重吉さん作ってよぉ~」という声にお応えして作りました。完成後は、様々なお客様にお使い頂きご意見を頂きました。自慢じゃないですが・・・・「塗りやすい!」と言うありがたいお声が多く寄せられました。素材は、淡路土≫土を買うなら土屋重吉!わらすさ≫藁すさ買うなら土屋重吉砂≫砂を買うなら土屋重吉だけなのに・・・絶妙な配合のようです。❤欲しくなりませんか?自然素材100%の昔ながらの中塗り土に皆さんも挑戦してみては如何でしょう!----------------------------------------------------------------------土壁・漆喰・土間たたき製品が買える!土屋重吉ONLINESHOPはこちら・・・

      テーマ:
  • 27Jun
    • ウルトラソイルが、重吉ONLINESHOPに登場!

      土間たたきの決定版、現代風土間たたき「ウルトラソイル」が土屋重吉に登場!ウルトラソイルは、淡路土や淡路砂などを配合した、高強度の土間材料です。モルタル上に練って鏝押えを行い、スポンジで表面のノロを拭くだけで土間たたき風の床を作ることが出来ます。昔ながらの土間たたきのように、表面がボロボロになることもなく、固く強度があり、店舗や玄関土間などにお使い頂けます。早速詳しい商品情報を見たい方は、下記バナーよりご購入頂けます。また、この度新色が登場!!土間たたきではあまり無い洋風の色を追加し、益々使用箇所の幅が広がります。新色:珊瑚(さんご)赤系の赤煉瓦色の珊瑚は、店舗や公園のアプローチにお勧め!また、これも珍しい白の土間新色:真珠(しんじゅ)白なので市販の顔料等を使えば、様々な色に着色できます。≫塗り壁用の着色材を買うなら・・・壁カラーそれ以外にも、今までのの3色を合せて、計5色新しくなった土屋重吉のウルトラソイル是非ご購入下さい。

      テーマ:
  • 26Jun
    • 重吉たたきやウルトラソイルだけじゃない!真砂コン土間仕上げは版築も出来る硬化剤!

      赤色の怪しい液体!「真砂コン液」は如何でしょう!最近、世間では土間たたきブーム、しかし、石灰とにがりで作る土間たたきは難しい・・・そんなお悩みを持つお客様にお勧めなのが、「真砂コン土間仕上げ」です。以下のサイトからご購入頂けます。まずは、色ですが、これはもともと無色透明、現場での間違いや混乱を防ぐ為に食紅で着色しているだけなので心配しないで下さい。それでは、本題・・・・そもそも、真砂コン液は、有機物をセメントで長期的に硬化安定させる薬品として開発されました。その原理を応用して、弊社は真砂土(有機物)とセメントを硬化させ、土間材に使っています。ま、昔ながらの土間たたきの土と石灰とにがりで言うにがりの代わりみたいなものですね・・・施工は、土間モルの要領で、土とセメントを空合わせした後水と真砂コン液で練るだけです。その後、下地に流し込んで鏝で押えます。ピンコロや玉石を入れて仕上る事も出来ます。たたき風に仕上るには、最終スポンジで拭き取って頂ければたたき風にも仕上がります。景観の用水路や・・・版築塀など・・・土間たたき以外にも色々使える「真砂コン液」は如何ですか?

      テーマ:

プロフィール

土屋重吉ONLINE SHOP

お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
土屋重吉 淡路島の土壁販売! 淡路島の土を使った製品を販売しているONLINESHOP どこにも無い...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス