今日から何回かに分け、前の冬に横浜へ行ってきた話をする。700系新幹線引退のニュースを聞き、新幹線嫌いだった私にしては珍しく往復とも新幹線を使う。

※ここで挙げた700系引退記念商品は全て販売が終了しています。


1年ぶりに新大阪から新幹線


東京・横浜へ行く用事が出来た。当初はヒコーキで行って渋谷のホテルに泊まる予定だったが、700系引退記念フェアを聞くと久々に新幹線に乗りたくなった。そこで、東海道新幹線に乗りに新大阪へ。ここから乗るのは久々でワクワクする。




車内販売もいいが、売店「デリカステーション」であるものを買ってからホームへ上がる。

さすがにやってきたのはN700系。ノーマル700系は私の予定と逆の動きをしており、東海道新幹線では乗れる見込みがなかった。
車内に入ると、新大阪を出て直ぐに車内販売が来たので早速使う。これの話は食後に。


そして、令和の時代と言うのに、これと別に弁当のカゴ販売もワゴンの後を追っていく。さすがはお昼時だ。どれだけ売れたかは分からないけど。




ありがとう700系新幹線弁当を食べる

今回の旅の主役はこれだ!

「ありがとう700系新幹線弁当」である。管理人は700系と同年代。このお弁当のメインターゲットらしき子供たちよりも700系には馴染み深い。


中身は鶏そぼろと鮭のおむすび、ウインナー、唐揚げ、ポテト、やきそば、しばづけ、ゼリー。


何の変哲もないお子様ランチは流石に食べられないが、新幹線の車内で大好きな700系の箱に入ったものを食べると美味しい(*´ч`*)


ただ、1280円もしたので700系の箱は有効活用しないと…



因みに奥に写っているペットボトルも700系デザインの特別なミネラルウォーター。これとありがとう700系新幹線弁当は車内販売での扱いはなく、一部の駅売店(デリカステーション等)での限定発売だった。




車内販売のピスタチオアイスを食す
さて、京都を出る頃、先に買っておいたデザートをいただく。先に買っておいたと言っても、これはきちんと(?)車内販売で買った。前述の通り、食前にワゴンが来たのだった。



700系引退記念ホットコーヒーもあるのだが、車内はとても暑い。そちらはまたの機会として、季節外れのアイスコーヒーにした。


ピスタチオアイスは700系引退とは関係なく単に季節のメニューで、口に合わない方もいるそうな。しかし、抹茶アイスやバニラ味などとは違った味わいがある。

歯にピスタチオが詰まり易いのだけは残念だが、またこのあとも食べたいと思った。



それにしても、車内放送で「インターネットからメニューがご覧いただけます。のぞみ 車内販売とご検索ください」と伝えてくれるのは、本当に助かる。使うつもりがなくても覗く人がいるかもしれないし、使うつもりでもワゴンが来る前に何を買うか決められるのはいい事だ。英語放送でも同内容があった。


さて、名古屋で隣の席の方が入れ替わる。やはりここは日本第3の大都会である。


気にせず用事を済ませていたら、なんと別の車両で倒れた方がいて、ドクターコールがあった。静岡県内で緊急停車するかと思ったが、そのまま進む。







さて、富士山にも目をくれずあっという間に目的地へ。新横浜で私が降りたところ、その方も無事新横浜で降りたようだ。よかった。


一旦ホテルでチェックインし、横浜市営地下鉄に乗る(続く)