明後日から渡韓なのに一切準備をしていない大阪、神戸からほど近い西宮市・JR甲子園口駅近くのフラワーケーキ教室、きんぎょお菓子教室です。

 

 

フラワーケーキを作ったあと、どのくらいの色付き餡やバタークリームが残っていますか?



私はレッスンの後、いつももう一個フラワーケーキが作れるのでは!?というくらいクリームを余らせていました。


余ったクリームは練習に使ったり、ほかのお菓子に使ったりなんとか消費はするのですが、ないに越したことはないですよね。


そんな悩みが、最近は随分なくなったんです。今はレッスンが終わったあとの余りのクリームは以前の1/3に減りました。


なぜかと言うと・・・


カラートーニングの知識を身につけたから!



例えばこれ。
左の色合いが生徒様のご希望。

右が左の配色を参考に色作りをしたもの。 

目指す色を作り、なんだったらもっと自分好みにしたりして。



フラワーケーキでは、色々な色を作り、お花の種類ごとに色付けしたりします。色を一から全部作るとなると、色数が多ければ多いほどロスが増え、余分なクリームが大量にできてしまいます。



でも、これを一つ作った色の余りのクリームを使って次の色を作ることができれば、クリームのロスは最小限に抑えられます!色素も少なくて済みますね。



私はカラートーニングのレッスンを韓国で受けてきました。


その道の専門家があんクリームの食用色素での色作りに落とし込んだ理論です。しかも、簡単に色作りができるように先生が考案した方法です。


本当に目からウロコの理論でした。


なぜ茶色でのトーンダウンは暖色系に向くのか。

なぜ黒色でのトーンダウンは寒色系に向くのか。


なぜ茶色でのトーンダウンは万能ではないのか。



とっても得した気がしました。


これは、あんクリームだけではなく、全ての色作りに応用できるからです。



しかもずっと!





カラートーニングのレッスンでは、色作りの基本をお教えしています。


この基本をもとに、色の展開を自由自在にして下さいね!






きんぎょお菓子教室のレッスン情報、韓国旅情報などを配信します!
お問い合わせなどもこちらからどうぞ


友だち追加

うまくリンクできない方はID検索をお願いします。

ID      @mbt9413s