英語学習アドバイザー | BLOG of Kings Park(キングスパーク)

BLOG of Kings Park(キングスパーク)

静岡市内にある English School です。
英語・英会話はもちろん、異文化や国際交流に興味を持っていただけるよう、楽しくレッスンする事をモットーにしています☆

Let's have fun with me ^^♪


テーマ:

Hi, how are you doing?


I'm OKグッ

 

 

今日は、ある資格についてのお話ですクローバー

 

 

資格マニア(おそらく20位持ってる・・・グラサン) の私が持っているものの一つに、

 

ひらめき電球英語学習アドバイザーひらめき電球があります。

 

これは、自分でお教室を始めてから知って、取得したものです。

 


先日、無事に更新取得(4年に1度の更新が必須)ができ、ホッとしています口笛

 

 


英語の資格というと、

英検やTOEIC、TOFELが聞いた事のある人が多いと思いますが、

『英語学習アドバイザー』 こんな資格もあるんですね。

 

スピーキングインタビューテストによる語学力が求められるものの、

他上記3つと大きく違うのは、

『人にアドバイスする、人をフォローする』立場にあることが前提での資格なんです。

 

学生の頃、教科はそれほどでもないのに、先生が好きだから授業が嫌いではなかったり、

その逆で、教科は好きなのに先生との相性が良くなくて授業が嫌いだったり・・・

なんて経験はありませんでしたかはてなマーク

 

私はありました(笑)

 

どうやって、何を使って、教えてもらえるのか、


できた時、わからない時、どうフォローしてもらえるのか、

やる気が大きく左右され、先生の存在ってとっても大事ですよね!!

 

この資格は「指導」ではなく「アドバイスやフォロー」に焦点を当てています。

 

 

 


今回私は課題レポートで、

小学生の英語教育の在り方について論じましたが、

小学生いやもっと低年齢のお子様から、習い事として始める方が増えていますよね。

 

私自身、幼稚園の頃に習い始め、以来ずっと続けている英語大好きラブラブ人間としては、


人々の関心の高さも、英語教育の早期化もとっても良い音譜と思うのですが、

 

学校外でせっかく通わせてあげるのであれば、

 


お子様本人のやる気 を何よりも大切にしてもらえたらと思います爆  笑爆  笑

 

小さなお子様ほど、楽しく学べる事が大切だと私は思いますニコニコニコニコ

 

 

小学校、中学、高校と、選択の仕方では短大や大学でも英語は求められます。

 

ながーいお付き合いですから、嫌いにだけはなって欲しくないビックリマークですねウインク

 

 

 

See ya,

                                                  Chika  王冠

キングスパークさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス