男性のかつらと女性のかつらでは

ワケが違いますよね。

 

 

 

私♀は20代の頃

たまにかつらをつけていましたが

それはコスプレといいますか

今日はスカートにするか、ズボンにするか

くらいの感覚で

あまりロングが似合わなかったので

ショートにしてたけどたまにはロングにしたいから

という理由でロングのかつらを使用していました。

やっぱり似合っていませんでしたが。

 

 

 

この場合、’’かつら’’というより

’’ウィッグ’’という方が適切な感じがしませんか?

それって

ヘアアートって言うのか、ヘアタトゥーって言うのかの違いと似ていて

感じ方の問題だけなんですよね。

 

 

 

 

同じものなんだけど、感じ方が違う。

私の感覚だと、

’’ヘアタトゥー’’は刻印のような、頑固に消えないイメージ。

’’ヘアアート’’はおしゃれで気軽にできちゃいそう♪なイメージ。

どのように受け取ってほしいかで、

発信する側が言い方を変えているだけなんです。

 

 

 

さて今日は

私も大好きな’’かつら卒業’’の例です!

かつらを取る時の爽快感たるや、すごいんですよ。

だからかつらを卒業するって、

毎日被っていた方にとっては

恐怖もあると思うのですが、

その爽快感を思い浮かべると

かつら経験のある施術者としても気合が入ります。

 

 

 

 

大体の方が、かつらのままカウンセリングにいらっしゃいますが

たまにかつらをとって既に頭を丸めた状態でいらっしゃる方もいます。

ご自身のタイミングで、お好きな方で来ていただいて大丈夫です。

 

 

image

↑左がかつらをとった状態

  右がホウズにしてヘアアート後の状態↑

 

 

この方は白髪が30%くらい満遍なく分布しています。

インクは少し入りにくい皮膚でしたので、

白髪があるくらいが丁度良かったと言えます。

もしも白髪がなくて、インクも入りにくいとなると

(最高の結果を求めるのであれば)スキンヘッドが望ましいとなっていた可能性もあります。

 

 

 

 

かつらをやめて坊主にしてスッキリ!

ご家族にも大評判だったそうです!

 

 

 

 

 

かつら卒業のその時が来たら・・・

ぜひヘアアートクリニックSPJにお気軽にご相談くださいスマホPC