薬の副作用とHAIR LOSSのお話 | 王様のあたまはハゲてない!?-フサ坊主への道ー

薬の副作用とHAIR LOSSのお話

 

HAIR LOSSを改善するたくさんの医薬品が市販されています。

医薬品全般に言えることですが、どの薬剤にもなんらかの副作用があり、

予めその効果と副作用のバランスを考慮して摂取することが大切です。

 

 

 

代表的なものとしては抗がん剤の治療時に見られるアナゲン脱毛があります。 

詳しくは下記のリンクに記述されていますが、

これはアロペシアの一種で毛包の代謝が抗がん剤の毒性により炎症を起こすことで毛髪のシャフトに悪影響を及ぼすものとあります。

分裂が活発な毛母細胞は抗がん剤の影響を受けやすく、脱毛は細胞分裂の活発な成長期に影響を受けます。

 

Anagen effluvium is a form of nonscarring alopecia commonly associated with chemotherapy. In this disorder, affected anagen hairs suffer a toxic or inflammatory insult, resulting in fracture of the hair shaft.

 

arsenic, bismuth, thallium, boric acid, gold or colchicin

などの過剰投与でも見られるものです。

https://www.news-medical.net/health/Medications-that-Can-Cause-Alopecia-Hair-Loss.aspx

 

 

.市販されている医薬品でも副作用として脱毛を起こすものには多くの種類が知られています。

基本的なアスピリン一つをみても、薬の組み合わせや体調により脱毛を進行させてしまう可能性を秘め、

副作用の度合いは異なり、場合によって深刻な症状を引き起こすこともあります。

ゆえに、初期の段階で気が付くことが必要です。

 

.おそらく、副作用としてはじめに自覚できる症状は消化器官の不調です。

一般的な症状としては吐き気、腹痛、そのほかにも皮膚のかゆみを起こすと報告があります。

日常とは異なる自覚症状がある場合、まず初めに確認すべきポイントが処方箋薬に付属している説明書で、

作用機序や副作用の種類を確認してみうことが求められます。

また、軽度の症状としては皮膚のかゆみや蕁麻疹ですが、

場合によってはアナフィラキシーショックと呼ばれるような重篤な副作用が出てしまい

処方薬の組み合わせで脱毛の引き金となる可能性もあります。

https://www.webmd.com/drugs/2/index

リンク先に処方薬名を入れると主な副作用がわかります。

 

ミノキシジルは本来、血管拡張薬として開発され海外ではRogaine(ロゲイン)として販売されています。

 

また、ミノキシジルは前立腺肥大の薬でもあり、想定外の副作用に脱毛効果があることが判明しました。

 

これとは逆に原因は医薬品が誘発していることもあります。

そのため、薬の副作用や組み合わせによる効能を知っておくことも大切です。

医薬品による副作用では服用中止すると症状が改善することが一般的です。

そのため、HAIR LOSSの症状改善と副作用をみながら段階的に摂取していくことが求められます。

 

Which medications cause hair loss?

 

HAIR LOSSはサプリメントレベルでも発生するものです。

まず、サプリメントではビタミンンAの大量摂取が挙げられます。

Acne medications

One type acne of vitamin A-derived medication, isotretinoin (Accutane) and tretinoin (Retin-A) can cause hair loss. Because there can be other serious side effects as well, you may want to discuss other options with your dermatologist.

上記のような皮膚の以上に関連する医薬品も脱毛を促進させることが知られており、

典型的な副作用がみられた場合は摂取を中止、皮膚科医に相談することが必要です。

そして、医薬品の中で普及率の高い抗生物質。

抗生物質はビタミンBとヘモグロビンの枯渇を促す働きがあり、
血液中のヘモグロビンの値が減少すると貧血状態となります。
これが毛髪の成長を妨げます。
 

 

Antifungals

 The antifungal medication voriconazoleTrusted Source 

抗真菌薬の類も脱毛を誘発することが知られています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24855150

 

Anticoagulants like heparin and warfarin are used to thin the blood and prevent blood clots and certain health concerns in some people (like those with heart conditions).

These medications can cause hair loss that begins after taking these medications for about three months.

ヘパリンやワーファリン錠は心臓疾患を持つ方などに血液凝固を妨げるものとして活用されていますが、

3か月程度の継続服用でも脱毛誘発があることが判明しているのです。

 

Cholesterol-lowering drugs 

Some statin drugs like simvastatin (Zocor) and (atorvastatin) Lipitor have been reported to cause hair loss.

コレステロールの値を下げる医薬品にも注意が必要です。

免疫力を制御する医薬品にも脱毛を促す働きがあるようです。具体的にはリウマチや全身性エリテマトーデス(全身性紅斑性狼瘡 などに使われている医薬品が知られています。)

そのほかにもたくさんの医薬品があり、現在服用している薬が該当するかどうかを把握しておくことは

脱毛を予防する上でも大切だと思いました。

下記は普及率の高い医薬品の一部です。

Anticonvulsants

抗てんかん薬の類

Medications that prevent seizures, like valproic acid (Depakote) and trimethadione (Tridione), can lead to hair loss in some people.

 

血圧関連の薬

Beta blockers, including the following, can cause hair loss:

  • metoprolol (Lopressor)

  • timolol (Blocadren)

  • propranolol (Inderal and Inderal LA)

  • atenolol (Tenormin)

  • nadolol (Corgard)

ACE inhibitors can also lead to thinning hair. 

  • enalapril (Vasotec)

  • lisinopril (Prinivil, Zestril)

  • captopril (Capoten)

うつ病治療など精神安定を目的とした薬

Some people who take medications for depression and mood stabilization may experience hair loss. Drugs that may cause this include:

  • paroxetine hydrochloride (Paxil)

  • sertraline (Zoloft)

  • protriptyline (Vivactil)

  • amitriptyline (Elavil)

  • fluoxetine (Prozac)

上記の情報がみなさまのご参考になれば幸いです。
 

If you have any questions, please contact us!!

Web. www.hisjapan.jp
Mail. info@hisjapan.jp