レベル2〜3の施術例 | 王様のあたまはハゲてない!?-フサ坊主への道ー

レベル2〜3の施術例

こんにちは、スタッフのTです。


今回は比較的多い施術例を紹介します。

フロントのボリュームが寂しくなって来たら、頭頂部の髪をフォワードに下ろす様なスタイルを選択する人もいると思います。

ですが更に薄毛が進むと
前髪が長い設定になるので。ピラピラ感が出てしまいます。


その時点で、凄く悩むと思います。
バーコード状態に近くなるからですね。
そこで考えるのは
植毛をするか?・・
潔くボウズにするか?・・・



今回はボウズにして、尚且つヘアタトゥーも選択した方の施術例になります。



ボウズにすると、大体こんな感じです。
(バーコードにはなっていませんでしたが)


フロントラインが若干、上に形成されています。




若い人だと気になる位置関係だと思います。



フロントラインは少し強めな印象のラインを選択し、
1回目の施術に移ります。






施術直後なので、赤みとインクで濃く見えますが、実際はもう少し薄い仕上がりになっていると思います。
(初回から濃すぎる色は選択しません)



この状態を見て本人が「このくらいがイイですね」


この言葉から2回目は、もう少し濃いインクを使用かな? と思いました。


雰囲気は出ているので、とても喜んでいました。



次回に続きます。

興味のある方は検索 「ヘアタトゥーSPJ」