キャロットクラブの募集馬抽選会も終わり残すは非ノーザン系のロードさんを残すだけでしたが、新規募集馬34頭が発表されてました(笑)
気になったのは…
①関西入厩に偏りすぎ(東7頭、西27頭)
なんか意味ありそうだが…
②相変わらずのロードカナロア偏重(14頭)
もうそこまで拘らなくても… 産駒はクラブで走ってないけど…。
③出資関連馬のメンツ
[1]インディアナギャル(牝) 父:ロードカナロア
出資したのは13年産ロードプレミアム(牡)
4年ぶりにダノンからまわってきた今年はカナロア産駒の牝馬…。牡馬で結果でずロード入りかな…⁉️
[2]ヴィーヴル(牡) 父:ドゥラメンテ
母は出資馬にして17年の初仔シベール(牝)、18年産の2番仔ロードフェイロン(セン)にも出資。
ドゥラメンテですか…気性が不安でしかない(笑)
[3]キャトルフィーユ(牝) 父:ロードカナロア
19年産の3番仔サンクフィーユ(牝)に出資してますが、その全妹。また中内田厩舎かな⁉️
[4]デルフィーノ(牡) 父:ロードカナロア
2番仔の19年産ロードブライト(牡)の半弟。
初仔の全兄もやはり走ってませんが…。

やっぱりカナロア産駒ばかりだしヴィーヴルにドゥラメンテはヤバいでしょ…(笑)
今のところ東サラとキャロットで5頭確保したのでパンフレット見て余程でない限り基本的にはスルーするつもりです。