2008-10-30 22:11:15

幸せていうもの

テーマ:さすらいなすび
最近,研修医としてのブログはまったく書くことなく,
ただシンプルにいろんな考え事を徒然に書いてしまう.


「よく幸せになりたい」
「お幸せに」
「幸せになってね~~」

とよくきくが,これは適当過ぎないか!?って考えてしまう.


そもそも幸せって人それぞれによって違うわけだし,
幸せになるって,自分の好きなようになるって意味なのかいな・・・


僕は未だに幸せっていうものが分からない.
幸せが何か分からない人間が幸せになることはまずないと思いますが(^^;


しいて言うなれば,「シェ」の主人公のいうように「淋しさから逃げること」かな.
でもこれは幸せというより,苦し紛れていうのが適切な気がする.


どんなふうになったら,自分はそれから逃げ出せるか分からないし,
結局人間は一人になるんだから,
みんなそれは同じ苦しみのような気もするしね・・・


幸せね~~~
かなり曖昧な言葉だね.



ちなみに日本語辞典で調べると,

①めぐりあわせがよいこと.
②めぐりあわせ.運命


のようですよ.



僕の親友にきくと,
「自分が成長して,周りがかわること」
「1日1日が充実していること」

だそうです.

なるほど~~
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-10-26 00:14:12

シェ

テーマ:さすらいなすび

今日はひさびさに小説を読んだ。
同じ医局の先輩からのおすすめの本なんだけど、
浅田 次郎の「姫椿」ってやつ。


その最初の短編で「シェ」ていうお話。



この部分だけでもいいから、絶対に読んでほしい!!


とのことだったので、50ページ弱読みました。






泣きました・・・(T-T)




よくもまぁ、こんな小説が書けるなぁ~~



淋しくなければ、人間は幸せ


っていう価値観を持つ主人公。
それにどんな展開が待っているのか。
ま、読んでみてください( ̄∀ ̄)ノ"



僕はなんとなく主人公に共感してしまいますかな。
淋しさの奥の深さと苦しさに関しては、人一倍実感しているというか敏感だから。


自分は不幸であるという考えは今はこれっぽちもないけど、
幸せであるという価値観もないです。


幸か不幸かを決めるのは人間自身。実際起きているのは事実だけですから。
淡々と生きていくのが、人間としての仕事だと僕は思います。


淋しさって苦しみがなければ、いくらか楽に生きていけるんだけど。
年をとると淋しさに関して、すごくぜいたくになってくるみたい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-10-19 19:49:33

日曜の夜

テーマ:さすらいなすび
なすびが一週間のうちで一番気持ちが沈む時間帯・・・
それは言うまでもなく「日曜の夜」



ろくに休めずに休みが終わってしまったなぁ~~(ノ_-;)

また明日から戦いの日々が始まるのか・・・( ̄ー ̄;
今週はどんな修羅場が来るんだろうか。



まあ、いろんな思いで日曜の夜を過ごします。
なにかというと気持ちが落ち着かん。
気分がゲロゲロって感じですわ。

きっといつまで経っても、変わらないんだろうけどね。


こういうときは早く寝て、早起きして戦闘のスイッチを一足入れるに限るんです。
おやすみなさい・・・zzz

なんていうか誰にも邪魔されない安息の時間が欲しいよね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-10-13 22:18:33

自転車の修理

テーマ:さすらいなすび
僕の住んでいる地区は結構ぶっそうらしく、
今朝、自分の自転車のタイヤの空気入れの部分が全部外されていた・・・_| ̄|○


 かなり頭にきた!!
(▼O▼メ) ナンヤコラーー!!



よく見るとうちのマンションのチャリ全部がやられている。
先輩の話によるとこの地区では日常茶飯事らしい。


今日は運よく休日らしいので、
ちょっと病院を抜け出して、チャリの修理へ・・・


たまに外の空気を吸うと大変うまい!!
最近はいい塩梅に涼しいのでなおさらだ。


この仕事をしていると、外の世界を味わうことが少ない気がする。
極力外に出るように努力している。



自分の乗っている自転車はもう6年間の付き合いになるかな。


安物のチャリで最初に自転車屋さんに修理にいったときには、
「この自転車はあと1年間しかもたん!!ヽ( ´ー`)ノフッ」
と言われていたが、いろんな思い出が詰まっており、
修理に修理を重ねて、もう長くなる。



さすがに最近はもう分解寸前になっていたので、
これを機に買い換えるかと思ったんだけど、


自転車屋さんがじろじろ自転車をみて、


まだまだかわいらしい自転車じゃないか。
ちゃんと直すから大事にしなさいや~~



と職人風にいって、しゃかしゃか直してくれた。
しかも結構まけてくれた。


なんだかとってもうれしかった。感動した。
自分のパートナーがまた復活した。
買い換えるのは簡単だけど、直すのはとっても難しいよね。


医者も同じ。
人間の命は買い換えることができないから、
少しでも修理されたら、患者さんはとってもうれしいんだろうな。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-10-08 23:07:43

人生山あり谷あり ですかな・・・

テーマ:さすらいなすび
今日も六星占術の本を読んで、学んだことを吟じます!!


まあ、占い自体がエビデンスに基づいていないので、
医者である僕がこれを基に何かを語ることはいかんことなのですが、
思うことがあるわけでヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


この本では大殺界、中殺界、小殺界と人生をいろいろと区分されております。
まあ、どの星の人も平等にそういう時期がやってくるんでしょう、きっと。


この本は大殺界にあるから、嘆きなさいってことを言っているわけではなく、
そのときはそのときに見合った生き方をしなさいよと言っているわけです。


確かに人生に山あり谷ありというのは本当だと思いますよ。
僕は自分らしくをモットーに関係なく、通り一辺倒に生きてきましたわ。


でも、最近ボクはすごい谷に落ちているらしい。



具体的にいえば、
いろいろな話ができていた友達とかと
もう二度と話せなくなるようなことになってしまうことが2、3件ありました。



それも何でこうなっちゃうんかな~~って感じ。
自分が行動すればするほど、悪くなるというか・・・


この人からこんな言葉が!?
(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!


まあ、僕が悪いんだと思います。
きっと僕の言うことすることが歯車に合わず、少しずつ悪くしていったんだろう。


なんていうか、今の状態では、
何をしてもとんでもない方向にいってしまいそうで正直怖い。
こういうときはひっそりと生きたほうがいいんじゃないかって思っています。



僕はこのブログで何回も「孤独」ってことに関して書いてきました。
孤独をすごく憂えてきた。
友達・恋人がいるからっていって消える感覚じゃないんだけど。


でも、最近分かったのは、
僕はなるべくして「孤独」になっているということ。


それは本当は悲しむべきことではなくて、
自分の素直な生き方なんだろうなって。


自分を肯定していうなれば、運命と考えるならば、
人ともう深く関わらず、自分の道を突き進んでいくのが自然な生き方なのかもね。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-10-05 12:44:42

運命

テーマ:さすらいなすび

六星占術の話を昨日書いたんだけど、
自分にとって、新鮮な感じだったのは「運命論」。


水星人は「孤独な人生」を歩みます。
それはしょうがないことなのです。
不幸せかどうかは別として。




まあ、これが自分にとってもしやと思ったのは、

「僕がどうあがいたって孤独から脱出するのは適わない話ってことですか?」

って考え方。


つまり、僕がすごく寂しがりやでなんとかしようとしてきたけど、
それは本来の僕の生き方にはそぐわないということです。


水星人は「孤独な人生」を歩む代わりに、
他の星では達することのできない高みまでいけるみたいです。


六星占術の教えに従えば、
孤独を受け入れ、水星人にしかいけない高みを目指しなさいということになるんだが。
果たしていかがなものか・・・


「今まで頑張れば人生なんとかなる」って感じで生きてきたけど、
この話をきいて、過去を振り返れば、確かにって気もするんだよね。


変に寂しさを紛らわせようとせずに、
切り捨てて、高みとやらを目指してみようかな~~


というわけで、医学の教科書を読み漁っています( ̄∀ ̄)ノ"

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-10-04 21:42:52

水星人

テーマ:さすらいなすび
僕は占いとかていうのにかなり影響を受けてしまう性格で、
つい前まではやっていた「六星占術」をちょっとみてます。


ずばり僕は「水星人(-)」。


しかし、水星人ってなんだかなぁ~~(ノ_-;)ハア…
って感じです。




水星人に与えられているのは、そもそも「孤独な世界」なのです。
このことは、幸せとか不幸という次元の問題ではなく、
そういう運気のもとにうまれたのだということなのです。

ですから孤独とは正反対の「安息の世界」である家庭に安らぎを求めようとしても、
本質的には、それは水星人にはかなわぬ望みなのです。

水星人には孤独な人が多いし、ことに晩年は、淋しい人生を送ることになりがちです。
しかし、孤独な世界に生きてこそ、成功する可能性も非常に高いということです。





確かに僕にはかなり当たっているかもしれんけど、
これはそういう運命に僕が生きているってことでしょうか?
どうあがいても無駄だから、受け入れなさいということ?


なんだかがっかりしてしもうた。



しかも、最近発売された「水星人の平成21年の運命」




平成21年 大殺界




(∴`┏ω┓´)/コラァー!!




なんか年を越す前から希望も光もないではないですか!?
細木先生!!



ま、信じないのが一番です(笑)
占いは時としてこんなことがあります。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2008-10-03 00:13:34

テーマ:さすらいなすび

「前」って漢字。


「前に進む」「前向き」ってすごくポジティブな意味だなぁと思っていたら、


実は「以前」とか過去の意味で使ったりする。




後ろみてんじゃん・・・(^^;)




ちょびっとニヤッとしてしまった。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。