第14回King会「引火注意!厚切りカルビ焼肉」 | King-Hの全てを喰ってやる!
2008-05-10 02:15:10

第14回King会「引火注意!厚切りカルビ焼肉」

テーマ:秘密グルメ倶楽部King会



月に一度、この世の美味いものを喰い尽すために集まる秘密の会…それが秘密グルメ倶楽部King会

0800330-006


報告が遅くなってしまったが、3月度は焼肉だった。

それも以前一度紹介したことがある、某親善大使に奢ってもらった焼肉屋だった!

まずはレバ刺しごま油でいただく!


0800330-001


もちろんユッケもオーダー!

0800330-007


某しゃくれ会員


「これどうやって食べるんですか?」


とうるさいので


「生でそのままだよ。」


何度教えてやっても、信じず中々口にしなかった。

どうやら奴にも自己防衛本能と、学習能力はあるようだ。


しかし覚えておくがよい。

たくさんの嘘の中に稀に真実をちらすことで、嘘が生きてくるのだ。



ホルモンもいただく!久々に参加の某ヒゲ会員も笑顔がこぼれる!

0800330-005




この某ヒゲ会員は普段は多くの人間をかかえ仕事もちゃんとでき、プライベートでもちゃんとしている人間だ。
しかし、某ネットゲーム、FFがからむととたんに駄目人間になる。

以前車移動でのツアーのとき、道案内できるのは店の場所を知っている唯一の人間である、この某ヒゲ会員のみ。
順調にナビしていたが、途中でFFの質問をしてしまってからが大変だった。
1人でトークに熱くなり、基本的に曲がり角を直進したところで


「あ!ここ左!」


と明らかな駄目人間化を魅せつけた。


別件だが、Kingはメッセンジャーを導入しなければならなくなった。
使ったことが無かったので某ヒゲ会員に色々聞いたわけだ。
丁寧に教えてくれて、フレンド登録的なものもした。
結局、当初予定していたところではメッセンジャーは使わなくなったので、結果的にいまだに某ヒゲ会員しか登録していない。

ある週末の夜、チャット状態にあったが突然、


「あ、すみません。これからみんなでモンスター退治しなければならないので…。30分ほどで終わるので後でまた連絡します。」
と。

「いや、別にいいですよ。特にもうたいした用事も無いし。」


「いやいや、そうもいかないので…。呼びかけますよ。」
と義理堅いところを見せ付けた。


しかしモンスターが強いのか、1時間経っても全く連絡が無い
深夜2時を超え、Kingは眠たくなったが起きて待っていた。
結局3時過ぎまで起きていたがすっぽかされた…。
そうとうFFが面白いのだろう、FFを挟むといつも約束を忘れてしまうのだ。

こんなことが数回あった。


週末の夜はモンスター退治という最重要任務があるから、大事な用事は頼んではいけない。


こんなこともあった。
ある週末の夜、KingはPCを立ち上げ、特に用事は無いが久々にメッセンジャーにサインインした。
すでに某ヒゲ会員はサインインしていたようだ。
Kingのサインインが伝わると同時に、なんと某ヒゲ会員のアイコンが


『取り込み中』
に変ったのだ!!


まったく某ヒゲ会員に用事も無かっただけにKingは深く傷ついた…。


そんな某ヒゲ会員は今回は両親のところで用事があり行かなければならないので途中までしか店にいられないということ。
そういえばその日は週末だったが…考えすぎだろう。


そして以前食べたとき、一番印象に残ったのは厚切りカルビだった!


メニューを見ると、あった!

特上厚切りカルビ

0800330-003


オーダーしたが・・・なんか白い!

霜降り?

脂だらけだ!たしかもっと赤身が多かった気が・・・。


あの美味かったのは上だったようだ!あまりにも美味かったので特上かと思っていたが。


炭火である。したがってちょっと脂が多いと肉に引火する。
この厚切り特上カルビはなんと一瞬目をそらしたら火の玉になっていた。
しかも熱くて持って来れない!


この後にを注文した。どちらかというと上のほうが肉肉らしく好みだった。



そして何が腹ただしいって…!

みんなでの食事は基本的に楽しく食べるもの。
そして焼肉はその象徴的なメニューだ。


ちょっと話が盛り上がると、肉が焦げてしまう。
火力が半端無いので、ちょうど良い焼き加減が一瞬しかない!
まるで某モンスターハンターのこんがり肉だ。

0800330-002


そんななか、1人全く会話に参加していない会員がいた。
某料理人会員だ。
最初の一口が美味かったようで、会を楽しむことを一切捨てて、肉を凝視していたようだ。


「また焦げちゃったよー!」
などとKing達が言っている中、そういえばいつも網の上にはすでに肉が一切れなかった。


かまわない。

たしかにかまわない。

そもそもグルメ倶楽部だ。美味しく食べることを優先して何が悪いか。

Kingが言いたいのはそこではない!


なぜ…


なぜに…


「焼けたよ。焦げちゃうよ。」
と一声かけられないのか!!!


どうせ言ってもわからないので泣く泣く暴力という手段に出させていただいた。


ご立腹だったKingは帰りにクレープを買ってもらった。

0800330-011



トライアングルとか言ういちばんゴッツイ奴だ。

0800330-009


何とか某料理人会員は許してもらえたようだ。




第14回秘密グルメ倶楽部King会反省
『楽しい宴で一人黙っている人間がいたら、そいつはきっと何かたくらんでいるなずだ…』

King-Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス