まちゼミ

テーマ:


まちゼミの受付が明日から始まります!

まちゼミというのは、多くの地域で開催されていますが、商店主がそれぞれの知識やスキルを元にお客様に対して講座を開くものです。

少人数スタイルで行うので、一方的な教室よりも距離感が近く、密なコミュニケーションが取れます。

金蝶園でも、本店にて私と若手職人の若園が3コマずつ講座を開きます。

両方とも上生菓子を2個作っていただけますが、私の方は、その後、お茶をしながらお菓子の話をします。若園の方は体験では出来ないレベルの技術をお見せします。



いつもすぐに定員がいっぱいになります。よろしければ本店までお申込みください😊

ふるさと大垣科

テーマ:
数年前から大垣市の小中学校では、月一回の土曜日に「ふるさと大垣科」という地域のことを学ぶ授業を行なっています。

私も金蝶園総本家の社長としていくつかの学校に招かれて授業を行うことがあります。大垣を菓子処にという夢を持っている私としては、こういう授業をさせていただけるのはありがたく、積極的に受けています。

今日は朝、南中学校の子たちが店に見学に来たので、少しお菓子の話をしました。


その後、星和中学校に行って、職業講話を行いました。



今日は、お菓子の話やお菓子屋の仕事の話は少しにして、自分の経験を通じての進路の決め方だったり、夢や目標の話だったり、反面教師的に中学、高校と何をしておけばいいのかという話を中心にさせていただきました。

こういう時、いつもですが、教えることに関してのプロではないので、時間内に全てを伝えるのは本当に難しいなって感じます。

今日は40分という限られた時間の中で、伝えたかったことの7〜8割しか話せなかったかな😣

でも、子ども達は一生懸命に聞いてくれていたし、何か一つでも心に残れば嬉しいです😊

久しぶりのどら焼き

テーマ:
今日は本巣店内の工房で、病欠が出るなどパートさんしかいない状態。急遽代打で工房に入りました。

近々販売を始めるどら焼きが気になり、レシピを探し、聞いていた情報を基に生地を仕込み、焼いてみました。


手焼きで焼くのは多分10数年ぶりでしたが、まあ普通に焼けました。

ただ、なかなか厄介な生地で、オーソドックスなどら焼きとは仕込みも焼き方も違っていました。気になった点や修正ポイントをレシピに書き加えておきました。

今でも毎朝、必ず大垣の工場には入りますが、朝以降は基本的には任せています。数年前までは新商品開発もほとんど自分でやっていたり、任せている場合でも自分でも作ってみたりはしていましたが、ここしばらくは試作品を見てアドバイスするだけになっていました。

実際に作って見ないと分からないところもあるって事、改めて感じました。現場は大事ですね😉