【一歩を踏み出せない自分から卒業!3ヶ月で満たされ派遣女子になる方法】

【一歩を踏み出せない自分から卒業!3ヶ月で満たされ派遣女子になる方法】

将来の不安に惑わされることなく、
自分に自信を持ち、自分の気持ちに素直になり、
理想の自分になるための一歩を踏み出す派遣女子を
応援するブログです。


テーマ:

こんにちは。

 

kaoriです。

 

 

今日は、

これだけは知っておきたい日本の現状!

<後編>です。

 

 

日本の個人金融資産は1,880兆円!!

 

個人金融資産とは、

言葉の通り、

 

個人が保有している

 

現金や預金、株式や債券などの

 

資産のことを言います。

 

 

 

 

日本は

 

この個人金融資産1,880兆円のうち、

 

現金・預金の比率が

 

50%以上

 

諸外国に比べると

 

その数字は際立っています。

(ちなみにアメリカの現・預金比率は13.7%)

 

 

政府が、

「貯蓄から資産形成へ」を提唱し、

 

これを実現すべく

つみたてNISAやiDeco(確定拠出年金)などの

 

運用収益が非課税となる制度の

充実を図っていますが、

 

運用されている商品の約65%が

 

「元本確保型」で占められているそうです。

 

 

日本人が

 

まだまだ

 

「投資」=リスクがあり危険だ、

 

という概念が根底にあるなと

 

この数字を見て感じます。

 

 

先日、

友人をランチをしていた時に

「投資」をしているかの

話題になったのですが、

 

その友人は、

 

 

「投資はしない。

 

 とりあえず損をするのが嫌だ。」

 

 

でもNISAやiDecoだったら

 

税金面で優遇されているし、

 

少額からでも始めてみて、

 

お金を増やしていこうとは思わないか?と

 

聞いたところ、

 

 

「いや、とりあえず良くわからない。

 

 現金で持ってたらなくなれへんやん。」

 

 

現金って言っても、

 

もしインフレになって物価上がったら

 

現金の価値は下がるよ?

 

 

「インフレで現金の価値が下がるとか

 

  初めて聞いた。でも投資するの怖い」

うちの親と言っていることが一緒!! 笑

 

 

・・・・・うーーーん。

話が長くなりそうなので、

説明はまた後日ってことになりましたが w

 

 

全てが、

 

「わからない」の

 

一言に集約されていました。

 

 

昔の私もそうですが、

 

 

金融ことを勉強するにしても

何を勉強したら良いか分からない。

 

 

新聞で?本で?セミナーで??

 

どういう題材を使って

勉強すれば良いかも分からない人が

まだまだ多い。

 

 

日本自体の金融資産を

 

成長させる為には

 

この1,880兆円の個人金融資産を

 

動かすことが必須で、

 

さらに個人金融資産を動かす為に、

 

同時に、

 

日本人の金融リテラシーを高めることを

 

セットで行わなければならないですね!

 

 

 

 

AI (人工知能)で仕事がなくなる!?

 

 

大手金融機関のとりわけ事務作業の大部分が

AIに代替されるといったニュース、

皆さんも耳にされたことと思います。

 

派遣女子の皆さんは、

このニュースを聞いたときに

どう思われましたか?

 

私は、

一瞬、冷やっとしました。。

 

 

更に、

 

私は行政書士でもあるのですが、

 

AIやIoT (相互通信や自動制御、遠隔計測などを行う技術)で

 

代替可能とされる

 

行政書士の業務範囲の比率は、

 

何と!!

 

93.1% !!!!   

(2015年12月発表野村総研・英オックスフォード大共同研究より)

 

行政書士は、

 

役所に提出する許認可などの申請書類の作成や

提出手続きの代理が

 

主な独占業務ですが、

 

AIの出現で

独占、、じゃなくなる、、??

 

これまた、ヒヤッとしました。

 

 

ここだけをクローズアップすると

私たちの仕事を奪ってしまうように

見えがちですが、

 

 

AIが果たす重要な役割と機能は、

 

 

不足している労働力を補完する

 

既存の労働力を省力化する

 

既存の業務効率・生産性を高める

 

(総務省「ICTの進化が雇用と働き方に及ぼす

  影響に関する調査研究」平成28年より)

 

など、

 

もちろんプラスの影響もあります。

 

 

 

 

私自身は、

 

例えば、

 

将来、行政書士業務で

書類作成や役所の手続き等が

AIに代替される日がやってきても、

 

業務の礎となる

 

依頼者とのヒアリングやコミュニケーション、

 

信頼関係を培う場面においては、

 

AIには置き換われない部分だと思っています。

 

 

これから

 

緩やかに

でも着実に来るであろう

変化の波に乗る為には、

 

派遣女子であれ

行政書士であれ、

 

 

今まで以上に

 

自分と向き合って、

 

自分は何が出来るのかを

 

考えることが不可欠ですね。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございました ^-^

 

 


テーマ:

おはようございます。

 

kaoriです。

 

 

 

お金のことを勉強する前に、

 

まずは、今、私たちが

 

どういった経済環境の中で

 

生活をしているかを

 

知っておく必要があります。

 

 

 

 

 

ただ、闇雲に

 

老後資金を貯めないといけないからといって

 

貯蓄や投資に励むよりも、

 

今、私たちが

 

置かれている状況を

 

少しでも知った上で、

 

行動を起こすと

 

目標が明確になりますよね。

 

 

2回にわたって、

 

派遣女子が押さえておくべき

 

日本の現状を5つお伝えしますね!

 

今日は前編です。

 

 

 

人口減少に歯止めがかからない日本

 

人口減少問題は、

皆さんも既にご存知かと思います。

 

総務省統計局によると、

 

2008年が、日本の人口減少社会の「元年」と

 

呼ばれていて、

 

2030年には1億1,662万人、

2060年には、8,674万人まで減少すると言われています。

 

・・・減るスピード早くないですか!?

 

 

日本の人口が減って何が問題かと言うと、

 

労働人口が減って、日本の生産力が下がる

 

年金制度の維持が困難になる

 

将来年金が貰えなくなるから

 

年金を払いたくない!と耳にしますが、

 

これはすこぅし勘違い。

 

 

日本の年金制度は、

私たち現役世代が保険料を納めて

今の高齢者を支えているんですね。

 

人口が減るということは、

 

保険料を納めてくれる

 

現役世代が減るということ。

 

そして、

 

保険料を貰う側の高齢者は

 

増える一方。

 

 

ゆえに、

 

資金繰りが厳しくなり、

 

将来私たちが貰う年金額は

 

減るであろうと言われています。

 

 

インフレ・デフレのこと

 

言葉は聞いたことあるけど・・・

何のこっちゃ・・な人多いと多います。 w

 

 

インフレは、インフレーションの略で、

 

物価が上がることを意味します。

 

デフレはその反対で、

物価が下がることを言います。

 

 

では、それが

何か生活に関係あるのかと言うと、

 

 

例えば

インフレになると、

今まで100円で買えていた野菜が

物価が上がるので、150円になったりします。

 

つまり、その分、お金の価値が下がります。

 

 

また、将来100万円の車を買おうと思って

今、貯金に励んでいるとします。

 

しかし、5年後にインフレが起きていた場合、

今100万円の車が、120万円に値上がりしたりします。

 

なので、

 

今現在の100万円というお金は、

 

将来も同じ、100万円という価値を保てなくなり、

 

100万円で買えていたものが、120万円を出さないと

 

買えなくなる、、ということも起こり得ます。

 

 

物価が上がると、

お金の価値は下がるので、

 

せっせと預貯金で貯めても、

実質的には目減りしてしまいます。

 

ということは、

 

少しでも

 

株式や投資信託で運用する方が

 

リスク回避になるということも考えられます。

 

だからといって、極端に、全額運用に回せば良いのではありません 汗

 

 

日本は超赤字の財政状況です!

 

今、日本が抱える借金は

約1,224兆円とも言われています。(!!)

 

日本の一般会計を家計に例えると、

 

毎月のお給料収入が30万円なのに対し、

 

毎月の生活費に38万円かかっていて、

 

さらに、過去の借金の利息を支払うために

 

毎月17万円の借金を重ねている状況。。

(平成30年3月 財務省「日本の財政関係資料」より)

 

自分の懐事情で換算してみると、

もう首が回らなくなって、破綻寸前!!の

一歩手前ですよね 汗

 

 

この危険な状況の国で生活している

私たちですが、

この超赤字財政を立て直すために

どこにしわ寄せがくるかと言うと、

 

消費税の増税

 

年金と健康保険料の負担額が増える

 

年金の支給開始年齢が引き上げられる

 

などなど、

社会保障の負担や、

税金を増やすことで

国は何とか持ちこたえようとします。

 

と、いうことは

 

私たちの手取りのお給料がさらに減る

 

可能性があるということです。

 

 

自分でも

記事を書いていて

少し気が滅入ってきましたが ww

 

 

 

でも、

日本は

今後も大変な状況は続いていくだろうし、

 

それを知った上で

 

自分のことは自分で守る。

 

お金を勉強することは

 

大切なことなんだ!ということを

 

再認識しました。

 

 

次回は後編をお伝えしますね。

 

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました ^-^

 


テーマ:

おはようございます。

 

kaoriです。

 

 

 

派遣会社から紹介された会社。

 

働いてみると

直感で 

「合わないかも、、」と思いつつも

 

結局

そのままずるずると働いて、

 

だけど、

常にもやもやを抱えている毎日。

 

焦りはあるのに

不安と安定が邪魔をして

 

先へ進めなくなっている

派遣女子。

 

 

 

まず、

心当たりありませんか?

 

 

 

 

職場を見渡してみると

まあ、皆さん

愚痴の多いこと!

 

でも

いつの間にか

自分も染まっちゃっている人。

 

 

 

仕事量が物足りなくて

いつも14時ぐらいには

手持無沙汰になる。

 

もっとガンガン働きたい!と

思っているのに

 

本気出したら、何なら午前中で

仕事が片付けられるもんだから

 

50%のチカラしか出さず

自分の能力を出し惜しみしている人。

 

 

周りには

「早く辞めたい~!!」と

漏らしつつも

 

辞める気配すら

見えない人。

 

 

 

本音行動

全く一致していないので。

 

 

自分が

こうなりたい!という理想像、

心の奥底ではある。

 

でも

周りも同じような悩みを

抱えている人多いし、

自分だけじゃないから安心♪

 

だけど

1人でも誰かが一抜けようもんなら

とたんに焦り出す人。

 

 

自分で自分を

安全位置に据えている

場合ではないですー。

 

 

本音を隠して

周りの目を気にして

行動ばかりしていると

 

自分がなりたい将来から

外れていくばかりか、

 

こんなはずじゃなかったのに!と

結果的に

自分を責めることにも

なりかねません。

 

 

 

本音と行動がずれているなと

思っている人の特徴を

次にあげます。

 

 

 

(1) 自信があることに

  罪悪感を感じてしまう

 

特徴は、

本人も、実は自信があるって自覚が

あまりないってところ w。

 

言い換えると、

 

自信を持っている自分を曝け出すと

 

周りに嫌われる ・・って

 

思ってしまっている。

 

なので無意識に

「自分は自信がないんだ」と

思い込んでるんですね。

 

 

無意識の鎧を着てるもんだから

簡単に剥がれない、、

 

ある程度

経験とスキルを積んできた

派遣女子に多いです。

 

 

(2) 嫉妬心を認めない

 

 

正社員の人が

 

自分より働き方が鈍いと

 

イライラしてしまう。

 

 

正社員の人にイライラするのは、

私よりお給料貰っているのに

 

何でそんな働き方しか

出来ないの!?という

不満から来るものが多い。

 

 

私も、本当は稼げる自分であるのに、

 

それが現実となっていない状況に

 

腹が立つんですよね、

 

実のところ。

 

そして、

 

自分より

高いお給料を貰っているであろう

正社員の人に嫉妬してしまうけど、

 

自分は派遣社員だあから仕方ないもの、、と

 

あえてスルーしてしまう。

 

確かに

いちいちイライラしてしまうのは

自分を消耗させるだけだけど、

 

自分も

 

より高いお給料を貰えるようになりたいし、

 

その能力はあるんだ!

 

実はそう思っていることに

 

気付きましょう。

 

 

(3) 無意識に同性の目が気になる。

 

女子あるあるです。

 

1人でランチに行きたい気分なのに、

中々言い出せない。

 

ボス的な人がいるもんなら、

もう絶対言えない。

 

目をつけられるのが怖いから。

 

「何か付き合い悪いよね~」と

陰口でも言われようもんなら

もう会社行けません状態!!

 

 

そして、

 

あまり女子から評判が良くない営業の男性。

 

自分は良い人なのにな~と思っているけど、

 

周りに合わせて

自分もその人の悪口を言ってしまう。

 

 

周りの目を気にして

 

毎日を過ごすことは

 

自分を消耗させるだけなので

 

要注意です。

 

 

本音と行動が一致しない人は

 

ここに書いた3つの行動を、

 

「無意識」

 

してしまっているからです。

 

 

 

 

ゆえに、

 

ココロと行動のずれが起こり

 

もやもやとして現れます。

 

 

 

もやもやを消化して

すっきりとした気持ちで

前に進みたいなら、

 

無意識でやってしまっていることを

 

今日から意識的に止める。

 

 

ずっと続けていると、

もやもやを抱えたまま

 

気付けば数年経っていました・・も

珍しくはない。

 

気付いたその時が

変わるチャンスの時なのですよ!!

 

 

今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました ^-^

 

 


テーマ:

おはようございます。

 

 

kaoriです。

 

 

 

私は、

 

来月から

 

また新たな生活がスタートします。

 

 

 

周りからは

 

よくそんなに行動出来るよね~と

言われたり

(ちょっと批判めいた感じ!? w )

 

 

でも、一方では、

 

人生の方向性が決まっているのが

羨ましい!!

 

どうやって

そんなにサクサク行動できるの!?

とも言われます。

 

 

 

 

自分では

サクサク行動している!という感覚は

全くないので (むしろお尻重い)、

 

周りからは、そう見えるのね!と

少し驚きなのですが、

 

 

 

人生の方向性って

 

この世から去る時、

 

どういうことを感じて、おさらばしたいか!?

 

をベースに考えていくことも

 

一つの手段かなと思うのですよね。

 

 

 

皆さん

もちろん

後悔のない人生を送りたい!ですよね?

 

 

では、あなたにとって、

 

「後悔のない人生」って何ぞや?と

 

いうことです。

 

ここが①のポイント。

 

 

これが、

 

人生の方向性を決める上での

 

大枠の部分になります。

 

 

 

ちなみに、私は、

 

 

あーーーーいっぱい仕事したな~

仕事充実していたな~

ありがとう!さよなら!! と言って

この世に別れを告げたいと思っています w

 

 

 

ここからわかることは、

 

「私は、仕事に対して

 

 満足感や充実感を得たい」と思っている

 

ということ。

 

人によっては、

 

美味しい物を一杯食べつくした人生だった!とか

 

旅行で世界各国を回って最高でした!!など

 

それぞれだと思います。

 

 

ちなみに、

私の「仕事」ですが、

これだけだと抽象的すぎるので、

 

何の仕事して満足を得たいのか!が

分かりませんよね。

 

 

そこから、段々と掘り下げて行きます。

 

 

② 私は何歳まで働いてたいんだろう!?(ざっくりと)

 

晩年は世界各国を旅行したいので、

だいたい70歳までかな。

 

 

 

③ では、70歳の自分をイメージしたときに、

   想像できる場所やスタイルは?

 

 

スーツを着て、1人でオフィスにいる姿がしっくりくる。

 

企業で退職の花束をもらっている場面は、

少し違う気がする。

 

 

 

④ スーツを着て、1人でオフィスにいるということは、 

 

  1人で事務所や会社を立ち上げている。

 

  いつから?? 

 

55歳ぐらいまで事務所+企業で

兼業で働いていたいので、

 

完全に1人で独立するのは、そこから。

 

(またお話しますが、今は、

 行政書士+FP+派遣社員です。)

 

 

 

⑤ どんな仕事で事務所や会社を

 

   立ち上げている?

 

 

行政書士とFPの仕事。

 

比率はざっくりと半々ぐらい。

 

 

 

⑥ 何で行政書士とFPの仕事なのか?

 

  他の仕事ではだめなのか?

 

 

将来の不安に悩んでいる

派遣女子やそのご家族のサポートをしたいから。

 

行政書士としては、遺言書作成や相続のサポート、

 

FPとしては、一人ひとりのライフプランに沿った

 

お金のトータルサポートがしたいから。

 

 

 

⑦ では、今、そのなりたい将来のために

  

  どう動いたら良いか?

 

 

・ 行政書士+FPとしての認知度を上げる。

 

・ FPとしてのスキルアップに注力する。

 

・ 行政書士のスキルも伸ばしたいので、

  依頼は積極的に受ける。

 

 

じゃあ認知度を上げるためには?

 

FPのスキルアップはどうやってする? など

 

更に掘り下げて行きます。

 

 

 

つまり、

 

人生の方向性を決めるのには、

 

自分自身との対話が不可欠!! 

 

ってことです。

 

 

 

 

 

ここにもポイントがあって、

 

自分が本当に望む将来を考える、ということ。

 

 

こういう人生を望んでいるけど

 

私には出来るわけがない、とか

 

周りに迷惑かかるだろうな、とか

 

否定的な感情や周りの目を気にして作られた

 

偽物の感情で、掘り下げないでくださいね!!

 

 

 

不満・不安・疑いの気持ちから作られた感情は、

結局、またそこに行き着いてしまいますから。

 

堂々巡りになります。

 

 

そして、

 

頭でぼんやり考えるだけではなく、

 

自分の考えをノートに書いていくと、

 

気持ちも整理され易いです。

 

 

周りの目を気にして生きてきた人ほど、

 

自分の感情に素直になることに

 

違和感を感じるけど、

 

自分の望む人生を歩きたいなら、

 

自分の気持ちに正直に、

 

最終地点から、掘り下げてみること。

 

 

 

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

今日も最後まで読んでくださり、

ありがとうございました (^-^)

 

では、また~♡

 

 


テーマ:

おはようございます。

 

kaoriです。

 

 

派遣女子というのは、

とにもかくにも

 

安定して働ける、という意味では

不安定ですよね。

 

 

特に

 

女性は

 

一時の感情に流されやすいし

 

安定志向が強い方が多いです。

 

 

 

 

 

しかーし!!

 

自分の居場所を確保したくて

 

今の派遣先に

 

安心、安定を求めるのは

 

危険だと思うのです!

 

 

 

なぜだか、わかりますか?

 

 

それは

自分で、

 

私は自分に自信がありません。

 

現状を変えることが怖いんです。

 

と宣言しているようなもの。

 

 

もう、次、

働くところがあるか分からない。

 

 

新しいところで

一から働く面倒くささ、、

考えただけでも憂鬱。

 

 

正社員がやるべき仕事を

わたしがやってるんだから

もっと認めて欲しい!

 

 

といった、

 

自己否定感たっぷりの

 

将来への不安から

 

今の場所に

 

しがみつこうと

 

必死になっちゃうんですよね。

 

 

 

派遣社員は、

 

地位が非常に不安定なものだし

 

正社員の人と比べて

 

差別的な扱いを受けやすい

 

立場にあります。

 

(職場によりますけどね)

 

 

家事や育児、

介護などが原因で

派遣で働かざるを得ない方も

多くおられますが、

 

 

自ら

 

派遣社員を選んで

 

今の環境におられる方ほど

 

将来への不安が

 

強い人が多いんじゃないかなー。

 

 

 

そして、

派遣女子は

即戦力としてのスキルも

求められる場合が多いので、

 

もう気合十分に

 

仕事頑張っちゃう人も多いですよね。

 

 

 

 

でも、実は、

 

こんだけ

 

仕事やってるんだから

 

認めてよね!

 

 

わたしが

 

いなくなったら

 

この仕事誰がやるの?

 

誰もいないよね?

 

 

 

という

 

感情がスケスケな人も

 

ちらほら、、 ww

 

 

これって

 

優秀なスキルを持った

 

派遣経験の長い

 

派遣女子に多いです。

 

 

残念ながら、

 

仕事の評価は

 

自らするものではなく、

 

第三者からの

 

フィードバックが大切だし、

 

 

その仕事は

あなたがいなくても

おそらく大丈夫です。。

(大企業ならなおさら)

 

 

私も

とある派遣先での

お仕事が楽しくて仕方なかった時、

 

一緒のチームに入ってきた

派遣社員の方が

それはそれは優秀な方だったので

 

すごく心がザワつきました。

 

やばい、居場所奪われる、、と。

 

 

今思うと、

 

私は

 

その派遣先を離れると

 

もうあんな楽しい職場は見つからない!と

 

思い込んでいたし、

 

 

自分は

 

その職場に

 

貢献している存在であると

 

勝手に思っていました。

 

超傲慢ですよね。

 

 

それだけ

 

将来に不安を抱えていたし

 

現状を打破する

 

自信がなかった

 

ということです。

 

 

だから、

その場所に

しがみつこうとしたのですよね。

 

 

 

この記事を読んで、

心がもやっとした方は

 

少なからず

当てはまる要素があるはずです。

 

 

口に出さなくても

 

ちゃんと

 

周りの人は

 

あなたは優秀な人だと

 

分かっています。

 

 

 

だから、

執着している自分を

一旦手放して

 

 

どうして

 

その派遣先で長く働きたいのか

 

どうして

 

自分が能力を発揮できる場所が

 

そこしかないと思うのか

 

突き止めてみてくださいね。

 

 

 

では、また更新しますー♡

 

 


テーマ:

こんばんは。

 

kaoriです。

 

 

 

 

前々回から引き続き

お金の話になります。

 

 

そして、今日は、

お金腐女子脱出からの

初めの第一歩になりますので、

 

書いてあることは

超初歩的なことになります。

 

 

わたしのお金の付き合い方の

超ド級下手さに

 

我ながら

恥ずかしさでいっぱいです w

 

 

 

見て下さると嬉しいです!! (^-^)

 

 

 

 

さて、

わたしは、

 

お金に対する価値観が

かなり偏っている両親の元で育ち

 

 

行政書士事務所を

開業するまで、

 

真剣に

お金と向き合ったことがありませんでした。

 

 

と言いますか、

完全に、逃げてました。

 

 

内心は

 

不安が募る一方なのに、

 

見て見ぬふりをしていたんですよね。

 

 

だって、

 

現実を知るのが

 

怖かったから  笑

 

 

でも

 

一方では、

 

派遣女子を卒業して、自立したい!

という思いも強かったので、

 

 

行政書士試験に合格後、

すぐに事務所を開業しました。

 

 

それが

わたしのお金の向き合い方の

転換期になった訳ですが、

 

 

今まで

向き合おうとしてこなかった

ツケがここで一気に回ってきました。

 

 

事務所開業する=経営者になるので

一定のお金の知識、流れ等を

勉強しておく必要があるんです。

 

 

でも、

行政書士としてのスキルを伸ばさなければ!と

いうことにだけ捉われて、

(もちろんここも大事)

 

お金のことに関しては、

怖くて

ちゃんと前を向けなかったのです。

 

 

結果、

 

 

お金の不安や

一個人事業主としての

自信の無さから来るストレスで、

半年で7キロ、痩せました。。

 

 

(女性からすると

痩せてうらやましい!というお声も

聞こえてきそうですが、、)

 

ストレスから来る痩せって

心も身体も

もちろん健康体ではないので、

 

 

とにかく体力も落ちるし、

周りからは

「ただただ老けた」と

言われ続けました。

 

 

 

ストレスで変な痩せ方をして、

体力も気力も失くなったとき、

 

 

自分自身を情けなく思い、

行動しなければ!!と

本気で変わりたい!と思いました。

 

 

 

 

そして、

取った行動、其の一。

 

① 絶対にレシートをもらう。

 

レシートがなければ

家計簿もつけれませんからね。

 

昔は

レシートをもらうことですら

面倒くさかったですが、

 

今は

たまにもらい忘れると、

すごく悔しい!! ww

 

 

そして、其の二。

 

② 自分に合ったやり方で

  お金の収支を把握する。

 

 

「自分に合ったやり方で」

 

 

ここ、大事なポイントです!!

 

 

前回の記事で、

わたしは

家計簿すら続かなかったと

書きました。

 

お金と向き合うことになったきっかけ。「無駄遣いするな!」のトラウマ。

 

 

継続できて

2ケ月が限界。。

 

レシートを貰うことに満足し(!?)、

 

その金額

一つひとつ

書き込む行為が

面倒くさかった。。

 

 

家計簿のアプリも色々ありますが、

 

アナログなわたしは、

アプリをダウンロードすること自体に

若干の拒絶反応が

 

 

もう

本当にだめだめすぎる、、と

また腐女子に戻ってしまうのか、、!?と

 

落ち込んでいた矢先、

 

とあるマネーセミナーに参加したんです。

 

そのセミナーで、

講師の方が、

 

今日集まって頂いてる皆さんで

ゲームをしましょう!

優勝者には、商品があります!と

企画してくださったんですね。

 

 

なにー!商品ありー!!

絶対優勝してやるー!!

(ただの負けず嫌い w)

 

 

と、鼻息荒くゲームに参加しましたが、

 

優勝できませんでした 笑

 

 

しかしー!

 

そのときの優勝商品に

かなり、

ビビビ!!!と来ました。

 

 

わたし、これなら続けられるかも!!と。

 

 

それが、こちらです!!

 

 

(写真撮るのが下手でごめんなさい。。 文字がぼやけている。。)

 

優勝商品を見ようみまねで作ってみました。

面倒くさがりのわたしが!

 

それほど、

自分に合ってるかもしれないと

感じました。

 

 

これは、

A4のクリアポケットファイルです。

 

そのファイルの

ポケットごとに

 

「食費」

 

「水道光熱費」

 

「外食費」

 

「雑費」

 

「衣服費」

 

「理美容費」

 

などの項目シールを貼って、

 

 

そのポケットに

それぞれのレシートを

放り込んで行くだけ。

 

 

そして、

1か月に1回、

項目ごとに集計をします。

 

 

そして、ノートに

集計の数字を書き込む、、

なんてことはしません。

 

 

わたしの場合は、

 

超初歩的な第一歩を踏むことが

 

大事だったので、

 

 

きっちり

管理することではなく、

 

 

何に

 

一番お金を使っているかを

 

把握することが

 

最優先だったので、

 

ざっくりと、

「今月外食しすぎたな~」や

「光熱費高すぎやしませんか!?」など

 

本当に

ざっくりと把握することに

ポイントを置きました。

 

きっちり管理しよう!って思ったら

辛くなって

続かなくなることを

失敗で学んでいたので w

 

 

なので、

この、

ぽいぽいレシートを放り込むやり方が

 

面倒くさがりで

超初心者の私には

ぴったりだったんですね。

 

 

本に書いてあるやり方が正しい!とか

周りの人が、あのやり方をやっているから

わたしも真似しなきゃ!と

思い込む必要は全くなく、

 

 

大事なことは、

 

自分が

 

合っているやり方を

 

探すことだなーと

 

実感しました。

 

 

合っていなければ

継続することが

ただの苦しい作業になっちゃいますもんね。

 

もし、

家計簿が続かなくて

お困りのかたは

試してみてください 笑

 

今日も最後まで読んでくださり、

ありがとうございました ^-^

 

 


テーマ:

こんばんは。

 

kaoriです。

 

 

今日は、前回の記事の続きです。

 

 

両親から特にうるさく言われていた

お金についての教え w

 

 

3つ目は、

「無駄遣いするな!!」

 

 

 

 

大人になった今でも、

離れて暮らしている今でも!

 

よく言われます。

 

 

お金と向き合うまでは、

両親から言われていることを

愚直に信じ、

 

無駄遣いしないように

ずっと抑え込んできたわけです。

 

 

というよりかは、

 

何が無駄遣いなのか、

 

どこにお金を使ったら正解!?なのか

 

よくわからないまま

 

大人になりました 

 

 

例えば、

わたしは、

服が大好きなんですね。

 

高校生の頃は、

アルバイトをして、お金を貯めて

好きな服を買えるのが

すごく嬉しかったんですが、

 

 

母親に

服を買ったことを

どうやったらばれないのかを

常に考えていました w

 

 

なぜなら、

 

ばれたとき、、

 

「あんた!!

 またそんな無駄もんばっかり買って!!」

 

これを言われるのが怖くてですね w

 

 

ショップの紙袋が見つかって

結局ばれるし、

 

洗濯ものに出すときに

絶対ばれるのですけど

 

 

 

結婚して離れて暮らすようになって

ようやっと、ビクビク感が薄れてきたほど

トラウマになっていました。

 

 

お金の使い道に

正解などないのですけど、

 

わたしは、

トラウマがこびりついていたせいか、

気持ちよくお買い物をしたことが

ほとんどなかったです。

 

好きなものを買える喜びより

レジで感じるモヤモヤの方が上回る ww

 

 

「無駄遣いするな」=「お金を使うことが怖い」

 

 

このように、

お金に対してのセルフイメージが、

ウルトラスーパー低かったんです。

 

 

だから、

お金のことを勉強するようになって、

 

まずは、この鉄壁並みの、

お金に対する不安や恐れをなくためには

どうすれば良いかを考えたとき、

 

 

お金に対するマインドを変えること

 

現実的に具体的に

行動に移していくこと

 

 

この2大ポイントは

切り離してはダメだな!と。

 

超当たり前のことやーん、と

思われるかもですが、

 

マインドを変えることは

自分の思考の問題なので、

するっと出来てしまう、

 

と思いきや、

 

1週間後、1か月後、

そのマインド保てていますか?

 

 

そう、

継続することが難しい!

 

さらに、

お金に対する不安や恐れを失くすために

具体的に行動に移している人、

そう多くはないんじゃないでしょうか。

 

 

少しずつでも良いので、

 

具体的に行動することによって、

 

自分のマインドも

 

少しずつ変化して、

 

自分自身に定着していくのです。

 

 

行動を伴わないマインドの、

ふわ~~~っとした感じ、

分かりますか? w

 

残念ながら、

ふわ~~っとしたものは、

すぐに消えます。

定着が難しいです。

 

 

小さい頃から、

無駄遣いするな!!と言われ続け、

 

ぐっちゃぐちゃに絡まった

人一倍低い

お金のセルフイメージを変えるために

 

わたしが取った

具体的な行動なのですが、

 

 

いきなり、

 

株をやってお金を増やす!

投資信託を始める!!

 

ではなくて、

 

お金さん、

 

わたし、

 

あなたと上手に付き合いたいと思ってるんやけど、

 

どうしたらいいかなあ?

 

ちょっと、整理してみるわ   です  

 

 

 

 

そう、この、

「ちょっと整理してみる」から

始めました。

 

いきなり

 

細かな行動を起こすのではなく、

 

まずは

 

大枠をつかむことから

 

始める。

 

これは、大事なポイントです ^-^

 

 

そして、

わたしの場合の

ちょっと整理をするということは、

 

自分のお金の流れを

 

大まかにでも、

 

毎月把握する

 

というところから始めました。

 

 

それって

家計簿をつけたら良いんだよね?

 

はい、そうです。

 

 

ですが、

わたし、

この家計簿ですら

続きませんでした 

 

 

次回は

どのように

お金の流れを把握できるようになったかを

シェアしたいと思います!

 

今日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございました ^-^

 


テーマ:

こんばんは。

 

kaoriです。

 

 

 

派遣女子の皆さまが感じておられる不安って、

 

やっぱり

 

「お金」に関してが

 

ダントツに多いのではないでしょうか!?

 

 

 

 

お金の話って、

 

そうそう気軽に話せる人って少ないですよね。

 

 

だからこそ

もんもんと

1人で悩んで抱え込んでしまって

いらぬ不安に襲われたりしてしまいますよね。

 

 

わたしも

まさにその内の1人。

 

 

不安に襲われすぎて

夜中に飛び起きたこともありましたから w

「お金、ない!!!! どないしよ!!!」って ww

 

 

わたしの実家は、自営業だったのですが、

 

自営業って、

良い時もあれば

悪い時もあるで、

 

両親は

会社の実情は、

わたしたち子どもに

多くを語ることはなかったのですけど

 

会社を立ち上げてから

今年廃業するまで、

 

それはそれは

ジェットコースター並みに

波が激しかったと思います。

 

 

子どもながらに、

「お父さんの会社、うまくいってないんやな、、」って

敏感に感じるときもありました。

 

 

兄妹3人の中で、

特に、わたしは心配性だったので、

 

小学生の頃、

「お父さんの会社、潰れませんように」と

寝る前に、お祈りしていたときもありましたから w

 

 

そして、

 

両親から

お金について教わったことと言えば、

 

「(子どもが)お金を多く持つな」

 

「まず貯金しなさい」

 

「無駄使いするな」

 

これらは

特にうるさく言われていました。

 

 

別に、当たり前のことじゃない?と

思われる方も多いと思います。

 

 

しかし、

 

わたしに強く根付いた

 

これらお金の固定観念は

 

わたしの進む道で

 

壁として立ちはだかりました 。

 

 

まず、

「お金を多く持つな」ということ。

 

 

行政書士事務所を開業して、

初めてお客様から報酬をいただいたとき。

 

嬉しさと、達成感を味わうと同時に、

「こんなに頂いて良いんだろうか。。」と

なぜか罪悪感が湧いてきたんですよね。

 

もう満面の笑みで

心から

ありがとうございますー!!と言うには

ほど遠い 

 

 

もちろん自分の仕事はベストを尽くしたし、

報酬額は最初から提示しているので、

すんなり受け取れば良いところなのですが、

 

 

受け取ることが、なぜか怖かったし、

 

もらって良いものなのだろうか、、と

 

不安すら感じました。

 

 

 

後々、わたしがお金と向き合うようになって

わかったことなのですが、

 

 

両親は、

特に厳しかったので、

 

決めたことをやらない、

言われたことを守らなければ、

めちゃくちゃ怒られたんですね。

 

 

なので、

 

「お金多く持ったら、親から怒られる」という

 

強迫観念にも近いものが

 

つよーく根付いていたからだと。

 

 

でも、これって、

自分をも過小評価しているし、

お客様にも失礼ですよね。

 

 

例えば、

この記事を読んでくださっている方が

わたしのカウンセリングのお客様として来られたとき、

わたしが、

不安げにもじもじしながら

報酬を頂いてたら、どう感じますか?

 

大丈夫か、この人!?って思われるだろうし、

こんな人からカウンセリング受けたくないですよね w

 

 

報酬を頂くことに不安を乗せていては

お客様に敏感に伝わってしまうし、

 

 

何より

 

自分を否定してしまっているって

 

わかりました。

 

 

 

そして、

「貯金をしなさい」ということ。

 

 

これは、日本が、

「投資」をしてお金を増やす、という手段が

まだまだ浸透していない文化だということもありますが、

 

 

御多分に洩れず

うちの両親も、そしてわたしも、

 

お金を増やす = 貯金をする

 

投資は悪!!!

 

 

という考えが根付いていました。

 

何なら

投資って何?っていうレベル w

 

 

これも、

行政書士事務所を開業して

お金と向き合ってこなかった現実に直面し、

コーヒー1杯買うのも、しんどかったとき、

 

お金ってどうやったら増えるんよ、、と

毎日不安に駆られていました。

 

 

そして

 

もうお金のことで悩むのは嫌だ!!

 

振り回されるの嫌だ!!! と

 

吹っ切れまして w

 

 

そこから、少しずつ

お金の本を読んだり、

勉強を始めたのですが、

 

衝撃を受けました。

 

複利で年利5%でお金を積み立てていくと、

将来こんな金額になるのか!! と。

 

これが、

投資信託を知ったときの

最初の感想です

 

 

もちろん投資信託は

リスクのある商品ですので、

元本割れも想定しておかないといけませんが、

 

それよりも

 

貯金以外にも

 

お金を増やす方法ってあるのか!と

 

他に手段があることを知れたのが、

 

嬉しかったんですね。

 

 

そして

もっと早く

お金の勉強を初めておけば良かったと

後悔もしたのですが、

 

 

お金と向き合うきっかけって

 

本当に人それぞれで、

 

 

わたしの場合は、

 

親から受け継いだお金に対する不安や、

お金を持つことは良くない、といった価値観は

 

行政書士事務所を開業していなければ、

 

今も向き合うことを恐れて、

お金腐女子のままだったかもしれません。

 

 

長くなりましたので、

最後の「無駄遣いするな」は

次回の記事に書きますね。

 

最後まで読んでくださり、

ありがとうございました ^-^

 

 


テーマ:

こんにちは。

 

kaoriです。

 

 

友だちとランチに行ったとき、

 

「あーあの子が頼んだメニューの方が美味しそう!

 

 でも、やっぱりこれも美味しそうやしなー。迷うなー

 

 うーん、、

 

 やっぱり皆これ頼んでるから、わたしもこれにしよ!」

 

 

 

こんな場面、皆さまにもご経験ありますか?

 

 

 

自分が頼もうとしたメニューがあるのに、

 

友だちが注文するメニューが気になって、

 

 

結局それに引きずられて

 

同じものを頼んでしまうこと。

 

 

食べたら

結局美味しいんだけど

 

心に

変なもやもやが残るっていう w

 

 

 

 

 

これ、

ずっと続けると

どうなるかわかりますか??

 

 

 

「感情バカ」  になります。

 

 

 

小さいことでも

自分が決めたことに自信が持てない。

 

 

これは、

 

やがて、

自分の人生も

自分で決めることが、しんどくなります。

 

 

自分一人で

決めること、判断することが

怖くなってしまうんですね。

 

 

常に周りの目が気になってしまって

 

他人軸で判断することが

 

当たり前になってしまいます。

 

 

 

 

さきほどの

ランチで何を注文するか迷っている場面。

 

 

自分では

もう何が食べたいかって

80%ぐらいは、決まってるわけですよ。

 

でも、

友だちが何を頼むのか気になる。

 

自分と同じものを頼んだ場合は、

 

 

おっ

わたしと同じだー 

安心した~

 

違うものを頼んだ場合は、

 

えっ

そっちオーダーするのね。

ちょっと待って、もう1回考えよ。

 

と、いきなり不安になる。

 

 

何で、食べたいもの頼まないの!?

と突っ込みたくなりますが w

 

 

 

 

友だちが頼んだメニューが美味しそうだからと

いうよりかは

 

同じものを頼んでいないと不安!

 

いう気持ちが根底にあるからです。

 

 

 

自分1人が取り残されたような感覚になって

 

自分の判断に

 

自信が持てなくなるんですよね。

 

 

 

こういった小さなことでも、

 

自分の感情にフタをして、

いつも

周りと足並みを揃えようとすると、

 

 

自分が

 

何を感じているのか

 

本当はどうしたいのか

 

自分でも

 

分からなくなってきます。

 

 

そして、

 

例えば、

友だちに引きずられて

自分も頼んじゃったメニューが

美味しくなかったとしますね。

 

 

あーもう

やっぱりこっちにしとけば良かったわ!

何で友だちそれにしたかなー

えっ

友だちのせいですか!? 笑

 

 

自分で決めたことに

責任を取らなくなる

 

 

取らなくなる、というよりかは、

自分の責任だってわかってるんだけど、

それを認めたくない

 

 

認めてしまうと、

自分が傷ついてしまう。

傷付いてしまうのが怖い。。

 

 

 

これって、

大げさに言うと、

 

自分の人生、

 

自分で決めることが怖いー!!

 

誰か、

一緒に決めてー!

わたしと一緒に生きてーー!!って

 

言ってるようなものですからね。

 

 

もう、めんどくさい女、一直線です w

 

 

 

 

友だちが資格の勉強を始めたら、

自分も勉強始めなきゃ!と思いますか?

 

友だちが結婚したなら、

自分も結婚しなきゃ!と焦りますか?

 

 

・・・ そうなる人、残念ながら多いですよね。

 

 

 

でも、結局は、

 

 

自分の本当の気持ちを無視して、

 

周りに引きずられて焦っているだけなので、

 

勉強を始めたところで、

 

結婚のために婚活を始めたところで、

 

自分自身が満たされることはないです。

 

 

 

 

 

それどころか、

 

余計に、

 

わたし、いったい何やりたいの!?の

 

もやもやが高まっていくだけ。

 

 

本当に!!です。

 

 

 

だから、

 

毎日、

小さいことでも良いです。

 

自分軸で物ごとを判断する癖を

つけて欲しいと思います。

 

間違ったかな?って思うことがあっても

良いじゃないですか。

 

 

自分の決めたことに

正解!間違い!!はないし、

 

 

間違ったって思っても、

 

自分はこう思ったから、こういう判断をした、

 

と見返すことができれば

 

あなたの経験値が

 

どんどん上がっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

毎日の何気ない行動でも、

 

今までの行動が

全て積み上がって

 

今のあなたがあるわけだから、

 

もしこの記事を読んで

はっ!!とされた方は、

 

 

一見、些細と思われることも、

(夜ごはん何食べようとかでも)

 

自分の、こうしたいな、

 

という素直な気持ちに従って

 

行動してみてくださいね。

 

 

 

自分が変わりたい!と思う気持ちがあるなら、

 

尚更です。

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり、

ありがとうございました♡

 

 


テーマ:

こんばんは。

kaoriです。

 

 

「無期雇用派遣社員になったけど、

 これってぶっちゃけどうなの!?」

 

 

 

 

私の周りの派遣女子から良く聞かれます。

 

 

 

 

まず、無期雇用派遣って、

今までの派遣とどう違うの?

正社員じゃないんよね? と疑問も持たれる方、

多いと思います。

 

 

無期雇用派遣社員になるメリットとしては、

 

・ 派遣先の会社と契約終了になったとき、

  雇用を保証してもらえる

 (ケースによりますが、自ら会社辞めたい!と

  申し出た場合は別です。)

 

・ 派遣期間制限の3年を超えても、

  同じ業務で働けること

 

・ 派遣会社によっては、月給制となり、

  賞与を貰える環境となる

 

 

などがあげられますが、

 

やっぱり、

正社員ではないんですよね。

 

 

このブログをご覧になって下さってる皆さんは、

 

仕事、安定させたい!!

 

お給料は増えるのか!?

 

将来不安やねん!!

 

これらの悩みを持たれている方が多いと思うのですが、

 

 

残念ながら

 

無期雇用社員になったとしても

 

この3大悩みは解決されません、、

 

 

まず、

「安定」のお話からしますと、

 

無期雇用社員になったとしても、

 

派遣先から、契約の終了を言い渡される可能性はあります。

 

その際、派遣会社とは雇用契約があるので、

次の派遣先が決まっていない期間も

お給料が発生します。

 

しかしながら、

 

また新たに就業する会社で、

一から仕事を覚え、環境に慣れ、人間関係を築いていくことに

柔軟に対応できれば良いのですが、

これが、なっかなか大変ですよね。

 

 

なので、ずーーーっと長く一つのところにとどまって

働き続けたい!という方にとっては、

絶対に「安定!」と言うことは

難しいかなと思います。

 

 

 

そして、お給料は増えるのか!?問題ですが、

 

これは、

派遣会社によっては、

時給制から月給制に変わり、

賞与(ボーナス)も発生するところもあるようです。

 

ただ、これも、

 

正社員のように、

どのレベルに達したら昇給、、という場面も

非常に少ないでしょう。

 

 

そして、将来が不安やねん!問題。

 

将来の何が不安かは

人それぞれだと思いますが、

 

やはり

「お金」は

大きな問題になってきますよね。

 

 

少し話は逸れますが、

 

無期雇用社員、派遣社員、正社員の垣根なく

わたしが感じていることなのですが、

 

老後資金対策など、

将来にとっての備えに対する

「自助努力」は必須だなーと。

 

ここ数年で、

政府が前面にアピールしている

個人型確定拠出年金などが最たる例ですね。

 

確定拠出年金に関しては、

また詳しく書かせていただこうと思いますが、

 

正社員でも4人に1人が退職金を貰えていないと

いう現状です。

 

これからは、

お金を守るのももちろん大事なのですが、

 

「どうやってお金を増やしていくのか」に

頭を切り替えていかないといけないな!と

本気で思います。

(ここは、まだまだわたしも勉強中であるので、

 得た情報などは、都度皆さまにお伝えしていきますね。)

 

 

 

無期雇用派遣社員になったけど、

 

もやもやが晴れない方、

結局、今までと変わらないやん!と

感じられてる方、

 

やっぱり、

 

最終的には

 

自分がどういう働き方をしたいのか、

 

将来どうなっていたいのか、

 

ここに答えはあると思います。

 

 

 

一つの会社に留まって

バリバリ仕事をしたいし、

お給料だってもっと貰いたい!

無期雇用でもなく、

正社員になりたい!!と思われる方は、

 

正社員を目指す道を

本気で考えることをして欲しいし、

 

 

正社員になりたいけど、

年齢的に難しいかもしれない!

でも、とにかく将来のお金が心配!と思われる方は、

 

今、自分の貯金がどれだけあって、

将来はいくらあれば安泰だと自分で思うのか、

今からどうやって増やそうか、など

 

一つひとつ、

気になる点を解消していく必要があるんです。

 

まずは、諦めから入るのではなく、

 

気になる点を解消 = 不安を解消  です!!

 

 

 

ここを放っておくと、

 

いつまでも不安が取れません。

 

 

 

無期雇用派遣社員になったけど、

不安が全然解消されない、、という方は、

 

 

・ 結局、自分の心配の種はどこにあるのか

 

・ 無期雇用派遣社員の

 どこに不満を感じているから不安になるのか

 

 

時間をかけてでも

 

これらの自分の本音と

 

向き合ってみてください。

 

 

今日も最後まで読んで下さり、

ありがとうございました♡

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス