KINBAI 〜アンティーク/近代金貨のお店〜

KINBAI 〜アンティーク/近代金貨のお店〜

最高の1枚をお求め下さい。

アメリカで築き上げたネットワークを駆使し、日本では手に入りにくい、いや世界で手に入りにくい商品をお探しするお手伝いをさせていただきます。  お探しのコインがございましたらお気軽にお問い合わせください。 

ヤフオク に商品を掲載しておりますが、直接、弊社のウェブサイト  よりご購入いただけますと大きく値引きをする事が可能です。 

ご質問等、こちらより お気軽にお問い合わせください。
金ばいウェブサイト:http://www.kinbai.com
メール:info@ginbai.com

ヤフオク より確認後ぜひ金ばいのウェブサイト よりお気軽にお問い合わせください。


下記のコインが

なぜあまり注目されないのか凄く不思議でした。

めちゃくちゃ歴史的な価値があるのに!!

なぜだ? とずっと考えてました。



勤労感謝の日なので、

朝からのんびりと

調べ物や読書をしていて気づきました。

私の表記ミスが原因ですね。

検索しても全然出てこない。



まずは表記ミスをお詫びします。

申し訳ありません。

海外の地名や人物はカタカナですが、

カタカナ表記も難しいですね。

今回はヨーロッパ(ドイツ)の地名なので

「ラスタット」と記載してましたが、

正しくは「ラシュタット」でした。





変更前:
「1714年 ドイツ バーデン ラスタット和平合意記念 5ダカットゴールドメダル NGC MS61」
https://www.kinbai.com/catalog/detail/10326

変更後:
「1714年 ドイツ バーデン ラシュタット講和条約記念 5ダカットゴールドメダル NGC MS61」
https://www.kinbai.com/catalog/detail/10326



せっかくならこのゴールドメダルがなぜすごいのか?

なぜKINBAIが扱っているのかを記載します。

まずは「ラシュタット講座条約」ってなんぞやってところから。



ラシュタット講和条約の概要:

ラシュタット講和条約は

ヨーロッパの歴史においてかなり重要なイベントです。

スペイン継承戦争でフランス対イギリスを中心とした

神聖ローマ帝国の戦争のおける

最初の講和条約がラシュタット講和条約です。

スペイン継承戦争終結の一歩目の出来事です。

1714年3月にラシュタット講和条約が締結され、

9月にバーデン条約が結ばれて戦争は完全に終結します。

ラシュタット講和条約では 

ハプスブルク帝国とフランス間の条約で、部分的な終結とも考えらえれますが、

これが締結したからバーデン条約に繋がりました。



この講和条約で


・オーストリアがスペイン領ネーデルラント・ミラノ公国・ナポリ王国・サルデーニャを領有


・スペイン継承戦争の終結。


・フランス側に就いて選帝侯位を失った


 バイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルと


 ケルン選帝侯ヨーゼフ・クレメンス兄弟の復帰。



バーデン条約は

世界史でも取り上げられるほど重要ですが、

ラシュタット講和条約がなければ、

バーデン条約もなかった可能性があり、

フランス対神聖ローマ帝国の戦争は

さらに長く、悲惨な状況になっていたかもしれません。



どれだけ重要な講和条約だったかお分かり頂けると思います。

この一枚は、

ラシュタット講和条約を記念して発行されたゴールドメダル。

ここからは私の憶測ですが、発行数はかなり少ないでしょう。

終結後で大量の金を使って発行できる状況ではなかったと考えます。

そして、その後の激動のヨーロッパ史から考えても

現存数は減ってかなり少ないでしょう。

1700年代の一枚ですから、

現存オンリーワンでも全く不思議ではないです。



鑑定あり、なし含めて

この一枚しか確認されていない所以です。

ラシュタット講和条約やバーデン条約について

ご興味ある方は調べてみてくださいね。



コインのデザインについては情報が全くありません。

見つけられたらご案内します。

こちらはドイツからの一枚ですので、

発送までに3-4週間のお時間を頂戴致します。

予めご了承ください。