10月22日に大会最終日を迎えたジャパンカップは、メインのロードレースが行われました。

台風接近による悪天候の中、KINAN Cycling Teamは熱い戦いを繰り広げました。

そして、前日のクリテリウムと合わせて大きな成果と存在感を示すことができました。

 

期間中の応援、ありがとうございました。

写真と合わせてレースレポートをご覧ください。

 

以下レポートは、10月22日付メディアリリース同文となります。

 

出走サイン後にステージに並んだ5選手

 

---

 

トマ・ルバが逃げ切りでジャパンカップ5

山岳賞に加え4選手がUCIポイントを獲得する

22nd October 2017

 

●2017 ジャパンカップ サイクルロードレース

103km(10.3km×10周回 ※14周回から10周回に短縮)

 

●KINAN Cycling Team出場選手

ジャイ・クロフォード
山本元喜
マルコス・ガルシア
トマ・ルバ

中島康晴

 

日本で開催されるレースとしては最高レベルのワンデーレースであるジャパンカップサイクルロードレース。

今年は、超大型で非常に強い台風21号が接近する中でレースが実施された。

10月22日に行われた今大会のメインレースは、悪天候の影響からスタート1時間前に距離を短縮することが決定。

103kmで争われ、逃げに乗ったトマ・ルバがそのまま優勝争いに加わり、5位でフィニッシュする殊勲。

同時に山岳賞を獲得したほか、4選手がUCIポイント圏内でフィニッシュ。

合計で118点を獲得した。

 

山岳賞の表彰でポディウムに上がったトマ・ルバ。山岳賞ジャージを獲得した

 

1日のレースで勝者が決まる「ワンデーレース」としては、アジア最高ランクに位置付けられるHCクラス(オークラス=超級)のジャパンカップ。

世界最高峰カテゴリーにあたるUCIワールドチームも4チーム参戦し、KINAN Cycling Teamを含む全14チーム69選手がスタートラインについた。

 

宇都宮市森林公園を発着とする1周10.3kmのコースは、序盤に名物である「古賀志林道」の上りが控える。

これを超えると、今度は急な下りと長い平坦区間が待ち受ける。

例年、上り・平坦・下りいずれにも力を発揮できるオールラウンダーが好成績を残していることが挙げられる。

 

そんな日本が誇る難コースを14周回・全長143.2kmで争われる予定だったレースは、ここしばらくの悪天候から急遽レース距離短縮の措置がとられることに。

10周回・103kmとなり、途中に設けられる山岳賞周回は2・4・6・8周回目と決められた。

 

KINAN Cycling Teamは、前日に宇都宮市街地で行われたクリテリウムで雨乞竜己が4位と活躍。

ジャイ・クロフォード、山本元喜、トマ・ルバ、中島康晴がエーススプリンターに指名された雨乞を盛り立て、好結果を引き寄せた。

続くロードレースは、雨乞に代わってマルコス・ガルシアがメンバー入り。

昨年のこの大会では山岳賞を獲得しており、コースとの相性も上々だ。

チームは、ジャイ、トマ、マルコスの3人を軸にレースを組み立てることを確認。山本と中島は彼らのサポートを行いながらも、チャンスがあれば逃げにもトライする意思でスタートへと向かった。

 

スタートラインに並んだ中島康晴

 

スタートラインに並んだ山本元喜

 

そして始まったレースは、スタートの号砲直後から逃げを狙う選手たちが古賀志林道へと猛スピードで突っ込んでいく。

山本もその中に加わり、逃げの可能性をうかがう。

やがて10人を超える逃げグループが形成され、トマが合流。

2周回目に入ると、この日最初の山岳賞を前にトマを含む3人がさらにアタック。

そして古賀志林道の頂上をトマがトップ通過し山岳賞を獲得した。

 

この日最初の山岳賞に向かってペースを上げるトマ・ルバ

 

トマたちを見送った選手たちは追走グループとなったが、4周回目までにメイン集団が吸収。

快調に飛ばすトマたちは、集団に対し約2分のリードを築く。

一方の集団では、ジャイ、山本、マルコス、中島が次なる展開に備えた。

 

古賀志林道の上りを進むマルコス・ガルシア

 

古賀志林道の頂上を越える中島康晴

 

古賀志林道の頂上を越えるジャイ・クロフォード

 

古賀志林道の頂上を越える山本元喜

 

レースが後半に入ると、メイン集団からアタックが散発。

先頭のトマたちを追うべく4人の追走グループが形成され、さらに2人が加わる状況となるが、7周回目の古賀志林道の上りでメイン集団が再び吸収。

しかしこれらの動きによって集団がいくつにも割れ、KINAN勢はジャイが前方に残る。

 

リードを守り続けたトマたちだったが、周回を経るごとに後続とのタイム差が徐々に縮まってきた。

そして9周回目、古賀志林道の上りでメイン集団から飛び出した3選手が、その後の下りと平坦でも勢いを落とさずトマたちに合流。

先頭グループは6人となり、そのままラスト1周の鐘を聞いた。

 

人数を増やした先頭集団。トマ・ルバらはそのまま優勝争いへと移っていった

 

最後の古賀志林道の上りで1人が脱落し、先頭は5人に。

後方から懸命に追っていたメイン集団を振り切り、そのまま優勝争いへと進行しスプリント勝負にゆだねられることとなった。

 

最終のストレートに入り、フィニッシュに向けて5人が加速。

力の限りを尽くしたトマだったが、序盤から逃げ続けた影響もあり、5位でのフィニッシュ。

それでも、最初から最後までトップを走り続け、ジャパンカップ制覇まであと一歩のところまで迫った。

 

5位でフィニッシュするトマ・ルバ

 

メイン集団は34秒差でのフィニッシュ。

上位争いのスプリントにジャイも加わり、結果は12位。

その後、中島、マルコス、山本が続々とフィニッシュラインを通過した。

 

上位争いのスプリント。ジャイ・クロフォード(左から2人目)は12位となった

 

29位でフィニッシュする中島康晴

 

40位でレースを終えたマルコス・ガルシア

 

これらの結果から、KINAN勢はチーム内上位4選手がHCクラスでは40位までに付与されるUCIポイントを獲得。

合計で118ポイント(5位トマ85ポイント、12位ジャイ25ポイント、29位中島5ポイント、40位マルコス3ポイント)をチームにもたらした。

 

10月20日から関連イベントが催され、翌21日のクリテリウムでは雨乞、この日のロードレースではトマがそれぞれ上位入賞を果たし、KINAN Cycling Teamは世界の名立たる強豪を相手にしながらも強さと存在感をアピールした。

年内の残るUCIレースは、11月12日のツール・ド・おきなわ(UCIアジアツアー1.2)のみとなったが、チームは引き続き結果を求めて活動を続けてゆく。

 

なお、レース後は国内外のUCIコンチネンタルチームを対象としたファン向けのアフターパーティーに出席。

多くのファンと交流するとともに、雨中のレースでの応援への感謝を示す場となった。

 

レースを終えて宇都宮市内でアフターパーティーに出席

 

 

ジャパンカップサイクルロードレース(103km)結果

1 マルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 2時間45分37秒

2 ベンジャミ・プラデス(スペイン、チームUKYO) +0秒

3 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) +0秒

4 アントワン・トールク(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +0秒

5 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +0秒

6 ヤスペル・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) +34秒

12 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +34秒

29 中島康晴(KINAN Cycling Team) +3分58秒

40 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +4分7秒

44 山本元喜(KINAN Cycling Team) +7分15秒

 

 

●選手コメント

 

・トマ・ルバ

「ポディウムまであと少しだったと思うと悔しい。当初は自分が逃げたところであまり効果がないように考えていたが、雨の影響で10周回に短縮されてからはチャンスが大きくなったと感じていた。そこで逃げにトライしてみたところ、3人で先行する形になった。雨が強かったし、路面も滑りやすかったので、実際のところトップを走り続けたことは正しかったと思っている。

 

自分の走りがみんなにとって“ジャパンカップ優勝”という夢を与えられたなら、とてもうれしい。自分でも今日はチャンスがめぐってきたと思ったほどだった。またこれからもチャレンジするし、近い将来“その日”がやってくるともっとうれしい」

 

逃げグループを牽引するトマ・ルバ

 

 

【Gallery】

 

選手たちはスタート直前までローラー台でウォーミングアップを行った

 

スタートの号砲でコースへと飛び出していくトマ・ルバ

 

古賀志林道の上りを進むマルコス・ガルシア

 

4周回目の古賀志林道を上り終えたトマ・ルバ

 

アフターパーティーの会場で前日のクリテリウムの走りについて取材を受ける雨乞竜己

 

アフターパーティー内で行われた、チーム提供のプレゼントが当たる抽選会。選手たちがくじを引く

 

プレゼント景品に山本元喜がサインする

 

 

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU

 

メディアリリースのダウンロード

20171022JC_RR_.pdf

AD