KINAN Cycling Teamがホストを務める、東海地区で開催のロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」の2017年第8戦が8月5日に行われました。

メインレースの1-1カテゴリーでは、椿大志選手が優勝。

独走で逃げ切りを決めました。

そのほか、「 レーススキルアップ講座」やキッズ限定のオープニングランなど、盛りだくさんの内容で行われました。

 

このエントリーでは、1-1カテゴリーのレポートと、KINAN Cycling Teamの当日の活動の模様をお届けします。

 

以下、8月6日付メディアリリース同文となります。

 

 

---

 

椿大志がKINAN AACA CUP8戦で独走勝利

高温多湿のサバイバルレースをKINAN Cycling Teamがコントロール

6th August 2017

 

●KINAN AACA CUP2017第8戦1-1クラス

102km(5.1km×22周回)

 

●KINAN Cycling Team出場選手

山本元喜
椿大志
阿曽圭佑

中西健児
野中竜馬
雨乞竜己
中島康晴

 

 

東海地方で開催されるロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」2017年シーズン第8戦が8月5日、国営木曽三川公園 長良川サービスセンター前特設コースで実施された。

メインカテゴリーの1-1クラス(102km、5.1km×20周回)では、最終周回で抜け出した椿大志が後続を大きく引き離して独走勝利。

レースは終始KINAN Cycling Teamがコントロールする中、ホストチームとしての責任を果たす結果を残した。

 

毎月1回のペースで行われるシリーズ戦だが、このコースで行われるのは5月以来。

下り坂を含む長良川名物の「Zコーナー」が今回からなくなり、新たに90度コーナーが連続するテクニカルな区間が採用されることとなった。

一方で、スタート・フィニッシュが設けられるコントロールライン前後のアップダウンが取り払われたことで、オールフラットなサーキットに様変わり。

この地特有の強い風の影響を受けつつも、これまで以上に積極的かつスピード感のあるレースが期待された。

 

5.1kmを20周回するメインの1-1カテゴリーには、KINAN Cycling Teamから山本元喜、椿大志、阿曽圭佑、中西健児、野中竜馬、雨乞竜己、中島康晴の7選手が出場。

株式会社キナン』がシリーズを支えていることもあり、ホストチームとしてレース内外での盛り上げ役を担った。

 

この日の長良川沿いは、30度を超える気温と、朝まで降り続いた雨による多湿というハードなレースコンディションとなった。

そんな中でスタートが切られると、すぐさま逃げ狙いのアタックが発生。

3周回目に決まった6人の逃げグループには、下島将輝選手(那須ブラーゼン)、中井唯晶選手(京都産業大学)、水野貴行選手(Interpro Cycling Academy)、武山晃輔選手(日本大学)、中西、中島が入った。

 

 

最大で45秒程度にまで広がった逃げとメイン集団とのタイム差だが、中盤に入って集団で追走ムードが高まる。

人数を減らし4人となった逃げグループに、阿曽ら3選手が合流。

7人が先行した状態で、中間地点の10周回を終えた。

 

 

しかし、7選手のリードはそう長くは続かず、14周回目にはメイン集団がキャッチ。

勝負はふりだしに戻ると同時に、人数の絞り込みや局面打開をねらいとしたアタックが頻発する。

 

レースが大きく動いたのは17周回目。

水野恭兵選手(Interpro Cycling Academy)のアタックが決まると、これを椿がチェック。

そのまま2人が抜け出し、お見合い状態となった後続を引き離す。

その後5人の追走グループが形成されるが、前を行く水野選手と椿はペースを緩めることなく先を急ぐ。

そのまま一騎打ちの様相となった。

 

 

勝負が決まったのは、今回から採用された連続コーナーだった。

ここで椿がペースアップを図り、水野選手との差を広げていく。そのまま踏み続けた椿が独走態勢に持ち込んだ。

 

向かい風が強まった周回後半も勢いが衰えなかった椿は、後続を大きく引き離し最後の直線へ。

鮮やかな逃げ切りで文句なしの逃げ切り勝利を挙げた。

 

 

真夏の厳しい条件下にあって、逃げ、追走、終盤の絞り込みとKINAN Cycling Teamが常にメンバーを送り込み、優位にレースを展開。

最後はこの日調子のよかった椿がしっかりと決めてみせた。

 

 

第8戦を終えて、シリーズポイントランキングで5選手が同点で首位に立っている。

残りは2戦となったが、年間チャンピオンの行方も目が離せなくなっている。

 

アグレッシブなレースが見どころとなった「KINAN AACA CUP」。

次回は9月2日に今回と同じ、国営木曽三川公園 長良川サービスセンター前特設コースにて行われる。

 

 

2017 KINAN AACA CUP 8 1-1クラス(102km5.1km×20周回)結果

1 椿大志(KINAN Cycling Team)

2 水野恭兵(Interpro Cycling Academy)

3 中島康晴(KINAN Cycling Team)

4 永吉篤弥(DESTRA)

5 水野貴行(Interpro Cycling Academy)

 

2017 KINAN AACA CUPポイントランキング(第8戦終了時)

1 トム・ボシス(フランス、Interpro Cycling Academy) 768pts

1 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) 768pts

1 椿大志(KINAN Cycling Team) 768pts

1 山本元喜(KINAN Cycling Team) 768pts

1 野中竜馬(KINAN Cycling Team) 768pts

※5選手が同点1位

 

 

■KINAN Cycling Teamが異例の「公開ミーティング」を実施

 

KINAN AACA CUP恒例の「レーススキルアップ講座」。

ビギナーから上級者まで幅広く参加が可能で、国内外でのレースで経験と実績を積むKINAN Cycling Teamの選手たちが講師を務めるとあって、毎回多くの参加者でにぎわう。

 

レースに直結する技術的な内容や、効果的なストレッチ方法など、毎回テーマを変えて行う講座は、今回初の試みとして「公開ミーティング」を実施。

1-1カテゴリーへの出走を控えたKINAN Cycling Teamの選手たちが意見を出し合い、戦術を組み立てていくプロセスを参加者に披露した。

 

 

プロ選手たちのレース前の準備や意気込みを見せると同時に、参加者ヘはコースに合った走り方や脚質に見合った戦術の導き出し方、単騎または複数メンバーで臨む際の戦い方といった側面をひとつひとつレクチャー。

レース時とは違う、選手たちの姿を見せる機会を設けた。

 

 

そのほか、今回もWAKO'S(株式会社和光ケミカル)さまによるメンテナンスブース、BUCYO COFFEEさまによる飲食ブースが登場。

コントロールライン近くに設置されたこともあり、レース前後に立ち寄る選手たちの姿が多く見られた。

 

スポンサーブース訪問 WAKO'S (株)和光ケミカルさま

 

1-1カテゴリーのレース前には、こちらも恒例となったキッズ限定のオープニングランを実施。

KINAN Cycling Teamの選手たちとともにレースコースを快走。

さらには、中島がふるさと大使を務める福井県越前市からは銘菓「ボル菓」「けんけら」が優勝者への副賞として贈られるなど、レース内外でにぎわいがもたらされた。

 

 

 

 

 

 

【Gallery】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
 
メディアリリースのダウンロード

20170805aaca_08_.pdf

 

 

次回チーム活動

8月20日 シマノ鈴鹿ロードレースクラシック(鈴鹿サーキット)

AD