KINAN Cycling Teamが参戦中のツール・ドゥ・ロワール=エ=シェール(UCIヨーロッパツアー2.2)は、現地時間4月13日に第2ステージが行われました。

チームの戦いの様子を写真と合わせてレポートします。

 

大会は中盤戦へ。

チャンスをモノにすべくトライしていきますので、引き続き応援お願いします。

 

以下内容は、チームが配信するメディアリリースからの抜粋となります。

 

---

 

KINAN Cycling Team出場 ツール・ドゥ・ロワール==シェール

2ステージは落車に苦しむも6人全員が次につなげる走り

13nd April 2017

 

●ツール・ドゥ・ロワール=エ=シェール(Tour du Loir-et-Cher)

第2ステージ ラ・フェルテ=アンボー~ヴルヌー=アン=ソローニュ 184km

 

●KINAN Cycling Team出場選手

山本元喜

椿大志

阿曽圭佑

中西健児

野中竜馬

雨乞竜己

 

UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム、KINAN Cycling Teamが出場しているツール・ドゥ・ロワール=エ=シェール(Tour du Loir-et-Cher、UCIヨーロッパツアー2.2)は現地時間4月13日、第2ステージを実施。

3選手が落車に見舞われたものの、メンバー全員フィニッシュし、次へとつなげた。

なお、チーム最上位は雨乞竜己の29位となっている。

 

ステージでチーム紹介を受けるKINAN Cycling Team。左から野中、阿曽、椿、山本、中西、雨乞

 

KINAN Cycling Teamにとって3度目の出場となるこの大会だが、激しいポジショニングや強風、悪天候、荒れた路面などさまざまな要素が混在する高難度のステージレース。

前日の第1ステージからその傾向はすでに見られており、チームとしては様子をうかがいつつ、チャンスがあれば攻撃するスタンスで臨んでいる。

メンバーは雨乞のほか、山本元喜、椿大志、阿曽圭佑、中西健児、野中竜馬の6人。

 

第2ステージは、前半に2カ所の山岳ポイントが設けられるが、おおむね平坦基調。

ハイスピードの展開が予想されたが、KINAN勢は序盤から積極的に逃げにトライ。アタックを試みるが、やはりプロトン全体のスピードが上がっており思ったように決まらない。

その間、集団内でのポジションを上げようとしていた中西が落車するハプニングもあった。

無事集団復帰を果たしたが、本場ヨーロッパの洗礼を浴びた格好だ。

 

パレードスタート。中西、山本、1人置いて阿曽の姿が見られる

 

結局、スタートから約2時間でようやく逃げグループが形成された。

ここにKINAN勢は乗ることはなく、集団に待機しての終盤勝負に切り替え。

各選手ともに走りやすい位置を見極めながら、落ち着いてレースを進めていった。

 

集団内を走行する中西健児。手前に雨乞竜己の姿も見える

 

集団内を走行する椿大志

 

集団内でレースを進める雨乞竜己

 

終盤は1周23kmのサーキットを3周回。

スプリントを狙うチームが少しずつメイン集団前方を固め、逃げグループとのタイム差をコントロールする。

そうした中、2周回目の後半で阿曽が落車に見舞われてしまう。

残り距離が少なくなるところで何とか集団復帰を狙ったが、ラストとなる3周回目でまたしても集団に落車が発生。

ここに野中が巻き込まれ、阿曽とともに集団復帰が難しい状況となってしまった。

 

集団内で走る阿曽圭佑。終盤に落車に見舞われた

 

集団でのポジションを上げる野中竜馬。この後落車に巻き込まれる

 

集団でのポジションを上げる野中竜馬。この後落車に巻き込まれる結果的に、最終周回で逃げグループは吸収され、勝負は集団スプリントに。

アレックス・フレーム選手(ニュージーランド、JLT・コンドール)が優勝。

KINAN勢は、単独でポジション争いに加わった雨乞が29位。

途中まで好位置を確保していたが、フィニッシュを目前に番手を下げてしまった。

椿、山本、中西も同集団でフィニッシュ。

 

29位でフィニッシュした雨乞竜己

 

椿大志、山本元喜もメイン集団でフィニッシュ

 

大会前半の2日間は天候に恵まれた一方で、穏やかな風と平坦路によって大きな絞り込みがないまま終わった。

中盤以降は総合争いを含めて、戦いは激化すると見られる。

小刻みなアップダウンやテクニカルなコースレイアウトが、選手たちをふるいにかける。

すでにプロトン内では消耗の激しい選手も出てきており、タフなレースにあってKINAN勢6人がどうしのぎ、チャンスを切り拓いていくかがポイントとなる。

 

第3ステージはサヴィニー=シュル=ブレイからヴァンドームまでの211km。現地時間14日午前11時(日本時間同日午後6時)にスタートが切られる。

 

 

ツール・ドゥ・ロワール==シェール第1ステージ(154.5km)結果

1 アレックス・フレーム(ニュージーランド、JLT・コンドール) 4時間18分37秒

2 ジェフ・フェルミューレン(オランダ、デストリ・ジョーピールスサイクリングチーム) +0秒

3 マールテン・ファントリープ(オランダ、メテック・TKH) 

4 アルフダン・デデッケル(ベルギー、ロット・ソウダルU23)

5 イェーレ・ドンデルス(ベルギー、チーム ディフェルダンジュ・ロシュ)

6 ブレントン・ジョーンズ(オーストラリア、JTL・コンドール)

29 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) 

138 椿大志(KINAN Cycling Team) 

139 山本元喜(KINAN Cycling Team) 

142 中西健児(KINAN Cycling Team)

156 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +5分34秒

158 野中竜馬(KINAN Cycling Team)

 

個人総合時間賞

1 ダミアン・ショー(アイルランド、アンポスト・チェーンリアクション) 7時間50分50秒

2 トーマス・ロストラン(フランス、アーミー・ド・テレ) +6秒

3 ジョーイ・ファンリー(オランダ、デストリ・ジョーピールスサイクリングチーム) +10秒

4 ジョシュア・フッペルツ(ドイツ、チーム ロット・ケルンハウス) +11秒

5 ニクラス・ペデルセン(デンマーク、チーム ジャイアント・カステリ) +16秒

6 レネ・ホーヘムステル(オランダ、ベイビーダンプサイクリングチーム) 

45 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +57秒

141 山本元喜(KINAN Cycling Team) 

143 椿大志(KINAN Cycling Team) 

146 中西健児(KINAN Cycling Team)

155 阿曽圭佑(KINAN Cycling Team) +6分31秒

150 野中竜馬(KINAN Cycling Team)

 

チーム総合時間賞

1 アンポスト・チェーンリアクション 23時間34分34秒

26 KINAN Cycling Team +47秒

 

 

●監督・選手コメント

 

・加藤康則ゼネラルマネージャー

「なかなか逃げが決まらず、終始早い展開となったレースで、選手たちは疲労したのではないか。どの選手にとっても激しいレースなだけに、突如大きな逃げが決まる可能性もある。第3ステージは細かなアップダウンが増え、より厳しいレース展開となることが予想される。今日は3選手が落車に巻き込まれてしまったが、次のステージは逃げなど1つ1つの動きに乗り遅れないようにしていきたい。

 

ヨーロッパを主戦場とする選手たちはみな体が大きく、当たりに負けない強さがある。それだけに、KINAN Cycling Teamの選手たちに訪れるチャンスが少ないが、これからもっと認知されるよう努力してトライできる機会を増やしていく必要を感じている。そんな中でも、選手たちは気持ちでは負けていないし、アタックを試みるなどして何かやってやろうという姿勢が見られる点は褒めてあげたい」

 

・山本元喜

「まずはKINAN Cycling Teamをヨーロッパの選手たちに知ってもらうことが大切。認知されないことには、集団の前方に上がるのにも苦労するし、チームとしてトレインを組んで前へと上がるのも難しい。ただ、雨乞がスプリントを狙う以外は、チームとして逃げに乗るのが最善策なので、自分たちで苦しい思いをしながらレースを経験していくしかないし、走っているだけでは意味がない。

 

この先もアタック合戦に参加しながら、レース序盤で逃げを決められるようにしていきたい。体調や疲労の度合いを確かめながら、個々があらゆる状況において考えを巡らせながら走っていくことが必要。位置取りやスピードは日本やアジアと全然違う。ここで力が出せれば、日本に戻ってからもよい走りができるようになると思う」

 

山本元喜は引き続き逃げでチャンスをうかがう

 

 

【Gallery】

 

選手がまたがるYONEX製のバイクはフランスでも注目の的

 

ファンからサインを求められる野中竜馬

 

YONEXのSTBレッグサポーター。選手たちの脚をしっかりとホールドする

 

ファンにYONEX製バイクの説明をする中西健児

 

補給を待つボトルにはアスリチューンが貼り付けられる

 

現地マッサーの“ジニー”がフィードゾーンに立つ

 

集団内で終盤の周回コースを迎えた椿大志

 

雨乞竜己(左)、山本元喜(中央)も落ち着いてレースを進める

 

チームカーからサムズアップ

 

落車負傷の手当。ダメージを最小限にとどめる

 

 

​​​​​​Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU