所属選手やスタッフにスポットをあて、そのときどきで抱く思いや考えをリアルにお見せしていく「Close-up」。

第3回は今シーズン加入のフレンチクライマー、トマ・ルバ選手です。

 

ここ数年は日本のチームに所属してきたこともあり、アジアやヨーロッパでの戦い方を熟知している強みがあります。

そんなトマ選手へのインタビューは、チームビルディングキャンプ期間中の2016年12月21日に行いました。

 

リラックスした様子でフォトセッションに臨むトマ・ルバ(右から2人目)

 

---

 

■チームビルディングキャンプがスタートしました。新しい仲間やチームの雰囲気など、どのような印象を持ちましたか?

 

チームは素晴らしいスタートを切ることができたと思います。
選手やスタッフが私を温かく迎えてくれて、これから最高の働きができると確信しています。

 

 

■ここ数年はアジアを中心に、ヨーロッパやアフリカのレースでも結果を残してきていました。そして今年、晴れて移籍を果たしました。新たな環境としてKINAN Cycling Teamを選んだ理由を教えてください

 

KINAN Cycling TeamのUCI(国際自転車競技連合)レースプログラムに、とてもよい印象を持っていました。
また、アジアやヨーロッパを主戦場にしている点に大きな魅力を感じたのも、このチームを選んだ理由として挙げられます。

 

 

■2017年シーズン、目標とするレースを教えてください

 

ツール・ド・熊野(6月1~4日、UCIアジアツアー2.2)は、チームにとって非常に重要なレースになります。
そこを最大の目標に据え、レースではベストを尽くしたいと思っています。

 

 

 

トマ・ルバ/Thomas Lebas
身長・体重/182cm・65kg
誕生日/1985年12月14日
国籍/フランス
脚質/クライマー
主な実績/2012年 ツール・ド・熊野 個人総合3位
2013年 ツール・ド・北海道 個人総合優勝,第2ステージ優勝
2014年 ツール・ド・セティフ 個人総合優勝
2014年 ツール・ド・コンスタンティン 第2ステージ優勝
2014年 ツール・ド・グアドループ 第4ステージ優勝
2015年 ツール・ド・フィリピン 個人総合優勝
2015年 ツール・ド・グアドループ 第6ステージ優勝
2016年 ツール・ド・熊野 個人総合3位

Facebook/https://www.facebook.com/Thomas-Lebas-318037634912886/

 

次回チーム活動
1月28日 KINAN AACA CUP第1戦(国営木曽三川公園 長良川サービスセンター)


Interview, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
Photos: KINAN Cycling Team