ジャパンカップサイクルロードレースに先だって行われたクリテリウム。

雨が降り続いた宇都宮市街地を舞台に、多くのファンが詰めかけた中で熱いレースが繰り広げられました。

世界の一線級が参戦したハイスピードバトルに、KINAN Cycling Teamも果敢に挑みました。

 

チームの戦いぶりを写真と合わせてレポートします。

どうぞご覧ください。

以下レポートは、10月21日付メディアリリース同文となります。

 

スタート前のパレード走行。沿道の声援に応えながら走る山本元喜と雨乞竜己

 

---

 

ジャパンカップクリテリウムで雨乞竜己が4

世界の一線級に交じって好スプリントで魅せる

21st October 2017

 

●2017 ジャパンカップ クリテリウム

38.25km(2.25km/パレード2周+レース15周)

 

●KINAN Cycling Team出場選手

ジャイ・クロフォード
山本元喜
雨乞竜己
トマ・ルバ

中島康晴

 

 

10月20日に幕を開けた2017ジャパンカップサイクルロードレースは、大会2日目の21日に宇都宮市街地でのクリテリウムを実施。

多くのファンが見守る中でのハイスピードバトルにKINAN Cycling Teamも参戦。

チームメートのアシストを受け、スプリントへと送り出された雨乞竜己が4位となり、世界の一線級の選手たちの中で存在感を示した。

 

例年、ジャパンカップクリテリウムは、宇都宮市街地の目抜き通りを舞台にレースが行われる。

今年も東西に行き来する2.25kmの周回コースで争われた。

距離は、レース15周回、それに先立つ2周回のパレードも含めて総距離38.25kmとなる。

 

KINAN Cycling Teamは、ジャイ・クロフォード、山本元喜、トマ・ルバ、中島康晴に加え、クリテリウム要員としてスプリンターの雨乞をメンバーに加えた。

この大会には力のあるUCIワールドチームも複数参戦しているが、その中に割って入るべく、雨乞をエーススプリンターに立てて勝負に出るチームオーダーを組んだ。

 

レースは午後3時40分からと、いつものレースに比べて遅めの実施となったこともあり、選手たちは午前中にローラー台での調整で汗を流し、その後もゆっくりと準備を進めて会場入り。

時折雨が強くなるコンディションの中、選手たちはレース前のパレードを行い、満を持してスタートラインへ着いた。

 

雨乞竜己が集中した表情でウォーミングアップを行う

 

スタート前のパレード走行。トマ・ルバとジャイ・クロフォードが並んで走る

 

中島康晴は沿道からの声に笑顔を見せる

 

スタートラインに並んだ雨乞竜己。体を冷やさないよう温かいお茶を飲みながら待つ

 

スタートラインに並んだトマ・ルバ

 

そうして迎えたレースは、UCIワールドチーム勢がコントロールし、ほぼ一団となったまま進行。

4周回目、8周回目、12周回目にスプリント賞が設けられるが、KINAN勢では中島が4周回目を前に先頭へ出てチャンスをうかがう。

あと一歩のところで賞の獲得にはならなかったものの、レースを活性化させるきっかけを作った。

 

中島康晴は4周回目に設けられたスプリント賞まであと一歩に迫った

 

以降は、中島が集団前方をキープし、その他のメンバーは後方から次なる展開を待った。

10周回に入ったあたりから、雨乞が徐々に集団内でのポジションアップを図る。

ここは山本が中心となってケアに回り、濡れた路面でのスリップやバイクトラブルの回避に努めた。

 

山本元喜は雨乞竜己のケアに努めた

 

雨乞竜己はレース後半から徐々にポジションを上げていった

 

降ったり止んだりを繰り返す雨もあって、プロトンはそのままスプリントを見据えた動きへと進行していく。

KINAN勢は残り3周回に入ったところから、山本やトマ、ジャイが雨乞を集団前方へと引き上げる。

UCIワールドチームがトレインを形成し、スピードを上げていく中で、雨乞の姿も少しずつ見えるようになってきた。

 

トマ・ルバとジャイ・クロフォードが雨乞竜己を前方へと引き上げる

 

そしてラスト1周へ。

今度は中島が雨乞をリードアウト。

一度ポジションを下げたものの、バックストレートで再び前へと上がってゆく。

最後の直線へと向かう180度ターンを先頭で入るが、中島が後輪を滑らせオーバーラン。

ここで雨乞が先頭へと出るが、位置取りを整え、最終のスプリント勝負に備える。

 

好ポジションを確保する中島康晴。他チームの動きをうかがいながら走る

 

残り300m、2番手の位置から雨乞がスプリントを開始。

早めの仕掛けだったこともあり、フィニッシュ直前で2人にかわされたものの4番手をキープしてフィニッシュラインを通過。

並み居る実力者に続く4位は、日本人トップとなる好リザルト。

今シーズンたびたびスプリントで結果を残してきたが、この大舞台でも力を発揮した。

 

4位でフィニッシュする雨乞竜己は表彰台を逃し悔しさを表す

 

スプリント時に集団で落車が発生したものの、KINAN勢はいずれも回避し、5人ともトラブルなく完走。

この日エーススプリンターを務めた雨乞を盛り立てる抜群のチームワークは、翌日のロードレースへと大きな弾みとなるはずだ。

 

健闘した雨乞竜己を中島康晴と山本元喜がねぎらう

 

大会最終日の22日は、メインイベントのロードレースが行われる。

宇都宮市森林公園に設けられた10.3kmの周回コースを14周する144.2kmで争われる。

名物である古賀志林道の上りは、高度にして185mを一気に駆け上がる難所。

この坂でのアタックが戦いを左右するケースが多く、今年も終盤での勝負どころとなることが予想される。

また、強い雨との予報も出ており、天気や気温もレースを左右することになりそうだ。

 

KINAN Cycling Teamは、クリテリウムのメンバーから雨乞に代わってマルコス・ガルシアが出走。

上りに強い選手や、強力なアタックを武器にする選手が有利となるレースにあって、クライマーをそろえるKINAN勢も確実に勝負へと加わることだろう。

 

 

ジャパンカップクリテリウム(38.25km)結果

1 マルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) 43分57秒

2 フアンホセ・ロバト(スペイン、チーム ロットNL・ユンボ) +1秒

3 ブラム・ヴェルテン(オランダ、BMCレーシングチーム) +1秒

4 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +1秒

5 ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、アタッキ・チームグスト) +1秒

6 ジョン・アベラストゥリ(スペイン、チームUKYO) +1秒

12 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、KINAN Cycling Team) +4秒

48 中島康晴(KINAN Cycling Team) +19秒

49 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +26秒

58 山本元喜(KINAN Cycling Team) +40秒

 

 

●選手コメント

 

・雨乞竜己

「久々のレースが強度の高いクリテリウムで、なかなかハードだった。シーズンを通して、他選手の走りの傾向などは見えていたので、それを頭に入れて走っていた。中島さんが長い時間前の方で走っているのは分かっていたので、終盤は信頼して後ろについた。そこまでにトマとジャイが引き上げてくれたし、元喜は序盤から僕のために動いてくれた。結果に関しては最低でも表彰台と考えていたので、フィニッシュを目前に後ろから来た選手に差されてしまったのが悔しい」

 

 

【Gallery】

 

スタート準備を進める山本元喜の表情

 

笑顔でスタート準備を行う中島康晴

 

チームカーから顔をのぞかせる横井利明メカニック

 

序盤から集団前方をキープした中島康晴

 

集団内を走るトマ・ルバ

 

集団内で走るジャイ・クロフォード

 

180度ターンに差し掛かるトマ・ルバ

 

コーナーからの立ち上がりで加速するジャイ・クロフォード

 

 

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU

 

メディアリリースのダウンロード

20171021JC_Criterium_.pdf

AD