甘利は権力側だから無罪 3 | きなこのブログ

きなこのブログ

大失業時代が到来しています。大失業の恐ろしさを歴史から学ばなければならない。『大失業は戦争への道につながっている』

日本を明るい未来へ…

イメージ 1



甘利事件の本当のことを言えば、袋叩きにされる国会は異常事態だ。
http://31634308.at.webry.info/201602/article_25.html

今日、国会の予算員会で公聴会があり、

元検事の郷原氏が甘利氏事件について、意見陳述をした時、

これに反発した自民党の山下議員が、

郷原氏に言わせれば、理屈にもなっていない反論をし、

それに呼応するかのように、

おおさか維新の足立議員が

郷原氏を侮辱するようなひどい発言をしたと、ネットで騒がれている。

この件で、郷原氏が余程腹に据えかねたのか、自身のブログで反論を書いている。

郷原氏のブログを読むと、郷原氏が甘利氏の事件が、斡旋利得処罰罪の「まさにど真ん中のストライクに近い事案」と言ったあたりから、自民党が郷原氏に対して、非難し出したと書かれている。

その代表者が山下議員であるが、議場は学級崩壊状態と書かれている。

ここには議長がいた訳であるが、郷原氏の発言を無視し、学級崩壊状態に敢えてさせている感がある。

さらにひどいのは、おおさか維新の足立議員の質疑は、まるで「名誉棄損」というべき内容であった。

郷原氏が、

『公述人の私に 「(公聴会に)なぜ来たのか」、

「普通の人は民主党の応援団には弁護士の仕事は頼まない」、

「郷原さんは専門家じゃない、政治屋なんです」

などと、公述人の意見陳述とは全く無関係な、露骨な誹謗中傷そのものであり、まさに、国会の品位を貶める発言そのものであった。』

と書かれている。

この発言にも議長は何も注意をしないというから、公平な議長の仕事の本質も無視している。

足立議員の誹謗中傷は、おおさか維新の橋本元代表について、郷原氏がブログで批評していたことを恨んでのことであろうが、余りに常軌を逸している。

郷原氏が、これが日本の国会の現状 と述べている。

これは、一強他弱の政治状態における自民のおごりである。

何をしても怖くはない。

野党が何を言おうが、何も決定権はないと高を括っている。

この一強状態を打破しなければ、日本の政治はますます劣化する。

一強の与党の顔色を窺う検察などはもはや、公正な検察ではない。

今、野党共闘で新しい党が生まれようとしている。

自民のいくら談合政党と言っても構わない。

自公などは談合政権と言ってもいい。

まずは、絶対多数の国会状態を与野党が拮抗する状態にまで戻すことが、まずは見識、良識ある国民の義務である。


(抜粋)

私としては、国会審議でもしばしば取り上げられる「政治とカネ」の問題を整理し、

あっせん利得処罰法の適用範囲について予算執行との関係で説明し、

コンプライアンス論の観点から、

財政投融資によるURの公的住宅資産の活動と、

住のセフティネット構築のために公費投入も含めて議論するに当たって、

前向きな議論ができる前提を確保するためにも、

甘利氏の問題の事実解明が必要だという意見を述べたものである。

公述人として意見を述べるよう求められた私にとって、コンプライアンス・刑事実務という専門の知見から行った意見陳述だった。

ところが、それに対する、自民党おおさか維新対応は、信じ難いものであった。

私が甘利氏の問題に言及し「まさにど真ん中のストライクに近い事案」と言ったあたりから、

右半分強の自民党席はざわつき始め、

何人もの議員が立ち上がって他の議員の席に行って話をするなど、

ほとんどまともに聞いている議員はいないという、さながら「学級崩壊」の状態だった。

特に、最前列に座っていた平沢勝栄議員は、最後列にいた質問者のトップバッター (「一票の格差」で違憲の自民党の元東京地検)の 山下貴司議員とのところに歩み寄り、なにやら耳打ちを始めた(この「耳打ち」は私の陳述終了後も続いていた)。

そして、私を含め4人の公述人の意見陳述が終わり、最初に山下議員が質問に立ち、普通の表情で他の公述人に対する質問をした後、にわかに物凄い形相になって「質問」、ではなく「演説」し始めた。

一見まともなことを言っているように思えるが、内容は支離滅裂で、私の意見陳述に対する反論には全くなっていない

まず、山下議員は、

「国会が法制度や予算に対する建設的議論を脇に置いて、個別の事件追及に汲々とするのは、捜査機関や司法権に対する国会の介入になりかねない」、

「法律家として、民事刑事に関わらず、個人の法的な責任の有無について国会の場で取り上げることについては慎重でなければならない」

などと述べた上で、

民主党政権時代に、陸山会をめぐる政治資金規正法違反事件について、

小沢一郎氏や秘書について予算委員会での証人喚問や参考人招致を求めたが実現しなかったことを指摘した。

しかし、政治資金規正法違反で秘書が逮捕されていた小沢氏の事件とは異なり、

甘利氏の問題については、現時点では告発すら行われていないし

捜査機関の捜査が現実化しているわけでもない。

しかも、私は、あっせん利得処罰法の立法の趣旨、罰則の適用範囲を示し、

甘利氏の問題が、当然、検察があっせん利得処罰法違反で捜査の対象とすべき事件だと述べた上、

もし、検察が捜査によって事実解明を行わないのであれば、

国会による事実解明を行うこともやむを得ないと言っているのである。

国会が捜査機関に直接介入すべしと言っているわけでもないし、ましてや、甘利氏の法的責任を国会の場で取り上げろと言っているわけでもない。

(抜粋)

しかも、この山下議員の質問は、単なる個人プレーとは思えない。

質問の前、平沢議員は、山下議員の席に歩み寄って、入念な「打合せ」をしていた。

自民党チームの「平沢監督」が、ネクストバッターズボックスにいた山下議員に気合を入れ、その上でバッターボックスに入って行ったのが、この「演説」だったのである。

そして、この山下議員の発言は、5番目に質問に立ったおおさか維新の会足立康史議員にも多大な影響を与えた。

足立議員は、

「今日は、山下委員から、冒頭、スキャンダル周りの話があって、大西委員(民主党)からも議論があったので、私がほっとくわけにもいかない」

などと言って、山下議員の「演説」を受けての質問を始めた。

その内容は、公述人の私に

「(公聴会に)なぜ来たのか」、

「普通の人は民主党の応援団には弁護士の仕事は頼まない」、

「郷原さんは専門家じゃない、政治屋なんです」

などと、公述人の意見陳述とは全く無関係な、露骨な誹謗中傷そのものであり、まさに、国会の品位を貶める発言そのものであった。

足立議員の誹謗中傷質問に対しては、予算委員会理事の民主党の山井議員が委員長に、発言の撤回を求めて激しく詰め寄っていた。

野党席から非難の怒声があがる一方、

自民党席から、「議事進行!」「議事進行!」という叫び声が上がり、

委員長は、「後日、理事会で協議する」と言っただけで、そのまま、足立議員の質問は終了した。

これが、昨日の、衆議院予算委員会中央公聴会での私の意見陳述をめぐる顛末である。

残念ながら、このような状態の予算委員会で審議され、成立しようとしているのが、我が国の国家予算なのである。

(終わり)

イメージ 2





[郷原信郎氏]甘利前大臣の金銭授受問題:あっせん利得処罰法の処罰の対象の、まさにど真ん中のストライク!【衆院予算委】
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=106973

元特捜の郷原信郎氏が甘利金銭授受問題について

"検察が捜査を躊躇する理由はない…

あっせん利得処罰法の処罰の対象の、まさにど真ん中のストライクに近い事案だ"

と国会で断言しています。

また

"検察当局が捜査にすら着手しないのであれば、

…証人喚問や参考人招致により事実解明を行うことが国会の責務"

と述べています。

イメージ 3


さらに郷原氏のブログでは、甘利前大臣が「元特捜検事」による調査報告書に基づいて記者会見した件に関して、その「元特捜検事」自体が本当に実在しているのか、疑惑の目が向けられています。

検察当局も甘利前大臣といっしょで「日本なんかどうなったっていい!」と思っているのでしょうか。


甘利明元経産相が事実を報道したテレビ東京をスラップ訴訟
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1553.html

郷原信郎が斬る
https://nobuogohara.wordpress.com/

消費者金融と密着している甘利 明
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0610/061010-57.html


「ヤジは議場の華」と味方につける男は自分の時は激怒する
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4178.html


安倍晋三は、答弁に行き詰まると味方のヤジをうまく利用する。

自民党の議員も心得たもので、タイミングよくヤジを入れて国会を混乱させるのがいつもの手口。

しかし、その安倍晋三は、いざ自分がヤジられると激怒する。
「僕だけじゃないよ、なんとかちゃんだって」・・・








イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6