皮膚と心の感覚 | スピリチュアルな癒しの旅~

スピリチュアルな癒しの旅~

妖精のぬりえを使ったオリジナルのカラーセラピーシステム
スピリチュアルなお話と色の世界へようこそ!!

今日は朝から格闘していました。

 

 

なんの?

 

ピザを焼こうと思って。

それも”フルーツピザ”

動画で見ているには簡単そうなんです。

けど、

 

見るとやるとは大違い。

思ったようにはいきません。

それでもなんとかかんとかできました!

そしてちょっと味見。

 

”うま~~~~い!!”自画自賛

自分で言うのもなんですが案外おいしくできて満足しました。

温かいうちに食べるともっと良いですが

訪問する先に持っていくため、それまでには冷めます。。。

というわけで、

温かい出来立て写真だけでも残しておかないとと、これ。

パイナップルとブドウ、洋ナシの赤ワイン漬けに

ヨーグルトとリンゴジャム、はちみつを加えたデラックスピザ。

(またしても自画自賛)

 

 

 

冬は温かいモノが恋しくなります。

体も心も欲しています。

 

皮膚の感覚と心の感覚はリンクしていて皮膚を温めれば心も温まり、

優しい温厚な気持ちになるそうです。

それから落ち着きも出ます。

 

・・・体が冷えていると心も冷えている・・・

こちらは証明されているそうですよ。

 

 

 

私たちセラピストは

心穏やかにセッションを進めていきたいので

温かいモノを手にしながら、

体に入れながら行うと良いのです。

(表面的は温かくても体を冷やす飲み物もあります。)

 

そこで私は

”ハーブティー”を選んだわけです。

 

セッションはもちろん、カラーセラピー講座中も

教える側、受講する側もハーブティーをいただきながら

進めます。

心が落ち着いて

相手の話を聞く態勢になりますし、

話すほうも穏やかに話ができる。

 

温めるというのは、

心にも体にも健康に良いので

これからの冷える季節、意識して体を温めようと思います。