こんにちは。きなこです。


更新さぼりも毎度のことで、それでもなおかつ覗いていってくださる読者様に感謝感謝ですぅ。

懲りずに、何度でも覗いてくださいね(。-人-。)


タイトルどおり、実家の父が亡くなりました。

ブログに書くのは不謹慎かとも思いましたが

何かを残したくて、書いてみることにします。

多分、いやきっとまとまりのない文章になるのは間違いないですが(いつもですか?そうですねー^▽^;)

つれづれなるままに書き込んでみます。


暗い話になりますので、嫌いな方はこの先はご遠慮ください。


父が亡くなったのは4月5日。

ちょうどきなこは、5日からが仕事で。


2日に容態が良くないと聞いて、姉夫婦と一緒に父を見舞ってきました。

もうずっと入院先で寝たきり状態だったし、食事も胃ろう(胃に穴をあけてそこから食事を流し込む)で、

なにより話すことが出来ないので(人工呼吸器は付けてない)

いつも、こちらから一方的に話しかけるだけ。

目で反応もないし、ただ息をしているだけのような父でしたが

見舞った時は、呼吸が荒くなっていて、顔が熱のせいか赤くなっていました。


入院先の病院は、今から2年前に転院してからお世話になっている、主に老人が主体の病院です。

入院患者は、高齢者ばかりで、悪化した場合はよその病院のお世話になっていました。


1月にも容態悪くなって、もうだめかとも言われたのですが

何とか父もがんばってくれて、ナースセンター横の部屋で24時間監視されていたのも

1ヵ月後の2月には、父の入院していた部屋に(二人部屋)戻れるまでに回復したのでした。


容態が悪くなっていくたびに、やせ衰えていく父をみながら

義兄が、「もっても今年いっぱいもつかどうか・・・」

もう、そんなに遠くない未来に、この世からいなくなるのかな・・・と


回復はもちろんしてほしいけれど、最初の入院から(2箇所転院あり)もう4年経過して

ずっと頑張ってきていた父。

もともと国鉄職員で(今のJR)機関車の乗員時代の勤務で、肺が半分機能しなくなっていて

肺炎を起こせば、即 死につながる。


何度も何度も、肺の数値が著しく低下していると病院からの連絡で

何度も、もうダメかと覚悟はしたけれど

こんなすぐに、もうだめの日が来るとは、正直思っていなかったのが本音。


その日は、心残りだけれど見舞って、しばらくいたけれど

家族の付き添う場所もないし、邪魔なのがわかるので

また来るねと、声を掛けて帰りました。


翌日3日、お昼前に姉と父を見舞って、昨日と同じように

息が荒くなっている父を、なでさするしかなかったです。


父の入院先を後にして、次に向かったのは母の入院先。

母は、4年前に脳卒中を起こして、それの後遺症で右半身が麻痺したままで

普通に日常生活が送れないため、幸いに入院させていただける病院がみつかったので

そのままその病院にお世話になっています。


週に1度、着替えを取替えに行くのも、家を継いだ姉。

きなこはお嫁に出たので、姉に申し訳ないと思いながらも

行ける時だけ、一緒に行くというかんじで。


父の容態が悪いのは、きなこから話してと姉に言われたので

母に、もう長くないかもしれない・・・とは言ったの。

1月の時も、きなこが母に伝えて、大泣きされたので、今回も?とはおもったけれど

母の中でも、また父が頑張って回復するもんだと思ってたようです。

冷静に聞いていましたから。


4日は、義兄が見舞ってくるというので、お願いして、きなこは父に会いにいっていません。


5日からは、きなこが9日までの仕事に入ったので

心の中で、お願いだから9日まで急変しないでいてねと(勝手な娘だなぁ・・・)

念じならが5日の仕事は無事に終了。


仕事が終わり、実家によるといまから父のところにいくという姉夫婦に便乗させてもらい

ナースセンターの横の部屋に急いでいったら・・・


いつもは息が苦しくても、はぁはぁいうけれど

うるさいと思うほどもなかった。

でも、その日は、ながいこと声も出さなかった父が

声まで出して苦しんでた・・・・

もう長くないんだな・・・


本当に勝手だけれど、早く楽にさせてあげたいと思ってる自分がいました。






長くなるので、続きます。


先ほどの記事と、タイトルが弥生って・・・・

内容が2月の事なのに、弥生って・・・

細かいことは、気にしないようにしましょうね??


そんなこんなで2月はグダグダと、体調悪くてね。

でも、それでも、仕事のある期間じゃなくてよかったです。

仕事が始まると、体調悪くても済ませるしかないし、休めないし。

お金を頂くっていうのは、そういうもんだと思ってるから

不思議と、外に出ると、背筋がシャキッとするもんですよね。


んで、体調戻った頃に(2月終わり)また娘からメールきて

娘「3月1日休みだけど、おかん仕事入ってる?」

きなこ「仕事は5日からだから、まだー」

娘「じゃ、あそびにいこー」

きなこ「楽しみ~どこ行くの?」

娘「「大阪いってこよ」

きなこ「泊まりで?」

娘「日帰りで。ファィト~」


ということで、1日は(あぁ、やっと弥生の話題になったわ・・・)

娘と連れ立って、大阪に遊びに行ってきました。


なんかこの母子、遊んでばっか・・・・と

そこのあなた、思ったでしょ?


2日は、きなこのバースディだから、娘と、大阪にいる息子の配慮で

一緒に過ごそうというサプライズだったのです。

これまた夫は、留守番で(笑)


町内役員をしている夫は、その日、役員会があるので行けないと。

行って来るのはいいけど、変なもの食べて具合悪くならないようにとは

厳重に注意はうけましたが。


そういえば、去年の3月1日も、甥っ子の結婚式で大阪行ったんだった。

あのときから、もうはや1年すぎてしまって

また1個年をとるわけで。

いくつになったのって、聞かないでね?

知りたければ、メールくださればおしえます~(興味ないか・・・)


大阪のどこ行って来るかって悩んだけど、当日お天気もよかったので

久しぶりにUSJ行きたいわーってことで

行き先は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに決定。


お昼は、ヨドバシカメラの中でひさびさのお肉を食べました。

がっついてたから、写真はナシ。


そのあとちょっとこっちをみるからと言われ、つれていかれたのがカメラ売り場。

娘か息子が何かいるものを買うんだろなーとしかおもってないから

後から、子供たちの後を追ってたら、なんか、娘と息子がコソコソ話してるし

なんだろな・・・って。


ひととおり見て回って、カメラ売り場でこれなんかどう?って聞かれて

はぁ?どうって?買ってくれるっての?


息子・娘「うん」


きなこ「まじで?」


息子・娘「まじで」


まぁ、選択は、こっちかそっちかの2択でしたが、それでも嬉しいわけで。

デジカメは持ってるけれど、息子のお下がりなので重いし、大きいの。

綺麗に撮れるけれど、バッテリーの減りも早いし、持ち歩くにはかなり邪魔。

そういうのを知ってるから、プレゼントはデジカメって思ったんでしょうね。

二人で割り勘で、ついでにメモリカードと、ケースも付けて貰いました。


あぁ、ずっと大変だったけど、頑張ってお母さんしてきてよかったなぁ。

こんな頼りない母さんだったのに、子供はちゃんと育ってくれてありがたいなー

と、思った瞬間でした。


息子は、反抗期らしい反抗期もなく大きくなって、その分娘の方が反抗期は大変だったけれど

ちゃんと向き合ってきたから、何でも話せる親子だと自負しています。

もちろん親子といえど、人間なので

全部を把握しようとか、したいとかは思わない。

一緒に住んでいなくて、距離があるからこそ、うまくいってるのかもしれない。


どちらにしても、いつかは子供たちも、親より大事な人を見つけて

その人と共に生きていくのだから、

今はまだ、きなこの子供として親子でいれる少ない時間になってきています。

それだからこそ、貴重な時間を、楽しく過ごしたい。


もちろん家族が増えるってことは、おめでたいことでも、嬉しいことでもあります。

だけど、まったくの他人と親戚になるというのは

それなりに、気遣いも努力も必要になるのは否めない。


そういう思いを胸にして

USJで、弾けてきました。


親って、寂しいけれど

いつかは手を離れるのだから、自分の所有物と考えたらいけないし

いくらわが子でも、結婚したら配偶者とひとつの家庭になるわけで。

この先、いつまで親子の時間をたのしめるかどうかわからないし

もしかしたら、結婚しないかもしれないけれど

きなこ夫婦が、こどもたちに試されてるのかもしれない。


きなこ夫婦が、ちゃんとお父さん、お母さんしないと

子供も結婚したいとか思わないかもしれない。

子供って、見てない様で、ちゃんとしっかり親の背中をみてるしね~


いえることは、あなたたちが、きなこを選んで生まれてきてくれて

ありがとう。デス


すごく、すごーーく

生まれてきて一番嬉しい誕生日だったかもしれないなー


夫もいればよかったのにと、思わないでもないけど

夫は、その日、役員会で、それが終わったら会社の人と飲みに行くって言ってたからー。


今度は、夫も一緒に連れて行くぞー(*^▽^*)




こんにちは。きなこです。

めちゃめちゃおひさしぶりです。


ほんとにもぉー。この人のブログって、いつ更新するんだか。

もう、お気に入りから消しましょーー!

って言われてるきがするんですけどΣ(゚д゚;)

まるで、なにもなかったかのように、いつもと変わりないって、

オバサンになった証拠ですなぁ。


サボって何してたか・・・・

2月のある日は、娘の休みの日にあわせて

母子して(夫はお休みでしたが、留守番ね)「マンマ・ミーア」を観てきたり。

あ、そうそう。

映画の前にランチに行ってね。

お店の方に誘導されて座ったお席から、なんかみたことある男性がいるなぁと。

ここは金沢。知ってる人がいるわきゃないがいねーと思ってはみたものの

やっぱり、みたことあーーる。

頭の中で、誰だっけと、皺の少ない脳みそフル回転させて考えてたら


あ!!!!!!!!!!思い出した~~♪


石川テレビの「リフレッシュ」の番組に出ている、瀧口俊介さんでした。

向かいに座っている方をみましたら、稲垣真一さんでした。


こっちね。


そりゃ、みたことあるよねー。

テレビで一方通行だけど(^▽^;)

お昼休みで、ランチしに来てる感じでしたが、普通にとけこんでました。

田舎に住んでると、テレビに出てる人を、同じ空間の中で見るということがないので

マジマジと、みてしまって(距離にして6mくらいは離れてましたが)

娘に、やめなさいよーと言われる始末。


テレビでみたまんま、瀧口さんは、さわやかな青年って感じで顔ちっちゃ!

稲垣さんは、テレビのまんま、ニコニコしていました。

やっぱり、テレビに出てる人だけあって、独特のオーラが出てましたね~


ランチ後に、映画館に行って、娘のおごりで「マンマ・ミーア」をみてきました。

これは、どうしても娘とみたかったので、すごく楽しみにしてただけに

実際、内容も楽しかった~~

アバの曲も懐かしかったし音譜


いつかはお嫁に行ってしまう娘と、ソフィと重ねてしまって

ソフィの花嫁のシーンは、泣けて泣けて汗

それでも、最後はみんなハッピーになれて

映画から、すごい元気をもらいましたアップ

まだ観てない方、娘さんをお持ちなら是非、母子で観て来て下さい。


そのあと、雑貨屋さんを覗いたりして、娘は彼に

きなこは夫に、それぞれバレンタインディーのチョコを買ったりして

時間が来たので、きなこは家に帰りました。



さぁ、その夜からお腹がいたいんだか、きもちわるいんだかわからないような感じになって

このきなこが、夕飯食べれずに、起きてることがつらくって

早々にお布団で横になってねてしまいました。


夫には、遊びに行って、具合悪くなるって何してたんだと怒られるし(´・ω・`)

一晩寝ればなおるさーと思ってたけど、

結局それから4日くらい具合悪くて、ご飯ほんのちょっとしかたべれず

好きな珈琲も、飲む気になれなくて

緑茶ばかり飲んでてね。


そしたらね。

したらね。

なんと!!!!!

4キロやせました~~~~(嬉)


まぁ、きなこが4キロやせても、はぁ?どこやせたん?かわってないねーって程度ですが(-。-;)


結局、お医者に行かないで、胃が痛い間は、消化のいいものを食べたり

食べる量を減らしたりしてやりすごしたので

原因はなんだったのやら・・・

病院嫌いは、こういうときに困るのよね。

治ったから、まぁいっか~


胃が痛くなくなった現在、しっかり4キロもどってます(iДi)


胃が痛いと、食べたいものが食べれず、生活しながら常に胃の存在を感じて

生きてても楽しくなかったけれど

痛くない現在、胃の存在すら忘れるくらいって・・・(;´▽`A``


やっぱり、健康っていいですね。

好きなものを食べながら、やせようっていうきなこがおかしいだけですね。


結局、やせた4キロはもどってしまって

遊んできて、具合悪くなるって何事だと、怒られて(しかもチョコあげたのに、怒られるって・・泪)

何してたんだって話ですが

映画は楽しかったし、田舎じゃみれないイケメン(??)見れたし、よかったということにしておきましょうヾ(@^(∞)^@)ノ


ついつい長くなったので、次に続きます~