2018年夏至を勝手読み*サレンダー(降伏)とスピリチュアルグロース(精神的成長) | 森の夢~星が歌うとき森は静かに目をとじる

森の夢~星が歌うとき森は静かに目をとじる

*わたしは自分を許し、受け入れ、
 そして信じる*


テーマ:
こんにちは。
星読みが好きなmichaelaです(占星術師ではありません)



6月21日(木)19時7分頃、太陽が蟹座0度に入って
夏至を迎えました。

西洋占星術では太陽が蟹座に入った時を夏至と捉えます。


季節はこれから夏に向かうのですが、
実は夏至以降は日照時間が短くなっていきますびっくり


「陰極まって陽に転ず」は冬至。

夏至は「陽極まって陰に転ず」となります。


つまり反転ですね。
新しい流れが始まります。



★─☆。o゚。★─☆。o゚。


西洋占星術では、1年間の様子は春分図で判断しますが、
もちろん、夏至、秋分、冬至の星の配置も関わりあるとしています。

夏至図は次の秋分までの流れを読みます。



はてなブログのほうにはもう少し詳しく突っ込んで書いております。

こちらのアメブロは、はてなブログよりは簡易にしております。





夏至図はこちら。





えー少し、専門用語を使います。
(苦手な方、少々ご辛抱くださいあせる



ぱっと見て目を引くのは、青い色の三角形、
グランドトライン(正三角)でしょう。

水の星座(蟹座、蠍座、魚座)によって形成されています。


このグランドトラインという形は、本来とても
穏やかなエネルギーのものですが、
それを刺激してくる全体像です。


次の秋分までは、水=感情がテーマになりそうです。
潜在意識とも取れますね。

思いやりとか、以心伝心、非言語コミュニケーションとか。

明確な言葉はなかったが「忖度(そんたく)した」とか(苦笑)

あまりよろしくない感じにもなるかもしれません。




アセンダント(円を横切っている線の左側)山羊座の2度。

直下にある“ち”に似たマークは土星。

その下の“P”に似ているのは冥王星です。

この2つの星がこの場所にあるということは、
現実的なものの見方や、実績を伴う行動が求められるということかな。

ただし、相手に合わせての対応にもなりかねない・・・(苦笑)



このアセンダントが山羊座になる状況は、今年の春分図にも見られ、
また冬至図にも表れます。

ようするに山羊座土星を避けられない笑い泣き


土星を制限と感じれていれば苦しいです。

これは年齢よって出方が違うかもしれません。

若い人にとって土星は、父親や先生、上司でしょう。



人によっては思い切った方向転換、あるいは
病や貧困などで行動を制限されたりしそう。




夏至の主役の太陽は、ディセンダント(アセンダントの反対側)近く。

太陽の上にあるツノが生えたようなマークが水星。

その水星が、1ハウスの冥王星とオポジション(180度)に繋がり、
グランドトラインの真ん中に線を引いています。

この形をカイト(凧型)と言います。


カイトは名のとおり、すいーっと前進するイメージのエネルギーです。



人間関係における変化はとても前向き。

愛別離苦(あいべつりく)も越えて、

蟹座1度のサビアンシンボル
「船で船乗りが古い旗を降ろし、新しい旗を掲げる」のように、

同じ目的の仲間との出会いと
本来の自分に戻っていく喜びを受け取るでしょう。



そもそも蟹座はルーツ(故郷、家庭)や
アイデンティテイも意味します。

これから始まる蟹座の季節は、新しい土台を固め
自分のルーツを作っていくときになります。



5月に天王星が牡牛座に移ったことにより、
夏至のタイミングに合わせるように、
環境が変わる方が多いのではないでしょうか。
(私もそのひとりなのですが)



人生が反転するエネルギーもあるのが夏至ですから、
想定外のことも起きるかもしれません。


先に書いた、制限を受ける人の場合でも、
仲間のご縁や助けにより、ゆっくりとでも
歩き出すことができるかもしれません。




28日の山羊座の満月には、あらかたの方向性が決まる、
そんな感じがします。



★─☆。o゚。★─☆。o゚。


もう一度、夏至図を見ていただくと



冥王星“P”の下に、オスのマークの火星。

その火星と180度の位置にメスのマークの金星。

火星はドラゴンテイルに、金星はドラゴンヘッドに重なっています。

これを短絡的に言うと男女関係がもめます(苦笑)

金星(女性)は人生を無邪気に謳歌したい。

火星(男性)はそんな女性達を自分勝手だと非難する。


まあ、それだけじゃないですけどね。

金星は女性という意味のほかに、金運という意味もありますので、

どうも分不相応な浪費になりそうです。




今年はスーパーマーズで火星の勢いが強いです。

世界のあちこちで火山が噴火してますが、
工場火災なども増えてくるかと思います。

傷害事件とかも注意です。



それでも、春分図に比べると少しほっとします。
4ハウス天底(IC)近くに天王星があるため、災害の懸念は消えませんが。
4ハウスとは故郷や土地を表す場所なんです。



★─☆。o゚。★─☆。o゚。


夏至の象徴・太陽を国家として見るマンデン読み(社会読み)では、
相手国(おそらくアメリカ)によって変わるという感じで、
どうにも落ち着かないんですよね。


国民を表す月は天頂(MC)近くあり9ハウスです。
国民は高見の見物?
諸外国の動きを様子見?


こうしてマンデン読みで見ると、アセンダントに土星、
ディセンダントに太陽というのは何か象徴的です。

日本は変化を迫られています。

一時しのぎの対策となるか、半永久的な調印のようなことになるか。

当分は良くも悪くも決定的な動きはないと思います。



こんな感じの夏至図の勝手読みでしたてへぺろ




自分自身と幸せになる☆michaela(ミカエラ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス