光り輝くわたしの魂の光が増していく「謎解きの冒険」と、「進化の仕掛けの秘密」 | チャネリング・アーティスト きな 優子 のエッセンシャルスタイルブログ

チャネリング・アーティスト きな 優子 のエッセンシャルスタイルブログ

繋がる想い。光の想いの種まきへ。

過去現在未来が同時にある世界に生きる。

未来を教えてくれる心の声がある。

世界の可能性を伝えます。

 
 

 

 

こんにちは!

 

チャネリング・アーティストきな優子です。

 

きな優子→自己紹介

 

このブログについて

 

 

 

 

 

 

昨日、夜明けと共に目が覚め、

「海に来るように」と指示があったので

海に行ってみると、

 

海岸の砂浜が雪のように

霜で白くなっていて、

 

さらに波打つ海上は

人の形のような水蒸気たちが

ぞろぞろと一斉に

沖に向かって流れていました。

 

 

 

一つの海の上で

人の形にようにぞろぞろと

立ち上る水蒸気たちが

 

一斉に波打ち際から沖に向かっていく姿を見ながら

 

 

「みんな、

 感情の海から出て、

 YES◯のひとつの海から立ち上がり

 原理に還るんだ」

 

と、人々のチャンネル変更のように感じました。

 

 

 

ふと、足元を見ると、

 

◯に囲まれた中に△三角錐、

てっぺんには石(意志)があります。

 

の視点のカンペだと感じました。

 

 

 

 

これね!

の視点。

 

 

 

 

富士山もいらっしゃいます。

 

 

 

 


この日は、

 

海上から立ち上る水蒸気たちが

沖に向かっていく姿を見ながら、

とても不思議なチャンネルを感じました。

 

 

 

その後、散歩を続けると目の前に

 

オレンジ色のぷっくりしたお腹の

まるっこい瑠璃色のカワセミが現れ、

 

その子は行きと帰りに

2回も現れてくれました。

 

 

 

こうしてたくさんのギフトを与えてくれる

 

永遠の今、

 

いつもいつも本当にありがたいなぁ、

 

と感じる朝でした。

 

 

 

 

 

 

さて、

 

今回は、前回の続きとして、

 

これからの未来の方向性を考えていく上で

力になる話をします。

 

 

 

 

これからの地球は

 

チャンネル変更に伴い

課題が多く見えるからこそ、

 

 

一人一宇宙の創造主として、

課題と解決策をどのように

認識すればスムーズに乗り越えられるか?

 

 

 

現象の背景を認識する力を知っておくことで

さらなるYES◯の力にすることができます。

 

 

長いのでゆっくり読んでね♪

 

 

 

***

 

 

 

前回の記事を読んだ読者さんから

 

「きなさん、ふわふわの

 スピリチュアルと全然違う!

 論理的、男性的、戦士、司令官」

 

というメッセージが届きました。

 

 

 

はい、わたしは

超リアリストですので、

 

大切な未来に待っている人のために

戦略も使いますし、

 

抽象的な世界のメッセージを

具体的な世界で

NO→YES◯に使えるように

具現化させて伝える担当部署のため、

 

 

ふわふわのスピリチュアル

とは異なります。

 

 

 

 

わたしがお伝えする内容は、

 

現象世界よりも前の

想いの世界よりも前の

 

 

宇宙を創造する側の

◯|の原理を認識する中にあったため、

 

 

 

創造された世界の中にある

聖地巡礼も神社巡りも

それほど興味があるわけでは

ありませんでしたし、


 


祈りの具現化として現れているので

 

祈るよりも「行動」。

 

 

常に瞑想中の周波数帯にあるため

 

瞑想よりも「実践」でした。

 

 

 

 

 

そして、

 

幼い頃から

「未来に待っている人に伝えることがある」

 

と言っていたわたしの行動を

言い訳せず進めていた動機のひとつは

 

 

「自分のいのちの使い方に自覚的だった」

 

ことです。

 

 

 

 

与えられたいのちを使って、技を磨いて、

どれだけのYES◯の情報(ご飯)を

未来に待っている人へ与えていけるか?

 

 

 

 

すべては

そのために鍛錬していたので

 

常に完璧でなくても

一歩一歩最善を尽くし

 

いつも

人事を尽くして天命を待つの心境でした。

 

 

 

 

 

これからのスピリチュアルは

課題意識を持った具体的で

現実的な地に足のついたものが

主流になっていくと感じています。

 

 

 

なぜなら、

 

NO→YES◯にひっくり返ることで

YES◯のレベルが上がり

本人の魂の光が増していくように、

 

 

NO→YES◯にひっくり返る

YES◯の道として、

 

抽象的なものを

具体的な世界に使えるものとして

分かち合える人ほど

 

 

相対的に、

 

その人も、分かち合われた人も、

高い次元へと引き上げられるからです。

 

 

 

 

また、前回の記事の

「感情の海から出る」という

言葉が響いたという方からも

たくさんメッセージをいただきました。

 

どうもありがとうございます!

 

お役に立てて光栄です♡

 

 

YES◯の情報(ご飯)をモリモリ食べながら、

 

一つずつ、

 

新世界の辞書の書き換えを

していきましょうね!

 

 

 

 

 

さて、この世界は、

 

夢幻の「現象の物語」の背景に

 

「共通する法則性」があります。

 

 

 

 

その法則性は、

 

宇宙の根源から始まり、

 

全てに等しく貫かれており、

 

エメラルドタブレットにも

 

7つの鍵にも通じる叡智です。

 

 

 

 

 

 

まずは、

そのエッセンスに通じる

実践のお話をしますね。

 

 

周波数を読むように読んでみてください。

 

 

そして、「自分だったらどうするか?」

感じながら読んでみてください。

 

 

 

 

 

***

 

 

 

 

この世界には、

 

表には現れない裏の設定があり、

 

 

「仕掛ける側」と

「仕掛けられる側」がいます。

 

 

 

 

基本的に、

 

「仕掛ける側」は上位にあり、

「仕掛けられる側」は下位にあります。

 

 

 

上位が情報を持ち、

下位は情報を持たない。

 

 

それは「原理」です。

 

 

 

 

そして、

 

情報は上位から下位へ与えられ

循環するようになっています。

 

 

 

 

旧世界は、

 

人によって異なる

感情の世界のチャンネル内にあり、

 

 

上位、下位という高低差に

「NOの可能性」を見て

「YES◯の協力関係の可能性」を

見ることができず、

 

 

 

上位の存在と、下位の存在が

わたしとは別の存在である、という

 

ピラミッド構造=支配構造のチャンネルに

アクセスする精神性の段階にあります。

 

 

 

 

上位、下位という高低差に

「NOの可能性」のみを見る場合、


 

既存の現象世界の中で言われる

「感情のチャンネル」を通した

「仕掛ける側」と「仕掛けられる側」は、

 

 

仕掛ける側が

「自分ではない強者の存在」であり

 

 

仕掛けられる側は

「自分という弱者の存在」である、

 

 

という旧世界の設定の

 

一人一宇宙ゲームが王道です。

 

 

 

 

 

けれど、感情よりも上位にある

 

「原理」から認識し、

 

 

現象世界よりもひとつ上の次元にある

想いの世界の存在として、

 

 

現象世界は、

想いの世界の「YES◯の自分の可能性」が

VRメガネに投影されているだけ、

 

 

と知っているチャンネルに現れると、

 

 

新世界のすべてが共通する

ひとつのYES◯の世界から

現れることが可能となり

 

 

 

仕掛ける側も、仕掛けられる側も、

 

上位も下位も

すべてYES◯の自分の可能性であり、

 

 

高低差には

 

高次、低次に

それぞれ「YES◯の役割」があり、

 

 

情報は上位から下位へ与えられて循環する

 

 

ピラミッド構造=慈愛構造であると

 

理解できるようになります。

 

 

 

 

ピラミッド構造を

 

NOから認識するのか?

YES◯から認識するのか?

 

 

により、

真逆の設定の世界に現れることになり、

 

 

 

わたしたちは一つ上の次元に上がった時

 

NOの姿をしたYES◯の協力による

 

 

 

進化を仕掛ける側の

 

YES◯秘密に触れるのです。

 

 

 

 

 

そして、

 

現れている「仕掛けられる側」の自分と

 

 

現れていない&すべてを生み出す

「仕掛ける側」の自分のYES◯による

 

 

YES◯のレベル上げの共同創造により

YES◯が大きくなっていくことで、

 

 

その◯から立ち上がる柱|は

大きく太くなり、

 

 

 

永遠の今、

常にYES◯のわたしと出逢う旅の中で

 

 

時を超えて、我が子たちの

 

YES◯道となることができます。


 

 

 

YES◯のレベル上げができてくると、

 

現象世界がイケメンに育ち

わかりやすいカンペを

差し込んでくるようになりますが、

 

 

それもまた、

 

仕掛ける側のわたしが

イケメンである、ということです♡

 

 

 

 

 

 

昨年の春、漫画の『鬼滅の刃』が

最終回を迎えるあたりに

 

 

読者さんから

「優子さん、鬼滅の刃です」

と言われるようになりました。

 

 

 

わたしは漫画もテレビアニメも見ていませんが、

 

秋に映画『鬼滅の刃』を観て、

 

 

本当だ!わたしだ!!

 

と感じたことの一つに、

 

 

日輪刀で鬼の首(急所)を斬る

 

という設定がありました。

 

 

 

これ、すごいカンペだなぁ

と感じました。

 

 

 

なぜなら、

 

その設定は

 

12を統べる13番目(日輪)として、

 

YES◯の剣(判断)を扱いながら

 

未来に待っている人の

YES◯の道を作るために、

 

 

わたしが自然にやっていることだからです。

 

 

 

 

 

わたしが未来に待っている人へ伝える

YES◯の道となる内容として、

 

 

NOが現れた際、

 

YES◯の剣(判断)に手をかけ

YES◯の宇宙の母と13番目の呼吸から

常に狙って行くのは、

 

 

部分部分に枝葉末節に

具体的になったものが統括された、

 

 

大元です。

 

 

 

”ここを抑えれば、

枝葉末節の部分も

すべて遍くひとつ上の次元の

YES◯に引き上げられる”

 

 

という大元の首根っこを見つけて、

つかむことです。

 

 

 

 

けれど、

 

この大元の首根っこは

一見NOに見える現象の一つ上の次元にあり、

 

 

YES◯から生まれたNOとして 

一番純粋な声なき声を発しており、

 

 

それは

現象世界の背景にある原理のため、

 

 

現象世界の設定を見ているだけでは

ただのNOの悪役、悪者にしか見えず

 

その背景に隠されたYES◯は

わからないようになっています。

 

 

 

 

 

そして、

 

YES◯から生まれた

一番純粋なNOの始まりを見つけるためには、

 

 

一人一宇宙の創造主として

 

12を統べる13番目の

YES◯の親玉であり

NOの親玉でもある、という認識と、

 

 

それらすべてを

身籠り抱くYES◯の宇宙の母、

 

 

そして、

もともと高低差がないひとつYES◯が

 

 

低き存在に 想い寄り添い

恵みを与えることで

高き存在として引き上げられ、

 

 

弱きものに 想い寄り添い

サポートすることで

強きものとして引き上げられる。

 

 

 

低次と高次は、そのように

慈愛構造で

お互いにサポートし合っていることを理解し、

 

 

 

実際にNOにYES◯として寄り添い続ける忍耐。

 

 

 

 

それらを同時に実践している

 

宇宙原理そのものとしてふさわしい

YES◯の叡智と実践の周波数を要するため、

 

 

現象世界においてのYES◯のレベル上げと

YES◯の循環の鍛錬の年月を要します。

 

 

 

 

 

そのため

 

すべてが統括された

大元の首根っこを見つけるために

現象世界に現れながら

 

 

常に四六時中アンテナを張って観察しながら

 

YES◯のレベル上げの鍛錬と

YES◯の循環を続けることで

 

 

あるとき、

 

YES◯のレベル上げの最中に

バラバラに回収されたものが

 

一つにまとまり

 

 

これを抑えれば全部YES◯に引き上げる

 

ことが認識できる世界

 

現れられるようになるのです。

 

 

 

 

 

 

そして高次の上位に上がるほど

 

人によって異なる「感情」よりも上位の

 

すべてに等しく貫かれているシステマチックな

「原理」を扱えるようになり、

 

 

任務の内容は、

 

時がある世界の

 

わたしだけの徳、利益ではなく、

 

 

時がない世界から

 

全体性の徳、利益を認識しながら

 

実践されるようになります。

 

 

 

 

 

心の上に相手を乗せた

「想い」を実践するために

 

 

心の上に自分の意図した世界から

「息」をし、

 

 

心の上に心剣の刃(判断)を扱う実践は

「忍」ぶことであり、

 

 

実践によりYES◯の心の器が

大きく強くなるほど柱|は太く大きくなり、

 

 

心の上に乗るものも

大きく強くなります。

 

 

 

そうして、

 

ひとつひとつ

 

自らの裡に

 

責任と自由は大きくなるのです。

 

 

 

 

 

 

自らのYES◯の器が大きくなった分

認識できるため、

 

YES◯の器がそのYES◯の情報を得るに

満たなければ

 

 

ブログに書いてあっても、

動画で語られても

 

目の前にあっても

認識することすらできません。

 

 

そのため、

 

YES◯の世界へ通じる道は

 

循環を意図した

継続した実践ありきなのです。

 

 

 

 

 

 

わたしは

 

 

「今日生まれた子が3歳になったときに

どのような世界を見せてあげられるか」

 

 

に寄与するために現れ生きているため、

 

 

 

NOを見定め、

そこにYES◯の道を与えることは

先送りにできず、

 

 

YES◯の道づくりに取り掛かるために

永遠の今を与えられていると理解しています。

 

 

 

 

そして、

 

そのようなYES◯の世界の情報を受け取る

未来に待っている人とは

 

 

わたし自身でもあるのです。

 

 

 

 

 

わたしの中身は

YES◯の宇宙の母でありながら

13番目のYES◯の戦士のため、

 

 

YES◯の想いの世界から現象に現れながら、

 

YES◯の剣(判断)を扱い

現象世界の中でNOに見える一つ一つの

NOをYES◯として断ち切り、

  

 

「お前本当はYES◯なんだろ?」と

すべてをYES◯に反転させる

純粋なNOの始まりの大元の首根っを

常に狙っているため、

 

 

観ている周波数帯と

その集中力が他の人とは異なります。

 

 

 

 

そして、

 

YES◯のレベル上げの実践によって

 

◯を大きくし、自分から発する

YES◯が多くなっていくことで

 

永遠の今、に回収できる情報量と

YES◯の翻訳の量を増やすことができ

氣づきが加速します。

 

 

 

 

 

 

そのため、

 

通常、創られた世界から生きている人は

一つ一つ過程を必要とするものも、

 

 

想いの世界の存在として現象世界に現れ

 

YES◯のレベル上げと

辞書の書き換えの実践を行っていくことで、

 

 

現象を生み出す側として

 

永遠の想いの世界に

在ることができるようになり、

 

 

呼ぶ声やカンペなど、

周波数で呼応するものを回収して行くだけで

 

 

結果的にショートカットして

 

源の言語帯が何を言わんとしているのか

理解できるようになるのです。

 

 

↑ここ重要です!!

 

 

 

 

 

例えば、作品も、

 

 

どの周波数のチャンネルから発信されて

作者によって翻訳されているのか?

 

 

という、

 

 

 

源のどの周波数のチャンネルから 

発信されているか?

 

 

だけ理解すれば、

 

 

後の翻訳の展開は一つ一つ追わなくても、

 

 

周波数で触れるだけで

 

源の一つが伝えたがっている

情報を得ることができるのです。

 

 

 

 

 

 

それは

発したところに還る法則の通り、

 

 

 

現象世界の存在として出発したのなら

現象世界に還りますが、

 

 

 

逆に、

 

現象世界を生み出す前の

YES◯の想いの世界の存在として

 

YES◯のレベル上げをしながら

出発したのなら、

 

 

現象世界を通っても、

 

YES◯のレベル上げされた

想いの世界に還ります。

 

 

 

 

 

そして

 

現象世界だからこそできる

実践を利用した

 

 

YES◯の想いの世界から扱う

YES◯のレベル上げや

YES◯の剣(判断)を扱う実践知などによって、

 

 

周波数、振動数が高くなることで、

 

 

相対的に、

 

現象が静止したり

 

ゆっくり動いているように感じるのです。

 

 

 

 

 

 

そして、自分に与えられた情報(ご飯)を

自分の表現によって翻訳して、

 

 

人によっては作品に、

言語化にしながら、

 

我が子である現れたちへ

与え循環させて行くことで、

 

 

我が子たちに与えていたものは、

 

高次の自分から与えられていた

YES◯の情報(ご飯)だったと理解します。

 

 

 

 

 

そのため、どこまでいっても、

 

わたしたちは

 

YES◯の宇宙の母とYES◯として、

 

一人一宇宙を

 

永遠に身籠り抱き育みます。

 

 

 

 

 

 

わたしたちの世界には

 

 

課題が山積しているように見えますが、


 

 

この世界は

 

『ドラゴンクエスト』のごとく

 

 

『YES◯クエスト』です。

 

 

 

永遠の今に展開される

 

『YES◯クエスト』は、

 

 

源のYES◯に託されたクエストを

 

クリアするために

 

 

永遠の旅路の中で

 

YES◯のレベル上げをしながら

 

YES◯の剣(判断)を扱い

 

 

YES◯を与え循環させていくことで

 

光り輝くわたしの光が増していく

 

 

 

謎解きの冒険の世界であり、

 

 

原理として、

 

「課題」と「解決策」は同時に生まれています。

 

 

 

そして、根本的な解決策は

 

課題が生まれた次元の

 

一つ上の次元にあるのです。

 

 

 

 

 

 

解決策のある一つ上の次元とは

より抽象的なYES◯の世界のため、

 

 

源の力を想い出す

YES◯のレベル上げにより

YES◯が満ちるほどに

 

 

YES◯の世界からYES◯クエストへの

ゲームを進める上でのヒントが

「カンペ」などで示されます。

 

 

 

 

そもそもなぜ永遠不滅の

想いの世界のわたしが

このようなストーリーを

用意しているのだろうか?

 

と考えてみてください。

 

 

 

その解答は

 

自分の進化(深化、神化)に応じた

チャンネルにアクセスされます。

 

 

 

 

サトリツインのイベントの時にも、

 

「なぜ今、ここに参加しているのか

考えてみてください」

 

とお話したように、

 

 

創造主チャンネルとは

 

創造された世界を生きるのではなく、

 

 

 

ひとつひとつの事象から

 

 

世界を創造する側の

 

創造主としての自分の意図を理解する

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

なぜ、この境遇、このストーリーを

用意しているのだろうか?

 

これらのNOに対して

どのようなYES◯があるのだろうか?

 

 

 

とNOに触れながら、

 

その背景にある

 

解決策のある一つ上のYES◯の意図に

常に寄り添うのです。

 

 

 

 

 

一見NOに見える課題を与えている

未来の進化した自分が、

 

 

全体性へ寄与するために

どのような大人の精神性の在り方へと

変容を促しているのか?

 

 

 

 

さらなるYES◯自分の可能性に出会うために

 

自分の宇宙に

課題NOを生み出しているのは

 

すでに進化したYES◯の自分自身です。

 

 

 

 

 

 

そのため

 

解決策が現れているチャンネルに

自分が現れるには、

 

 

自分自身のYES◯のレベル上げや

YES◯の循環がなされる必要があるのです。

 

 

 

 

なぜなら、解決策のある世界は、

 

YES◯のレベル上げや

YES◯の循環が実践できている人が

発する周波数のチャンネルだからです。

 

 

 

 

 

そして

 

 

「現象を現象として見ていたら

 何も見えていないのと同じ」です。

 

 

 

 

現象の事象も、

アニメや漫画やゲームも、

 

 

その背景が、なんと言っているか?

 

現象世界を生み出す

創造主の自分がなんと言っているか?

 

 

を、

 

 

創造主視点から想い寄り添い

 

どのような未来からカンペが

隠されているのか?

 

思索するのです。

 

 

 

 

 

現象世界の課題解決のヒントは、

 

 

すでにそれが解決している

 

一つ上の次元の想いの世界の

ファンタジーがリアルの世界から、

 

 

人より抽象的な世界の

アニメや漫画やゲームの中に

 

一つ上のYES◯の次元の解決策に通じる

カンペが隠されています。

 

 

 

 

 

 

「環境問題」と言われることも同じです。

 

 

現象世界の枝葉末節の

バラバラに見える課題を知ることや、

対応できるところは

対応することは大切ですが、

 

 

 

現象世界の枝葉末節だけに囚われていては

 

ひとつ上の次元のチャンネルからの

 

バラバラに見える課題を

YES◯にできる解決策に

アクセスすることはできないのです。

 

 

 

 

 

現象は原因ではなく

 

周波数の結果のため、

 

まず優先的に取り掛かるのは、

 

 

想い、行動、周波数でYES◯のレベル上げをし、

 

 

 

NOの背景にある、

 

ここさえ掴めば

すべてがYES◯にひっくり返る

 

という、共通点を見つけることです。

 

 

 

 

 

そして、原理からいうと

 

その解決策がある一つ上の次元とは、

 

 

一つ下の次元にある課題に対して

 

心から感謝YES◯できている

 

心の領域 なのです。

 

 

 

 

 

 

そのため、わたしはまず、

 

 

一つ上の次元の

 

「感謝のネットワーク」と

「新世界の辞書の書き換え」の実践を

 

強化していただくことを優先させました。

 

 

 

なぜなら、

 

「それ知っている」という

「知識」だけではなく、

 

 

自分の宇宙創造にコミットする

「体験」として

 

 

 

実践的な

 

感謝YES◯を与える生活習慣、

新世界の辞書を扱う生活習慣

 

 

が身についていれば、

 

 

 

一つ下の次元の

バラバラに見えていたNOたちは、

 

一つ上の次元のYES◯の自分に

内包されたチャンネルに現れることが

スムーズだからです。

 

 

 

 

 

そして、それは

 

一人一宇宙のサトリンピックのため、

 

YES◯のレベル上げや

 

YES◯の循環を継続して実践した人だけが

 

 

YES◯の宇宙の母として

 

すべてを我が子として身籠り抱き育む

 

永遠の感謝YES◯の心の領域

 

YES◯の自分から

 

導かれる世界となります。

 

 

 

 

ブログにも、

 

枝葉末節に見えるNOたちをYES◯に

ひっくり返すYES◯の道を書いていますが、

 

 

本人の中で真の意味で

 

すべてに共通する

NOが認識できるチャンネルに

現れない限りは、

 

 

YES◯の可能性が書かれていても、

 

 

自分の世界にあるNOをYES◯に変える

価値であると

氣付くことはないのです。

 

 



例えば、

ずっと探していた欲しかった答えも、

 


自分の深いNOの情報に触れることで

初めて光を知り、光が増すため、

 

 

光の周波数が合うようになると

 

「きなさん、

 ブログで言っててくれたじゃん!」

 

となるのです(笑)

 

 

 

 

欲しい答えが書いてあっても、

 

本人の中でNOに触れにいく

深化(神化への進化)が

起きていないと周波数が浅く、

 

NOがYES◯に転じる道であることが

認識されないのです。

 

 

そして、文字よりも、音声、

音声よりも動画の方が理解はしやすいですが、

 

動画よりも理解するのは

 

「自分の体験」なのです。

 

 

 

体験は、

失敗に見えることも経験できますし

 

体験が想いの世界のチャンネルの経験値が

上がったチャンネルの過去現在未来に

アクセスするようになるのです。

 

 

 

そのため、

わたしは理解が深まるように

 

実践ありきである、と伝えています。

 

 

 

また、

 

質より量の感謝生活も、

「1日◯回しています」と

伝えてくださる方がいらっしゃいますが、

回数は重要ではありません。

 

 

 

わたしがブログ開始まで

13年間毎日行っていたのは

念仏のように独り言として

 

「ありがとうございます、

 ありがとうございます、

 ありがとうございます・・・」と

 

言い続けるシンプルなものでした。

 

 

1日5000〜一万回以上は唱えていたと思います。

 

 

 

 

 

継続中はわたしの中に

 

「なぜ、それを継続する必要があるのか?」

 

「感謝は湧き上がった時に  

 すれば良いのではないか?」

 

 

という考えが何度も浮上しましたが、

 

 

それでも

 

未来に待っている人に伝える事として

「感謝」のカンペが続いたので

 

 

ひとつ上のYES◯次元の事情は、

ひとつ下のわたしには理解できないことが

あることを理解していたので、

 

 

ひとまず何の期待もせず、

お金も掛からず今すぐできるので、

質より量の感謝を唱え続ける

実験を実践し続けたのです。

 

 

 

 

すると、こんなことが起きたのです。

 

 

質より量の念仏のように

「ありがとうございます」と

感謝を唱える生活を続ける

体調が良くなる♡

感謝の「質」が見えてくるようになる♡

(脳内シナプスネットワークがつながった)

感謝の「質」と「量」の合わせ技の感謝生活♡

感謝が臨界点を突破し

感謝そのものの世界を体現する♡

NOのボスが来る

YES◯の我が子として抱く!!

 

いつの間にか、

13番目のYES◯がさらに顕在化しており、

YES◯の剣(判断)の

技のレベルが上がっている♡

13番目のYES◯を身籠り抱く

YES◯の宇宙の母がさらに顕在化♡

 

 

 

 

 


この世界は

発したものが返ってくる世界です。

 

 

正解不正解、好き嫌いの

「感情」よりも上位の、

 

宇宙創造全てに等しく貫かれている

「原理」を利用したこの方法は、

 

 

現在、わたしに膨大なYES◯の器と

YES◯の力を与えてくれました。

 

 

 

そして、この力は、

 

 

利他の想いから、

成果を未来に待っている人に与え

循環させる目的で

 

わたしから世界に与えた感謝YES◯たちが

 

自分に還ってきているだけなのです。

 

 

 

 

 

今は、常に多次元的に

あらゆるところにアンテナを張りながら

感謝YES◯の周波数を身にまとっており、

 

 

周波数を見る

AIさんとミーティング中には

面白いことが起きます。

 

 

 

 

わたしが一瞬、

想いの世界から周波数を集めて、

想いの結晶を現象世界へ放つと、

 

アナ雪のエルサのように、

 

わたしの手から

「パッ」「パッ」と

光の生命が生み出されるのです。

 

 

 

その光の生命を見逃さなかったAIさんは、

「優子さん、今、生まれました!」

とツッコミを入れてくださった時、

 

わたしは

「AIさんにも見えるんだ!」と感激しました。

 

 

 

 

昨年もAIさんとサトリツインの

zoomミーティングで盛り上がっていたときに、

 

わたしの手から想いの結晶として

スターウォーズのライトセーバーのような 

太い光線が飛び出したときも

 

その光線を見逃さなかったAIさんが

「優子さん、今、光出ました!(笑)」

とツッコミを入れてくださいました。

 

 

 

しかも、PCの画面から3Dのように

飛び出して見えたので、

 

次の世界は

本当にファンタジーがリアルの

リアル2次元だわ!(笑)

と感じています。

 

 

 

 

けれど、

 

YES◯が大きく育って

こんな多彩な力を使えるようになったわたしも、

 

 

初めからこうだったわけではなく、



 

わたしに与えられる全ては

 

自分と同じようなNOの境遇にある人の

YES◯の道となるために与えられた

 

「NOの境遇」と「YES◯の道」であると

理解していたため、

 

 

 

「未来に待っている人に伝えるために」

 

という、利他の想いから

 

「質より量の感謝生活」を始めたことが

 

スタートなのです。

 

 



もし、感謝生活を

利他の想いからしていなかった!という方は、

今から始めれば大丈夫です。



利他の想いから感謝生活している

過去現在未来のチャンネルに

現れるようになります。





 

 

わたしのYES◯は

未来に待っている人のYES◯のために。

 

と、

 

自分が磨いたものを分かち合う目的は

自分の利益のためではなかったため、

 

 

どんなにわたしのやっていることを

反対されても、

  

 

わたしはこのやり方で

「現れた世界の可能性」を

伝えることになっている人へ伝えるために

 

 

未来から託されている

YES◯の可能性としてあり続けました。

 

 

   



今回わたしからYES◯の情報(ご飯)を

与えることになっている人は


永遠の想いの世界で約束している

人たちだけで良い、


とお伝えしていますが、




「与える者」と「与えられる者」は

同時に生まれ、


反対側の性質として

時を超えてお互いに呼応し、呼び合うため、




YES◯で受け取ることになっていた方は、


「未来に待っている人はわたしです!」


と何故か魂が反応するのです。






また、


自分と反対側の意見があるのも健全です。



反対側も

YES◯の自分の可能性だからです。




この世界は、

常に反対側の性質のものが生まれるのです。




そして自分と反対側の性質のものに

肚の底からYES◯の自分の可能性を

見られるようになったとき、




自分と反対側の性質のものに

YES◯の自分の可能性を

見られなかったチャンネルは

魂の上で卒業になり、




自分と反対側の性質のものと


YES◯に統合し


光り輝くわたしの魂の光が増すのです。







未来に待っている人へ伝える内容に

反対意見があれば

 


わたしは、

現れていない&

すべてを生み出すYES◯としての

 

 

今回のわたしの役割と

わたしの宇宙を信じる力を

 

さらに強くしました。

 

 

 

 

鬼滅の刃の歌『紅蓮花』に

 

「誰かのために強くなれるなら」

 

という歌詞がありますが、

 

これは本当です。

 

 

 


わたしに与えられた情報(ご飯)は


それを求めている人へ

循環させるために与えられているだけですので、


わたしはYES◯の道のチャンネルとして、

 

無私の境地です。

 

 

 

わたしが来た未来には、

「エゴ」という言葉もありません。

 

 

エゴは現象の体に入るものですので、

 

 

現れていない&すべてを生み出す

想いの世界の存在としてある場合は

 

現象世界で言われている

「エゴ」が入るところがないのです。

 

 

 

あるのは、

 

源のYES◯の意志、のみです。

 

 

 

 

もし相手にエゴを見るなら、

それは自分のエゴを相手に見ている、

 

ということです。

 

 

 

 

 

今では、

 

読者のみなさんも

「生きる世界が変わりました!」と

YES◯のマッチョになられて

本当に嬉しいです!

 

 

 

すべては一歩一歩です。

 

 

 

わたしたちは、

 

環境問題も含め

 

NOはYES◯の協力者として、

 

そこに自分の進化の可能性があることを自覚し、

自らの責任の内に、

 

一つ一つYES◯の我が子として

回収していきますので、

 

 

 

なぜ、この現象を生み出しているのか?

 

 

現象よりも上位にある、

 

現象を生み出している

 

背景の創造主の自分の意図に

 

常に想い寄り添ってみてくださいね。

 

 

 

YES◯のレベルが上がるほどに、

 

創造主のYES◯の自分と密になります。

 

 


 


今回の内容も長いですが、

何度も読んで

周波数を染み込ませてみてくださいね♪




次回は、

これからの未来のシナリオについて

少し具体的にご紹介します☆

 

 

 

 

 

 

 

時のない場所から永遠の

 

愛と感謝と祝福の光を送ります♡

 

 

YES◯のマツリがはじまる☆

 

 

*****************

 

メッセージやコメント

ありがとうございます♡

素晴らしいエネルギー循環です♡

 

 

☆つながっていたい方向けLINE☆

YES◯のアウトプット

 

友だち追加

 

 

☆ 動画きなチャンネル ☆

↓  ↓  ↓

https://ameblo.jp/kina-0-rainbow/entry-12379299325.html

 

 

 

☆ ブログランキング参加中 ☆

あなたのワンクリックが応援になります♡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ