★コズミック・ディスクロージャー★ 2015年9月17日 ポータル:コズミック・ウェブ(前半) | 〜人類の覚醒は近い〜

〜人類の覚醒は近い〜

我々人類は今まで多くの間違った概念を
長期に渡って植え付けられてきた。

その間違った概念をこのブログで
見直すことができたら幸いです。

※基本、他のブログやHPのコピペですが
後で情報を探しやすいようにテーマ分けしてあります。


テーマ:
{5CD4201E-C0EA-4108-B363-3657FFBA2F8A:01}


★コズミック・ディスクロージャー★

2015年9月17日

=========================
ポータル:コズミック・ウェブ
=========================

(前半)

シーズン1、エピソード12

デイヴィッド・ウィルコック、コーリー・グッド

Cosmic Disclosure
Portals: Cosmic Web
Season 1, Episode 12
David Wilcock, Corey Goode




{8F44DE40-C384-46ED-BB8E-AA229E3443AC:01}

{49671610-7C71-42FF-ABDC-118A1EF05439:01}

{B25B56BF-3774-4964-B75E-65387254EAFA:01}

__________________________________


David Wilcock:
コズミック・ディスクロージャーにようこそ。
注目すべきインサイダー、コーリー・グッドをお迎えしています。
私が何年もかけて高機密プログラムに従事したインサイダー達から収集してきた情報の実証を
彼は手助けしてくれています。
色々話を聞いたものの、実はその情報にはもっと先があり、
本人達は言いたくなかった重要な情報が数々出てきています。
なぜ教えてもらえなかったのか、それは機密だからか、恐れがあったのか、
実際のところはわかりませんが、すべての答えを得られることはまずありません。
それがじれったい思いでした。
コーリーから聞いた話しでは、秘密宇宙プログラム(SSP)内に同盟ができており、
その同盟は私達に真実を知らせたがっています。
彼らのテクノロジーをここ地球で公開したがっていて、コーリーに私と協力するよう要請しました。
公に名乗りを挙げ、誰も知り得なかった、
これまでのすべてを理解するために情報を提示するようコーリーに託したのです。
それは、この分野で熱心にUFOを研究してきた人達でさえ知らなかった情報です。
今回のエピソードでは、特にポータルについて話しましょう。
他のインサイダーから聞いた情報についてコーリーに投げかけてみましょう、情報は整合するでしょうか?
私はコーリーと口合わせはしていません。
ただ、大量の情報を集めてきた私としては、それぞれの情報がどう絡みあっているのか知りたいのです。
コーリー、よろしく。

Corey Goode:
どうも。

DW:
まず、インサイダーのヘンリー・ディーコン(Henry Deacon)のことを話したいと思います。

{AE4DDFC4-7E96-4931-B04F-8D5CF0D310F4:01}

彼とはかなり集中的に話しました、内部事情について深いところまで、少なくとも80時間は話したと思います。
その中で聞いたんですが、
現代のポータル・システムに加えて古代のスター・ゲート/ポータル・システムがあるとのことですね。
そういう話はご存知ですか?

CG:
はい。

DW:
わかりました。
私が知っていることをペラペラしゃべるより、この番組の中心となるのはあなたです。
古代ポータルと現代のポータルの違いを説明していただけますか?
それぞれ、どんなものなのか、何ができるのか、どう機能しているのか、等々?

CG:
既知の宇宙に、自然のポータル・システムというのがあります。
これを「コズミック・ウェブ(Cosmic Web)」と呼んでいます。

DW:
なるほど。

CG:
古代ポータル・システムと現代のポータル・システムは共に、
ポイントからポイントへ移動する時にこの自然のコズミック・ウェブを使用したり、開発したりします。
地球上で発見された古代人グループが残した古代ポータル・システムもいくつか残っています。
洗練度はいろいろです。
とても短距離間のポイント間ジャンプをするために使われたものもあり…たとえば、
惑星や太陽系に行きたい時は、「ホップ」と言います。
もし10もの太陽系を越えて移動したい場合は、
3ホップか4ホップしなければ目的地にたどり着けません。

DW:
それが古代のシステムに?

CG:
古代システムです。
この、私達のいる現代の始まりのころにもあったシステムで、動作方法や開発方法は同じものです。

DW:
ホップの間、どのような体験をするのか簡単に説明していただけますか?
ある場所から目的地に着くまで歩いて渡るのですか?
それともシップに乗るのですか?
どうするのでしょう?

CG:
シップに乗っても行けますし、前に話したバブルの中に入っても行けます。
車で入って行ってもいいです。

DW:
地球から最初に出発する時はバブルなんですね。
そのホッピングはどうなるんですか?
惑星に着陸する?
それとも宇宙に着くのでしょうか?
ホップというのがよくわからないです。

CG:
これは古代の物理学的機器なんです。
他にもスターゲートそっくりの古代物理機器もあって、あらゆる太陽系中に普及してきます。

{8FAD9833-44C4-4E06-A001-8D987F9754F8:01}

DW:
「スターゲートそっくりの」って、リングの形状なんですか?

CG:
とてもそっくりのもの、リングの形もありましたが、
私が見たのは 「ジッグラト(ziggurats)」
(訳注:古代アッシリアとバビロニアのピラミッド型神殿)というものに似ていて…

{E66B3802-B91A-41E9-B84B-F256558A186D:01}

DW:
階段状のピラミッドのような?

CG:
…階段状ピラミッドに似てました。
三方向から上に向かって階段状になっていて、ピラミッドの形になっていました。

DW:
三方向という事は、三角形ですか?

CG:
四方向の間違いでした。
それで、ポータルはその頂点で開きました。
頂点は平らになっていました。

DW:
そして上りの階段がついていて。

CG:
平らなエリアまで、上り階段になっていました。

DW:
地球のように木々や草地、青空や雲などはありましたか?

CG:
たいていは…発掘するんです。
地中に埋まっていました。

DW:
他の惑星のことですか?

CG:
ええ、まあここでも埋まっていますね。

DW:
地球のも埋まってるんですね。

CG:
はい。埋まってます。
ポータルをめぐって戦争が起きたんです。
ポータルをただ見つけるのと、利用方法を知っているのとでは大違いです。
彼らは、まさに映画のスター・ゲートのように、アドレッシング・システムの開発に取り組みました。
コンピューターでいう、MACのアドレスやIPアドレスと同じシステムです。



__________________________________

文字制限がありますので(後半)に続きます。

キンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス