PONKOTSU

スモーキング&食べた物を少々。
粒度もテキトーなのでサイト内検索をご活用ください。
※当ブログは喫煙に関係する内容が記載されております。
 未成年の方の閲覧はご遠慮くださいませ。
※スパムコメントは削除&アクセス禁止、該当IPのスパム申請しています。


テーマ:

1994年の「Christmas Cheer」



マクレーランドの年度限定タバコとして1992年に登場した「Christmas Cheer」。
1993年は発売されなかったが、1994年から毎年リリースされている。
年度タバコは各社それぞれに出しており、大抵は甘い着香タバコである。
が、この「Christmas Cheer」、着香無しのストレートなヴァージニア・フレイク。
しかも同じ地域で収穫されたヴァージニア葉のみを使用している。
そしてその年に収穫されたタバコを使用するのではなく、数年前に収穫し、丁寧に熟成させたタバコのなかから選りすぐりのモノを缶に詰め、出荷している。
タバコ本来の味、香りを堪能できる逸品であると思うし、実際に...ウマいタバコだ。
毎年、「今年のはどうかな?」と楽しみにしていらっしゃるスモーカーも少なくはあるまい。

私はパイプやタバコのコレクターではないけれども(ガンガン使うし、どんどん喫う)、唯一意識して蒐集しているのが、このタバコである。
クリスマスは私の結婚記念日で、毎年結婚記念日に、このタバコを開けて喫う。
そんなことがきっかけで、何となく今まで出たものも集め出したのが、いつの間にかムキになってしまったようだ。

毎年の出荷数はそんなに少なくはないと思うのだが、さすがに古い年のモノは現存する缶数は少ない。
喫ってしまえば無くなるのは自明の理...であるからだ。
更には古い物の殆どがオークションでの取引で、それもかなりの高値になってしまう。
私にとっては、そうおいそれと買える物でもないのだ。
(ちなみに1992年のモノは130缶しか作られなかったとか...)
また、保管状態の良し悪しもあるので、特に古いものになればコンディションの良い缶を求めるのは難しくなる。



そんな「Christmas Cheer」の蒐集も、ついに1994年を手にいることで完結した。



完結したと言っても、毎年リリースされているこのタバコ。
今年も、来年も...
...続く限り毎年買っていくことになるのである。

イヤーパイプは毎年買えないけれど、これは何とか続けられそうだ。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

パイプ(煙草) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「パイプタバコ」 の記事

テーマ:
The GUILDHALL 133


久しぶりにエステートパイプを買った。





この「GUILDHALL」なるブランドは、Comoyのセカンド品とのこと。
たまさかに寄るAMATYにて先達の大煙突の方々に「使うに良く、タバコのウマい良いパイプ」として勧められていたものである。



買うならLiverpoolかなぁ、と思いながら時は流れ、先達にご紹介いただいた1本を遂に手に入れることができたのである。(安かった)

全長13.5cmは、私でいうところの「理想の長さのLiverpool」。
3本のBARは金属のインレイで、ステムが少し痩せてしまっているけれども、使うに十分。
チャンバー内部も良い状態だ。
ちなみに私は過去に買ったエステートパイプで、チャンバーが「焦げチョロケ」で残念な思いをしたことが数本ある。
こればっかりは届いてみないと真の状態はわからないので、「賭け」のようなものだ。
そして今回はアタリだった。



似た感じのLiverpoolを並べてみた。



シェイプバランスは上段のdunhillの36(Group4)にかなり近い。
最下段はComoyのLONDON PRIDE(30)である。



セラーにて完璧にレストアがされていたので、そのまんま使用開始。
煙道内部までキレイにされているエステートパイプは久しぶり。
私の経験上、大抵は全く掃除されてないとか、見かけはそこそこキレイにしてあっても、煙道真っ黒っけっけだったりなので、これは嬉しい。



これから相性を模索していきたい1本である。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

パイプ(煙草) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

McClelland VIRGINIA WOODS


「Deep Hollow」「Grey Havens」、そして有名な「Frog Morton」のラインナップを抱える「Craftsbury series」の1つである。



「Craftsbury」と言うと、米国・ヴァーモント州にある自然の豊かなところで、アウトドア・スポーツが有名(らしい)。
そんな地名を冠したシリーズなだけに、それぞれに「自然」というイメージを感じさせるネーミングがされている(気がする)。



2008年製。(購入したのは2011年だった)





基本ヴァージニア葉の構成。
レッド、ダークストーヴ、そして一際大ぶりにカットされたイエロー。
説明には「スペシャルな葉もブレンドしてますよ」とあるけれど、何なのだろう???



マクレ独特の熟成香は鼻を突くような刺激は無く、マイルド。
土っぽい香りも仄かに感じる。
「ツルツル」と指先に滑るような不思議な手触りは、「Deep Hollow」と似た感じ。

イエローの甘さ、レッドの芳香、ストーヴの酸味とスパイス感が絶妙。
この3種のヴァージニアの混合比は黄金比と言っても過言では無いと思われる程バランスが良い。
というか、私に大変に合っている。



イエローの青さ、レッドの少しクセのある香り、ストーヴの酸味が突出することなく、互いに出っ張りすぎている部分をカバーし、甘さと程よい香ばしさが味わえるように仕立てられているように思った次第。

言わば、マクレ自慢のヴァージニアの集大成的なタバコなのではなかろうかと。はい。

(そう言えば「プレミアムな葉」ってなんだったんだろう???)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

パイプ(煙草) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。