PONKOTSU

スモーキング&食べた物を少々。
粒度もテキトーなのでサイト内検索をご活用ください。
※当ブログは喫煙に関係する内容が記載されております。
 未成年の方の閲覧はご遠慮くださいませ。
※スパムコメントは削除&アクセス禁止、該当IPのスパム申請しています。


テーマ:
先日のTPSCのオフ会で、次期「桃山」をお裾分け(何と1パウチ)いただいた。
#ありがとうございます。 m(_ _ )m

PONKOTSU

まだパッケージのデザインが決まっていないとのことで、のっぺらぼうのパウチである。


同日、専売公社時代の「桃山」も1ボウル強をお裾分けいただいた。
#ありがとうございます。 m(_ _ )m

PONKOTSU


せっかくの機会であるからして、ちょっと喫い比べてみようかと思ったのであった。


左:次期「桃山」 右:専売公社時代「桃山」

PONKOTSU

次期「桃山」は専売公社時代のソレをめざし、現行の「桃山Ⅱ」のレシピを見直したものと言うことである。

私、桃山Ⅱは好きな部類のタバコで、たまさかに喫っている。
日本国内での製造からMacBarenへの委託製造となった際、桃山は「変わった」との声は耳にしていたものだが、国内製造品の桃山はかなり昔に1缶喫ったのみなので、どんな味だったかは全く覚えていない。
なもので、私の中で「桃山」と言えば現在の「桃山Ⅱ」なのである。

いただいた2つの「桃山」。
専売公社時代の物は年数を経ているせいもあり、乾燥が進んでいる。
一方の次期「桃山」は新しいせいもあり、シットリ...いや、若干「ジットリ・ベットリ」と感ずる手触りである。

次期「桃山」が初期の「桃山」を目指したということで、まずはこの古い「桃山」を次期「桃山」の持つ湿潤具合まで加湿調整し、いよいよ喫い比べてみたのである。



で、さっそく結論。

専売公社時代の方は、経年劣化が起きているとは承知の上での喫い比べだったのであるが...

別物...ですな。 この2つは。(+_+)
共通点を一生懸命に見つけようとしたのですが、皆無でありました。はい。
やはり未開封で状態の良い、旧「桃山」を喫ってみたいものです。

それから次期「桃山」。
現行に比べて甘くなっている。
フルーティーさが増し、バタースカッチ的なアブラ感も加わった感がある。
それでもまぁ、私的には好きな味です。時期「桃山」。
喫いやすいし... 強くないし...

おしまい。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

パイプ(煙草) ブログランキングへ





AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


dunhill READY RUBBED


加湿蘇生から1ヶ月ほど経過したこの一缶。

PONKOTSU

果たしてどんな味のタバコなのかな?

PONKOTSU

ということで、いよいよ喫ってみる。

$PONKOTSU

あらためてティン・ノートを確認。
ヴァージニア・バーレィのキャベンディッシュとオリエントの葉組とのことであるが、オリエントの香りは皆無に思える。
やはり一度乾燥させてしまうと、その香りは飛んでしまう運命なのであろうかオリエント。
と、なれば、現在加湿蘇生を試みているマクレの「ボンベーさん」の運命や如何に!

...っと、話が横道にそれる前に軌道修正

もしくはそもそものオリエントの量が少ないのであろうか?

かわりにどこかで嗅いだような香り...
そう、あのST.BRUNOに似たケンダル香がある。
正直なところ、私はこのケンダル香が得意ではない。┐( ̄ヘ ̄)┌

が、意を決して(ちょっと大袈裟かな?)ロードし、着火する。



...



キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!



ソーピーである。しかも結構強め。
でも何だか喫えてしまうのである。
理由は明白で、糖蜜の如き「煙の甘さ」。
ちょっとベッタリとした甘さなのだが、ケンダル香の強さに負けない味覚的な強さを持っていて、これが何だか後を引くのである。

不思議な気持ちで、半ば惰性での序盤を終える。
そして中盤以降、ケンダル香が徐々に弱まっていく。
軽いケンダル香を鼻腔に感じながら、甘い煙を味わうと言ったシーンである。
そしてこれが程よいタバコ感を交えながら続き、やがて1ボウルを終える。

いやはやコレ、忠実な古き良きイギリスタバコの要素を持った銘柄なのかなと思えたり。
ダンヒルでもこのようなタバコがあったのですなぁ (`・ω・´)ゞ

大変勉強になりました。(何の?)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

パイプ(煙草) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


KBB YELLO-BOLE 2067

たばこがウマいパイプと耳にしていたKAYWOODIEのヴィンテージ。
調べてみれば、よほど希少なモノでもないかぎり、比較的求めやすい価格で市場に出ている。

$PONKOTSU

ならばとLiverpoolしばりで1950年代から1960年代頃のものを2本ほど手に入れ、使ってみた。
それぞれ”500”(写真上)、”FineLine”(写真中)という下位なグレードだが、結構気に入っている。
ちなみに、2本とも落札価格よりも送料の方が高かった。(;^_^A

そうなってくると上位シリーズの所謂「4-digit」も使ってみたいと、ムクムクと欲が出てきてしまったのは自明の理なのである。

で、手に入れましたよ。

ただし「KBB」(写真下)。

ステムの黄色いロゴが愛らしいではありませんか。
2000番台なので、4-digitの中でも下位のシリーズなのかな?
年代的には先に入手した2本よりは古いのかと思います。
刻印は「2067」、KBBのロゴ、「YELLO BOLE」、あとは「xxxxx BRIAR」(xxxxxは辛うじて何か打ってあるのが分かる程度)が分かる程度で、あとは読めない。

全長126mm、ボウルはdunhillで言うところのGROUP3程度の大きさで、サイズ的には私の超ストライクゾーン。

頑固なタールとカーボン、そしてこれまた頑固に居座り続ける「ショベル型神様」の取り外しなどなど、掃除に大変な苦労を強いられ、しばらく続いた石鹸臭も数度のS/Aとスモーキングでようやく抜け去ってきた段階なので、これから楽しもうかと思っているのであ~る。(・ω・)/

$PONKOTSU



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

パイプ(煙草) ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋も深まりつつ...とは言えないくらいに暑い日曜日。
実家からテクテクと徒歩で向かった。

PONKOTSU

本当は開場時間に行きたかったのだけれども、この日はゴチャゴチャと用が立て込んでいたので、午後1時半を過ぎて到着。

国内開催では一番の規模ではなかろうかと思えるブースの数。
第40回を記念する全日本パイプスモーキング選手権大会にふさわしいパイプ・ショウであろう。

PONKOTSU

時間的にはロンスモ競技も終了間近とあって、競技を終えた方々のお姿も多かった。

そしてパイプも大方が売れてしまったようで、ブースの上が少し寂しかったという気がしたのだが、たくさん売れたということは大変に喜ばしいことと言える。

ちょっと気になったのが中国語で会話をしていた来場者。
雰囲気的に「バイヤーかな?」なんて思えたり。
後で聞いた話だが、とある作家さんのパイプを開場直後に根こそぎ買っていったそうな。
恐るべし! 中国マネー!

滞在時間も短かったので、いつものようにシゲシゲと見ることができなかったのが残念!
なので、ブース写真は無いです。(すみません)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村

パイプ(煙草) ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。