平成23年は相続税等が改正される見込みです。


平成23年度税制改正大綱によると、改正の概要は次の通りです。


平成23年3月31日までに改正案が国会で可決されると、平成23年4月1日以後に亡くなられた方の相続等に適用されます。


①相続税の基礎控除額

 現行 :5千万円+1千万円×法定相続人の人数
 改正案:3千万円+6百万円×法定相続人の人数


②相続税の税率構造
名古屋の税理士木村のブログ-相続税税率構造改正案H23年


③死亡保険金の非課税限度額
 現行:法定相続人の数 × 500万円
 改正案:法定相続人(未成年者・障害者・被相続人の同一生計者に限る)の数 × 500万円


④未成年者控除(年6万円→年10万円)・障害者控除(障害者は年6万円→年10万円、
 特別障害者は年12万円→年20万円)の増額


(注) ①~④の改正は、平成23年4月1日以後の相続等に適用

 → 名古屋の相続専門税理士木村のホームページ